中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

アメリカの回帰

FrontPage

アメリカの回帰

ヨーロッパの企業は投資回収が済んで
損は無いので、現在の工場を稼働させて
得られる利潤のみを本国に回収しているが
ついにアメリカまで、この波に加わった。
アメリカの場合も殆ど投下資金は回収済みと
想像しますが?

アメリカの大企業が今後中国の工場を封鎖して
アメリカに戻る予定は約半数の大企業で予定している。

中国は今まで低賃金と比較的質の良い労働力に支えられて
世界の工場になったが、近年賃金の上昇と社会環境の
悪化から、工場にかける設備投資も上昇の一途で
あまり中国で工場を運営する意味がなくなってきた。

その為、アメリカへ戻る企業が出だしている。

フォード、NCR、キャタピラーなどは既にアメリカに戻って
いるので、これからの中国は今までの様に成長する事は
難しくなるだろう。

今でも日本の企業は中国に投資しているが、はたして
資金の回収さえ難しくなるのでは?

どうも日本人は自分の利潤追求の点で欧米に劣るようです。

海外では、利潤をいち早く出し投資回収を
いの一番に行い、回収後は設備投資せずに
ひたすら利潤のみ追求して、駄目になったら
新天地を目指す行動は苦手の様です。

投資国の発展を手助けしたいとかつまらない屁理屈を
言って、投資も回収出来ずに、撤退するのが多い様です。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">