中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

アジアインフラ銀行で中国が拒否権

FrontPage

アジアインフラ銀行で中国が拒否権

アジアインフラ銀行の参加国の資本割り当てが決定されて、6月末に定款が作成される様です。

定款には、75%の投票権の賛成で、行動が起こされるそうですが
中国の投票権が30%となっているので、中国が反対すれば実行される事はありません

その他の国は、インドが8%、で2番目の投票権を持ちますがあまり意味は無い様です。

こんな銀行に日本が投資しても、日本の金を掠め取られておしまいです。

日本のマスゴミでは、加入をしきりに勧めている様ですが、中国から金が出ているのでしょう。

日本を売り渡す、輩は相変わらず多い様で憲法改正でも蠢いて、改正阻止を画策している様です。

所が中国は、日本が参加してくれなければ国際銀行としては機能しえない事は理解しているようで、いつまでも待っていてなかなか発車しません。

中国の外貨は底を尽き日本が出資してくれなければ出来ない状態です。

それを、国内の日本人が早くAIIBに参加しろと言っているのですから、明らかに中国の回し者できりありませんね。

どうも、日本には中国のスパイやスパイの手先が多過ぎです。

こんな状態で、日本が独立を維持出来るのかが心配になります。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">