中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

いよいよバブル崩壊

FrontPage

いよいよバブル崩壊

広州市の新築住宅でも、値下げ販売が始まった。

その他北京でも1平方メートルの単価を3000元値引きして
新築住宅の販売を始めている他、頭金を少なくしたりして
販促を不動産会社が始めている。

今まで、売り出せば購入者が殺到する状態とは、激変しているのは
不動産が売れなくなっている事情から状況は一変している様です。

中間層が住宅投資に向かえなくなった為、需要も急減しているのが
鮮明になっています。

銀行は、住宅購入には融資を停止していますので、買いたくても買えない
状態で、富裕層は資産を海外に移し共産党幹部(中央、地方)達は高級住宅を
投げ売りし、住宅を処分し始めているので、間違いなく、
住宅は値下がりし始めています。

また、浙江省の高給別荘や住宅開発の不動産会社が35億元(570億円)
の負債で破綻した。

この不動産会社は中堅の不動産会社で、大手では無いですが大手でも
資金繰りが困難で社長が自殺した会社も出てきました。

こうなると、多くの中流階級では銀行からの借金で不動産に投資しているので
銀行の返済が出来なくなり、破産する人々が多数出てきて、社会が騒乱しそうです。

そろそろ中国を出るのが賢明の状態に入ってきました。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">