中国で起こる出来事、現象を庶民の生活を通して観察、中国通になる最速の道

「一人っ子」違反の男性自殺

FrontPage

「一人っ子」違反の男性自殺

5人の子を持つ北京近郊の農村男性が、度重なる罰金の為に自殺した。

中国では、1人目が男の子なら2人目から罰金が科せられるのですが
この罰金は、聞いただけでも4000元から数十万元とばらつきが大きく
場所によって大きく異なります。

そんな中で、度重なる罰金で、農家の男性が自殺しましたが、
農家では、女性が生まれると届け出ない事が多く、その子達は
戸籍の無い子供達になり、学校へも行けず文盲になっています。

これが、中国で文盲が多い一因でもあります。

自殺した農村男性は、刈りいれたトウモロコシ3.5トンを罰金として
押収され、只1つの収入を根こそぎ持っていかれて悲観して
自殺したようです。

この罰金総額は全国で毎年3000億円を超えるそうですので、
地方政府にとっては、大切な収入源でこれらの使途は地方政府に
任せられているので、大方は幹部の懐に入るのでしょう。

そうなると、1人っこ政策は撤廃出来ませんね。

共産党政府は今回の全人代で、1人っこ政策を緩和する決定を
行いましたが、5人の子供ではこの法律改正でもやっぱり罰金の様です。

改正内容は、夫婦のうちどちらかが1人っこの場合は、自分達の子供は
2人まで合法で罰金の必要はないそうです。

それでも都市部では、子供は特に増える気配はない様です。

子供の教育費が高い為にとても2人は育てられないと言うのが本音の様で
中国の都会では近代的になっています。

カスタム検索

powered by Quick Homepage Maker 3.36
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最終更新のRSS  Valid XHTML 1.0 Transitional

script type="text/javascript" src="http://s3.amazonaws.com/new.cetrk.com/pages/scripts/0007/1524.js">