【属七の和音の活用例】
◆半終止で使用◆
半終止は、前のページでも書いたように「まだ続く感じ」のする旋律の終わり方のことです。
次の二つの例で、どちらが「まだ続く」感じが強く出ているか比べてみましょう。
◆4小節目の最後の和音を「X(属和音)」で演奏 →演奏を聴く
◆4小節目の最後の和音を「X7(属七)」で演奏 →演奏を聴く
いかがですか?
属七で演奏した方がより強く「続く感じ」がしたのではないでしょうか。
それは、次のような理由からです。
○属和音を構成する「ソ」「シ」「レ」の音は、いずれも主和音の「ド」をめざして動こうとする。のに対して
○属七の和音で加えられた「ファ」は、「ミ」に向かって動こうとすることから、主和音の「ド」と「ミ」への動きが強く予想され、主和音の安定解決を求める動きが強調される。
からです。
◆属和音→主和音 ◆属七の和音→主和音
 このように、属七の和音を使用することにより、「まだ終わらない」「まだ続く」という感じを
 聴く人にいっそう強く与えることができることから、半終止のフレーズではしばしば「属七」
 が使われるのです。

◆借用和音として使用◆
上の楽譜で、4小節目の1拍・2拍に主要三和音以外の「Uの和音」が使われています。
これが借用和音のわかりやすい例です。
この曲はト長調で書かれていますが、3拍・4拍目の「属和音(X)」は、見方を変えれば
属調であるニ長調の主和音であることに気づきます。
そこで、4小節目を一時的に「ニ長調」と見なして、その主和音にスムーズに向かう属和音を1・2拍目に
配置すると、和音の流れがスムーズになり、音楽の動きが自然になるはずです。
そればかりか、主要三和音以外の響きを配置することで、音楽に変化が生じ、
新鮮な響きを持たせることができるのです。
このようにほかの調の和音を一時的に使用することを「借用和音」を使う、と言います。
ト長調のXの和音だが→ ニ長調ではTの和音 Tの和音に向かおうとするのはニ長調のX7の和音
  ※このX7は、ト長調の「Uの和音」です。
   つまり、一時的にニ長調からX7を借りてきて、
   Uとして使っていることになりますので、「借用
   和音」と呼んでいるのです。
このように、4小節目を一時的に属調である「ニ長調」と見なして、属七の性質を生かし、和音の流れを
自然にした場合と、主要三和音だけで4小節目を処理した場合の違いを聴き比べてみましょう。
●借用和音を使って
試聴PLAY
●主要三和音だけで(例1)
試聴PLAY
●主要三和音だけで(例2)
試聴PLAY
聴き比べてみていかがですか?
借用和音を使って和声付けをすると、ちょっとおしゃれな感じになりますね。
こうした借用和音の使用は、さまざまな場面で見られますが、そこで「属七の和音」がその特性を発揮して
いることに注目して下さい。この「関係調と見なして借用和音で和声付け」する方法を身につけるだけでも、
音楽表現の幅がぐんと広がります。いろいろな場面で試してみましょう。

◆転調の際に使用◆
属七の和音は、その調の主和音に向かう傾向が強いことから、ある調からほかの調に
転調する際にもしばしば使われます。(下の楽譜はその例です)
下の楽譜を試聴
2小節目は、ハ長調の主和音(T)が奏されて完全終止ですが、Tの和音が転調先のへ長調の属和音(X)であることを生かして
ヘ長調に転調しています。さらにその動きを強めるために属七の和音にすることで転調先への動きをなめらかにしています。

このように「属七の和音」は、さまざま名場面で有効に活用されています。効果的に使うことで、主要三和音のスーパーサブとして音楽の表情を豊かにする働きを持つ和音ですので、その生かし方を工夫してみましょう。

←トップメニュー