【主要三和音】
下の音階は、ハ調の長音階です。このハ調の長音階を例に、主要三和音について見ていきましょう。
下のこの音階のそれぞれの音に、三度で重なる三つの音による和音を書き入れてみます。
7個の和音のうち、長三和音は「T」「W」「X」の三つです。この三つの和音を構成している音を拾い集めていくとハ調の長音階のすべての音が入っていることがわかりますが、この三つの長三和音を「ハ長調の主要三和音」と呼んでいます。
 ※長三和音とは、相対的に「ド・ミ・ソ」と明るく響いてきこえる和音のことを言います。聴いてみましょう。
T: ド・ミ・ソ  →和音を聞いてみる
W: ファ・ラ・ド →和音を聴いてみる
X: ソ・シ・レ  →和音を聴いてみる
それ以外の「U」「V」「Y」は短三和音、「Z」は減七の和音ですが、この四つを「ハ調の副三和音」と呼びます。ハ調の主要三和音は、「T」がCを基音(根音と言います)とした長三和音なので「C Major」、同様に「W」はFを根音としていますので「F Major」、「X」はGを根音としていますので「G Major」と呼ぶのがコードネームです。
さらに、Xの和音にもう一つ音を重ねてできた四和音を「Xの七の和音」と言います。
それは、最後に加えた4番目の音が根音から数えて七度上の音に当たるからですが、この七度上の音を加えることでXの和音の性質や働きを強めることができることから、
よく使われる和音となっています。主要三和音に次ぐ大切な働きを持つ和音ですので、しっかりおさえておきましょう。
------------------------------------------------------------------------
短調でも同様に、「@」「C」「D」が主要三和音としての機能を持っています。
イ短調、ニ短調を例に短調の主要三和音を見ていきましょう。
短調の和音は、「ラ・ド・ミ」ときこえる短三和音を核としています。
○イ短調
(a minor)
○ニ短調
(d minor)
@: ラ・ド・ミ       →和音を聴いてみる
C: レ・フ・ァラ      →和音を聴いてみる
D: ミ・#ソ・シ     →和音を聴いてみる
D7: ミ・#ソ・シ・レ   →和音を聴いてみる
短調の主要三和音で注目したいのは、「Dの和音」が短三和音ではなく、長三和音になるということです。
「Xの和音」の働きは、主和音(@の和音)に流れ込んで解決しようとする作用を持つため、短調でもその機能を持たせるために長三和音としているのです。

次のページでは、主要三和音のそれぞれの働きや特徴を見ていきましょう。
←トップメニュー