調について
調(Key)の名前は、長音階と短音階のそれぞれが、
どの音を主音(基音)としているかによって名づけられています。
【長音階】  レミファソラシド
【短音階】  シドレミファソラ
長音階の主音は「ド」、短音階の主音は「ラ」と覚えておきましょう。
主音はそれぞれの音階のスタートの音で、最も大切な音、一番安定感のある音です。
上の図のどの音からでも長音階や短音階をつくることができます。
たとえば長音階で、G(ト)の音から「ドレミファソラシド」とつくられた音階は
「ト調の長音階」と呼ばれますし、その音階でつくられた曲は「ト長調の曲」と呼ばれます。
(楽譜をクリックすると音階が流れます)
しかし、このままでは正しい音階になっていません。「シ」の音が半音低いからです。
そこで、「シ」の音にシャープをつけて半音上げると、正しい音階になります。
(楽譜をクリックすると音階が流れます)
これが「ト調の長音階」ですが、この調で記譜をする際に「シ」が出現するたびに
「#」をつけるのは大変なので楽譜の冒頭にシャープをつけるのが慣例です。
このように冒頭に#を記すことで、この位置にあたる音(F、ヘ)は半音上げて演奏しなさい、
と指示したことにしようと決めたのです。
このように楽譜の冒頭に示された#や♭などの記号を調号と呼んでいます。
それは、何調の音階で書かれた楽譜であるかを示す記号だからです。
上の調号は、ト調の長音階をつくるためにつけられた記号ですから、
逆に言えば、ここに#が一つ書かれているということは「ト調の長音階」で書かれている曲だ、
ということを示していると言えます。
次のページでは、正しい音階にするためになぜ「シ」の音に#をつけるのかについて説明します。
←トップメニューへ