和音をつなぐ

音楽の基本的/代表的な形式についてわかったところで、和音の進行について見てきましょう。
和音はそれぞれに特徴や働きといった性格を持っています。そうした性格を生かして和音同士をつないでいくと、
響きだけでなく音楽の流れや動きをつくりだし、音楽に効果的な味付けをすることができます。
音楽に自然な流れを生み出すために「和音をどうつなげればよいか」ということは、作曲・編曲上の大切な観点と
なります。そこで、ここではその秘密について見ていきたいと思います。

和音の進行例
◆もっとも基本的な進行例   もっとも基本的な進行例は次の二つでしょう。(楽譜をクリックすると演奏が聴けます)
T→W→T
T→X→T
この二つの進行を組み合わせると、下のように音楽的なまとまりを持った形をつくることができます。
これをカデンツ(終止形)と呼んでいます。下に挙げたカデンツは、その典型的な例です。
◆典型的な終止形 T→W→T→X→T
この進行を図で表すと
右のようになります。
※W、Xの和音は
基本形で示しています。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
終止形のバリエーション 上の典型的な終止形に手を加えることで、さまざまなバリエーションが考え出されました。
【その1】 Wの和音は、「ファラド」の和音ですが、「ラ」と「ド」を共有するEの和音(ラドミ)をTの後に加えることで、
循環コードが生まれました。
「T→E→W→X」→「T→E→W→X」(以下繰り返し)
【その2】 さらに上のWの和音は、「ファラド」の和音ですが、これを「ファ」と「ラ」を共有するAの和音(レファラ)に置き換え、違った味を出すこともできます。
「T→E→A→X」→「T→E→A→X」(以下繰り返し)
【その3】 上の例のAの和音(レファラ)は、この調(ハ長調)の下属調(ヘ長調)の平行調(ニ短調)の主和音ですが、その ニ短調の主和音に進みたい和音、つまりXの和音はAの和音ですので、AmをAに置き換えて配置することも可能です。
「T→Y→A→X」→「T→Y→A→X」(以下繰り返し)
有名なパッヘルベルのカノンも、もとを正せば「T→X→T」の最小単位の終止形に手を加え、平行調の和音を活用して
幅を広げ、循環コードのように繰り返しを生かして輪唱のような形(カノン)を構成したものと見ることができます。
@「T→X→T」という進行に手を加え、「X→T」と進まずに「T」と同じ「ド・ミ」を含む和音「E(ラドミ)」で代用すると、
  終わった感 じがしませんので、次への動きをつくり出すことができます。
Aさらに「T→W→T」と進む基本的な和音の進行例(上記1)を生かして、「T→W」につなげる進行の代わりに「E→W」
  を想定 します。そのままでも自然な流れなのですが、「W」への進行をよりスムーズにするために間に「W」を構成する音
  「ファ」や「ラ」に 向かうことを予感させる「ミ」や「ソ」を含んだ和音を挟むと、自然な流れを強調できそうです。
  つまり、「ミ→ファ」や「ソ→ラ」という 音のつながりが自然さを生み出すことにつながるからです。
  そこで、「ミ、ソ」を含む和音「B(ミソシ)」を間に挟んで「E→B→W」 とつなげることで、自然でスムーズな流れをつくり
   出すことができると想定したのでしょう。
Bそして最後に「W→T→X」という典型的な終止形に見る進行を持ってきて、一連の動きをつくり出そうとしたのが、
  パッヘルベル のカノンなのです。
パッヘルベル
「カノン」
また、ビートルズの「Let's it be」の進行も、「T→W→X→T」から派生したバリエーションと見ることができます。
@歌い出しの「T→X→T」の動きを、「T→X→E」として、「T」の代用として「E」を使っているのは、カノンと同じ理由で
  す。
Aさらに、「E→W」の動きも「T→W」の動きを代用したものとみなすことができます。「T(ドミソ)」の代わりに同じ「ド、ミ」
  を含んだ 和音「E(ラドミ)」を使っても不自然ではないし、むしろ新鮮な感じをもたらすことができるのは、カノンで見た通り
  です。
Bそして「W」から「T」へつなぎ、「X→W→T」へとつないでいますが、これは本来「X→T」という属和音から主和音の
  動きを ベースにしつつ、間に「W」の和音を挟むことによって「アーメン終止」を挿入し、いっそう終止感を持たせようという
  意図を持ったもの ですが、それがものの見事にあたったものだと言えるでしょう。
ビートルズ
「Let's it be」
このように、基本的な和音の進行をもとにしながら、関係調(近親調)の和音を借用することで、
いくつものバリエーションをつくりだすことができますので、
きりがありませんが、『こんな和音のつながりはどうかな?』と
借用和音をうまく使いこなしながらつながりを工夫してみると、
作曲や編曲のアイディアがぐんと広がって音楽の味付けに幅が出ます。
いろいろと試してみましょう。

トップメニューへ