【関係調・近親調】
それぞれの調は、関係の深い調、近い関係にある調という意味の「関係調・近親調」を持っています。
「関係調」も「近親調」も同じ意味ですが、和声進行を考える際や曲の途中で転調する際などに避けて通れない大切な知識ですので、ここでしっかりおさえておきましょう。
音階の中で大切な役割を担っている音は、特別な名前をつけて呼び慣わしています。
近親調は、そのようないくつかの音の名前と深く関わっていますので、まずその呼び方から見ていきましょう。
上の図はハ調の長音階を記したものです。主音は、その調の基音でベースになる音のことですが、第五音を
特に「属音」と呼び、第四音は属音のすぐ下の音なので「下属音」と呼んでいます。また、これは近親調とは直接関係はありませんが、第七音は主音に向かう傾向が強い音、すなわち主音に導く音という意味で「導音」と呼ばれています。導音は転調や借用和音を考える際に大切な働きをしますので、ついでに覚えておきましょう。
-----------------------------------------------------------------------
関係の深い近親調には次のような種類があります。
ハ長調を例に挙げると、
○同主調はハ短調
○平行調はイ短調
○下属調はヘ長調
○属調はト長調
ということです。
ハ長調の曲を途中で転調したり、ハ長調の主要三和音以外の和音を使用する際には、これら近親調から選択して行うのが通常なのです。
ハ長調を例に近親調を図示すると、次のようになります。→こちらのページ
それでは、ここで問題です。
【問題】
ヘ長調の近親調をすべて挙げて、その音階を五線紙に書いてみましょう。
正解はこちら→

近親調で短調についての話題が出てきましたので、ここで短調について見ていきたいと思います。
短調の音階は「ラ」を主音としてオクターブ上の「ラ」までの八つの音で構成されています。
短調の場合も長調と同じように、主音である「ラ」の音名で呼ばれます。
ホ短調
ハ短調
短調には、次の三種類があることも覚えておきましょう。→こちらのページ

次は作曲や編曲をする際に、非常に大切で不可欠な音楽の要素「和音」について見ていきましょう。
←トップメニューへ