音楽のつくり

楽が表現として意味を持つためには、繰り返しや変化などによるある秩序が必要になります。
そうした秩序を持つことで、表現としてのまとまりができ、訴える力や共感を呼び起こす力など、
音楽に生命を与えることができるのです。
そこで、ここでは楽曲を構成するまとまりについて見ていきましょう。
◆曲を構成する要素◆
a 動機(モチーフ)
  曲を構成する最小の単位で、ふつう2小節からなる
b 小楽節
  2つの動機を結びつけたもので、ふつう4小節で構成される
c 大楽節
  2つの小楽節を結びつけたもので、ふつう8小節で構成され、
  1つの楽曲として成立するもの
動機
大楽節 小楽節
小楽節

◆曲の形式◆

上のような構成要素を組み合わせることで、さまざまな形式をもった楽曲が作られてきましたが、代表的な形式を分類すると次のようになります。
◆一部形式◆
大楽節一つで、できている楽曲の形式

◆二部形式◆
大楽節二つで、できている楽曲の形式
A a
a'
B b
a'
--------------------------------------------------------------------------------------------
※二部形式の典型的な例は、フォスターの歌曲に見ることができます。
A(a:半終止 a':完全終止) B(b:半終止 a':完全終止)の二部による構成でわかりやすいつくりになっています。 
A a
a'
B b
a'

◆小三部形式◆
小楽節三つで、できている楽曲の形式
a
b
c

◆三部形式◆
大楽節三つで、できている楽曲の形式
トップメニューへ