【調と調号】
私たちが普段使っている「ドレミファソラシド」という長音階は、
それぞれの音と音との間のひらき(音程)をみると下図のようになっています。
ミとファの間、そしてシとドの間は半音のひらき、それ以外は全音(一音)のひらきになっています。
実はこの音程による構成を守らなければ、私たちがよく知っている「ドレミファソラシド」という音階にならなのです。
ところが、さきほどのように単にト(G)から音階をつくっただけでは、「全・全・半・全・全・全・半」とはならず、
下図のように「全・全・半・全・全・半・全」となってしまい、正しい音程による音階にはならないのです。
そこで、正しい音程になるように「ファ」の音に#をつけると、ファとソの間の音程が半音になり、
正しい長音階(ドレミファソラシド)による音列をつくることができるのです。
それでは、ここで問題です。F(ヘ)音を主音として音階を書いてみましょう。
正解はこちら→
-----------------------------------------------------------------------
できましたか?できたら、もう一問考えてみましょう。
D(ニ)音を主音として長音階を書いてみましょう。
正解はこちら→
-----------------------------------------------------------------------
できましたか?これらができれば、「調と調号」の関係についてずいぶん明確に理解ができたことと思います。
調号と主音、及び調の一覧は、こちらのページで確認できます。→こちらのページ
ちょっとお得なプチ情報→こちらのページ
ちょっとお得なプチ情報 その2→こちらのページ

次に「調の名前」について見ていきましょう。
←トップメニューへ