この1年を振り返る 吉野ツーリング

2日目、一休庵さんを出発、吉野を出て芋ケ峠へと向かっている所です。朝のキーンと冷えた空気の中走って行きます。

あれは・・・・・1ケ月程前でしたか、旧知のwajin@コウムラさんからメールを頂いて、この1年を振り返って見る1泊ツーリングに行きませんか・・・・?とお誘いを頂きました。今は年末の立て込んでいる時なのでどうしようかなと考えましたが・・・・???年賀状はプリンターを買い換えたので心配なし、ソージは後でも出来るし・・・ということで案内を良く見ると非常にリーズナブルな費用設定、(これ1番重要!!)メンバーもほぼ旧知の方々ばかりで7名、2日目は8名という小生に言わせるとベストな人数、宿も料理も良さそうだし、ここは1つ参加して見ようかな?という気になって申し込みしました。結果的に凄く・・・・印象的なツーリングになりました。年末の忙しい時期でしたが、参加して良かったです。

■実施:2010.12.18〜19日 1泊2日
■参加者: wajin@コウムラさん Kottamanさん  NBsanさん  ginnanさん びんちゃかまるさん、りみどさん, つっちーさん akuta 計8人
■コース:
12月18日: 道の駅針テラス〜室生口大野〜室生寺〜R369〜東吉野染谷峠〜天好園(昼食)〜高見川沿い下る〜吉野一休庵(泊) 
12月19日: 一休庵〜上市〜芋ケ峠〜明日香村〜桜井〜長谷寺〜県道38号〜道の駅針テラス   走行:約130km


※レポートが出来たらリンクになります。

■走行コース

■プロフィールマップ

















桜井







460m

240m

710m

410m

500m

80m

460m

■お車拝見

主催者wajin@コウムラ氏のCHERUBIM ランドナー。

CHERUBIMとは・・・・・聖書の中に出てくる「天使」の意だそうです。そういえば他に仏教?と関係のある「迦陵頻迦」というフレームなんかもありますね。

工房へ直接行ってオーダーしたそうです。おまかせだったそうですが・・・・ややサイズが小さい・・・・???部品構成は国産部品がメインで旅行車としてソツのないオーソドックスなものになっています。(写真提供:wajin@コウムラさん)

KottamanさんのTOEI 700Cランドナー。

この夏完成したばかりの新車です。Kottamannさん曰く・・・「この車で打ち止めだぁ・・・・・」との事でした。(笑)
特筆すべきは・・・・輪行車なんですが、後ろのサドルバッグキャリア後半が分解して外れます。でフレームがサドルを地面に当てることなく立つ・・・という寸法です。

フレームはReynolds531、Bタイプラグ、Stronglight49Dクランク、Simplexリング、Huret Jubileeチェンジなど主にフランス部品アッセンブルになっています。

サドルは等高線入りBROOKS "Professional"です。

りみどさんのTOEI 700Cランドナー。

りみどさんも今年とうとうTOEIオーナーになりました。フレームはスタンダード、部品は実用的な物で決して高価なものではないですが、ツーリングには不足のないマシンに仕上がっています。

ホイールはなんと・・・700×28Cで快走仕様になっています。主に国産部品アッセンブルになっていますが、リングはTA、ブレーキアーチはMAFAC "RACER"、サドルはBROOKS "Professional" ナチュラルカラーになっています。リヤメカは'70年代SHIMANO TOPモデルだった「タイトリスト」がアッセンブルされていました。

ginnanさんのDAVOS ランドナー。

え〜〜〜〜っと、ginnanさんとは雪の作業道でご一緒しています。今回で2回目のご一緒となりました。
マシンは・・・名古屋でランドナーを作り続けている深谷産業さんのDAVOSランドナーです。ほぼ標準仕様・・・とお見受け致しました。

ginnanさんは・・・なんと!!年間1万数千km走るそうです。会社通勤は自転車だからだそうですが・・・・それにしても凄いですね。今回のメンバーの中で脚力は・・・もちろん1番でした。(笑)

 

びんちゃかまるさんのペガサスランドナー。

その昔は・・・・ハンドメイドマシンといったらTOEIかペガサスか・・・・と言う位の名門工房です。CrMoチューブ、SIGINOプロダイクランク、TAリング、Huret Allvit、BROOKS B-17、日東ランドナーバー・・・といったアッセンブルになっています。

びんちゃかまるさんは溶接がお得意でキャリアなんかは自作してしまうそうです。このマシンのキャリアは自作だそうです。

NBsanさんのUEHARA クラブモデル。

昭和29年に鳥山新一氏のRene'HERSEが初めて日本に輸入されましたが、それまではこういうイギリスタイプクラブモデルが日本のサイクリングマシンの主流でした。

クラブモデル・・・・と言ったらやはり東京港区ウエハラさんのお店のマシンが定評あります。店主自らクラブモデルに乗ってもう半世紀走ってみえますよね。NBsanさんのこのマシンは関西にあっては珍しいと言えると思います。

TAチェーンホイール、SHIMANO Dura-Aceチェンジ、Campagnolo Recordハブ、BROOKSサドル、MAFAC2000ブレーキアーチ・・・・といったアッセンブルになっています。

小生のTOEI 700Cランドナー。

作って23年になります。塗り替え1回、消耗部品は何回か交換しています。今回は・・・・チェーンリング、チェーン、フリーを交換してあります。ちょっと分かりませんが、チェーンリングはピカピカになっています。インナーは28Tに交換。急坂では威力を発揮してくれました。ブレーキレバーパッドも交換しました。何年持ってくれるか・・・・・???

Stronglight49D、TAリング、Huret LUXE、IDEALE♯90、MAVIC "Module E" リム、Campagnolo Recordハブ・・・・といったアッセンブルになっています。

■ツーリングレポートは次へをクリックして下さい。

2010.12.22