2015.11.20

紅葉の夜叉ケ池ハイキング

自然の音のせせらぎや鳥のさえずり、風の音なんか好きですが・・・・・なんとCD売っているんですよね。アウトドアーショップで流しているお店もありますね。

中部森林管理局の手によって木々の名札がついています。

本当に美しい登山道です。秋がベストですね。

ちょっと三周ケ岳への登山道を上がって上から撮影。この後下山しました。

せっかくなので夜叉ケ池で記念撮影。

池のほとりにある夜叉姫の碑。夜叉ケ池は泉鏡花作:戯曲「夜叉ケ池」の舞台ですね。

またしても暗くなり・・・・・・雨がポツポツ来ました。

さあ、どうすっぺなあ・・・・・・・???とりあえず夜叉ケ池まで行って見ることに。

夜叉壁の横を廻り込んで・・・・・登って行きます。

おおっ!!美しい登山道・・・・・・こういう美しい風景の中をトコトコ歩くのも非常に好きです。

今回から装備しているマップケース。今ではザックの中に入れていて見る場合は止まってザックを開けて見ていました、これからはすぐ見られるので少しスピーディーになるのではと思っています。

とりあえず登山口で撮影。

昨日の雨でたぶん草なんかは濡れていると思われるのでスパッツ着用で行きます。本日の秘密兵器は・・・・・マップケースで写真のようになって歩行には全然支障ないです。ですぐ出して見られますね。

ここは人気のある山らしくて・・・・・初見参ですが期待に胸が躍ります。天気もまずまず・・・・・・だったのですが・・・・・???

家から車で3時間弱、やっとのことで池ノ又谷の細い道を走って登山口に到着。いかんせん、道が凄く狭くて運転は細心の注意が必要です。

帰る時にマイクロバスが来ていて本当に驚きました。

■レポート

この夜叉ケ池と三周ケ岳はもう随分前から行きたいなあと思っていて家から比較的近いのになかなか行く機会が無くてズルズル来ていました。ここの池ノ又谷の登山道はブナ林があって特に紅葉の頃が1番美しいというのを知ってここは1つ日程や体調装備など整えて数日前から天気予報を確認、10月31日に行って来ました。ところがところが・・・・・・太平洋側は晴れていたのですが日本海側は曇りで登山口ではまあまあの天気だったのですが、出発して間もなく雲が出てきてポツポツと・・・・・・・・そのうち降って来て雨具着用と相成り・・・・・本日の三周ケ岳登頂はどうしょうかなと・・・・・最低夜叉ケ池は是非行ってみたいので天気の具合を見てそこで考えようと考えて「なんとかなるんじゃないか」と気楽に考えて出発したのでありました。

■夜叉ケ池ハイキング: 10月30日
■コース: 池ノ又谷登山口8:00~夜叉ケ池9:30~10:00~池ノ又谷登山口11:40    歩行距離:約4.5km

■編集後記

長い事行きたいなあと考えていた夜叉ケ池ですが、夏あたりから考えていてやっと行くことが出来ました。まあ本当は三周ケ岳がメイン?だったのですが、天気がイマイチでまた次回・・・・・という事にしたいと思います。コースとしては比較的易しくて全然難しい個所もなく誰でも愉しめるコースになっています。小生は全然知らなかったのですが、大変人気のあるコースだそうで駐車場の広さにビックリしました。さらにはマイクロバスも上がって来ていて16人の団体さんも来ていました。この日は・・・・そうですね。数十人程度はいましたかね?無事に降りられたのは良いのですが、後日談があって車のタイヤがパンクしていてここでスペアに交換する羽目になってしまいました。まあなんとか交換出来て家にも早い時間で帰って来られました。また来年秋に行きたいと考えています。


                                    戻る     TOP

ブナ林が美しくて天気はイマイチでしたが早起きして来て良かったです。

撮影が終わった直後ガスが・・・・・・・・
天気はイマイチなので引き返すことにしました。やはり天気の良い日に登って素晴らしいパノラマを是非見たいというのがありますね。

三周ケ岳へは前の尾根を登って行きます。尾根が県境でこちらは福井県側です。

標高1000m程の山上にある幻想的な夜叉ケ池です。いつか行こう行こうと思っていてやっと来られました。

岐阜側コースの名物、夜叉壁です。晴れていたらもっと素晴らしいかなと思いますね。

雨がポツポツ来て・・・・・・前のパーティーは雨具着用しています。夜叉壁はガスで見えなくなったし・・・・・・トホホ・・・・・・




←幽玄の滝です。もっと勢いがあったら良いかな?と思いましたが・・・・・

夜叉壁が見えてきました。が、この辺から曇って来て・・・・・・・・あれっ???

■ハイキングマップ      歩行距離:約4.5km

■プロフィール