クラシックロード走行会2009秋 in 大和高原

布目ダムにて。今ではあまり見られないクラシックロードがズラッと揃いました。見ているだけでも愉しいですね。

■走行レポート 道の駅針テラス〜布目ダム

時間前には全員揃いました。自己紹介などして出発します。

道案内はいつものUGの兄♭♭♭さんです。

得意の後ろ向き撮影。新しいカメラはちと持ちにくいですね。

まだ出発したばかり。のんびり走って行きます。

この辺は車は全然来ないですね。

このご両人、走りながら自転車談義に夢中???→

出発してそうですね、30分あたり?いつもの場所で止まって休憩します。まだそうは走っていません。
まず大抵ロードレーサーやSportifなど快走モデルで走る場合は2時間走って10分休憩とか普通はそんな感じだと思いますが・・・・

我々の行うクラシックロード走行会ではいつもこんな感じです。
目一杯走って極力休憩は少なくして距離を出来るだけ稼いで・・・・という走り方はそうですね、2〜3年前あたりから行わないようになりました。

理由はいろいろありますが・・・・1番の理由は自転車は走りだけではない愉しみが他にもあり、平均年齢も上がり体力も若い頃みたいには行かなくなって来て走行距離は程ほどにして他の要素、ランチやティータイム、自転車談義などに重きを置きようになりました。


これが結構皆さんには受けているようで参加者はだんだん増えつつあります。こういう走り方も1つのやり方であり、無理がないのでこの走り方だったら年を取っても同好の士とワイワイ愉しく自転車趣味を続けられるのでは?と考えています。

さあ、もうすぐ布目ダムです。この春は鍋ランを行って大変愉しかったですね。クラシックロード大和高原ではいつも寄る場所です。

ここ布目ダムでは自転車を並べて自転車談義をするのが常です。今回も凝った素晴らしい車が集まりました。

■布目ダム〜レイクフォレストリゾート(昼食)

今回はいつもの場所ではなくて新しく見つけたレストランです。

レオナルホドさんもBOTTECCHIAで快調に走っています。

レストランに入る前、全員が揃うまで待ちます。ウ〜〜〜〜ン、UGの兄♭♭♭さん、マシンとシャツの色がマッチして決まっていますね〜〜〜!!

さあ、レストランへレッツらGO!!建物ですが・・入院していた病院に似ていました。

私のオーダーは柳生御膳。上品な和風の料理でした。

まるでホテルのレストランみたいでした。ウ〜〜〜ン、ゴージャス!!

バイキングもあって3名の猛者が食べまくりました。(笑)

■レイクフォレストリゾート〜ハーブクラブ〜道の駅針テラス

お腹も一杯になった所で走り出します。バイキングの方、お腹ダイジョーブですか???(笑)

レストランからは素晴らしい雰囲気の良い道を流して行きます。

この辺はお茶の産地らしくて茶畑がズ〜〜〜〜〜っと広がっていました。この坂を登り切ったら素晴らしいダウンヒルが待っています。

柳生の有名な沈下橋にて大黒屋さん。レオさんは大黒屋さんの撮影に余念がありません。(笑)

柳生でZEUS2000さんの後車輪が振れだして・・・・とりあえず応急処置をしようとしましたが・・・・・・・???

見ていたメンバーが手を貸してくれました。これで一応走れるようになりました。ヨカッタ!!

ちょっとちぎれてしまって後続を待ちます。

さあ、ティータイムのハーブクラブへと走って行きます。頭の中ではコーヒーとケーキは何にしようかなあ・・・・などと考えております。(笑)

ちょっと細い道へと寄り道をします。

やっと着きました。ハーブクラブです。もう何回目???

私はコーヒーとロールケーキ。ウ〜〜〜ン、至福の時間・・・

こんな感じでティータイムと自転車談義を愉しみました。

今回の走行会メンバーによる集合写真。(提供:cancanさん)

着ている"HELYETT"のシャツは入院中に有志の方々(この中にも見えます)からお見舞いとして頂いたものです。有難うございました。


で私のTOEI Course Routeも塗り替え後のデビューランという事でいろいろな意味で記憶に残る記念すべき走行会になりました。

撮影:ハーブクラブにて

大黒屋さん手作りチョコケーキ。やはり女性がいると全然違いますよね。

そのチョコケーキを頂きながら最後の自転車談義です。今日は大変愉しい有意義な1日だったと思います。

マシンをズラッと並べると壮観です。本日は日英伊仏車が勢揃いしました。本場イタリアロード、イギリスクラブモデル、フランスクールスルート&ハンドメイドRene'HERSE、日本が世界に誇るオーダー車TOEI他一流メーカー製、良くこれだけ集まったものですよね。

■編集後記

久々のクラシックロード走行会が大盛況で成功裏に終わることが出来たのは主催者としましては嬉しく思っております。これ一重に参加者の皆さんのご協力とUGの兄♭♭♭さんの綿密なコースレイアウトに拠る所が大きい・・・と考えております。本当に有難うございました。それと・・・・私は全然考えてなかったのですが、退院後の最初の走行会ということでなにやら私の快気祝いラン?みたいになってしまいました。なんかいろいろ気を使って頂いて・・・・・
それと例の私のTOEI Course Routeを夏に塗り替えしたのですが、塗り替え後のデビューランとなりました。いかがでしたでしょうか?少なくとも前よりは良くなったかな?と思っております。やはりあれこれ指定よりもTOEIおまかせの方が良い車になる確率が高い?まあ、これでしばらくは今の仕様で行く予定です。マシンの方はなんとかなったので次はウエアですね。良いウエアをいろいろ探して次の走行会までにはバシッと決めようと思っております。最後まで見て頂いて有難うございました。

2009.11.17