2016.9.4

TREK  EMONDA  SL6 2015

■チェーンホイール。

Shimano Ultegra 50×34。クランク長さは175mm。
チェーンホイールはクランクシャフトと一体になっていて左クランクを外して分解出来ます。

FメカもUltegraで驚いた事にフレームに直付になっています。
ハンガーはTREK独自規格の90mm。

真横から。サイズは58、主なコンポーネントはSHIMANO ULTEGRA。ハンドルバーやホイールはBONTREGER。重量は約7.8kg。
ワイヤー類は全て内蔵で引きは非常に軽いです。

■サドル

サドルはカーボンロードでは定番のfi'zi:k Arione。
非常に軽いサドルです。今や軽いカーボンワイヤー製がだんだん主流になりつつありますね。

■ヘッド部分。

ヘッド小物は内蔵されていて外からは見えません。
初のAHEADステムはBONTRAGER 95mm。アヘッドステムは昔風に73度のものもあります。
ハンドルバーはBONTRAGER 440mm。今までで1番広いバーですが・・・特に不具合は無かったです。

チェンジとブレーキワイヤーはスマートに内蔵されています。

ラインナップNew faceのご紹介です。もう・・・・・これ以上は増やさない・・・と考えていました。サイクリング趣味ももうすぐ半世紀、ラストスパートの位置に来ています。で・・・・・今までのラインナップとは毛並みが全然違うマシンです。ハイ、フルカーボンロ-ドです。どうしてこのようなマシンを購入しようと思い至ったか?それは・・・・・・

■台湾ツーリングで地元のサイクリンググループと出会って女性の方も多数いたのですが・・・・(フルカーボンロードだった)スピ-ドに差があってみるみる置いていかれてちょっと驚いてしまってこれは是非最新マシンも経験したいなと率直に思いました。
■2014年にシマノ鈴鹿ロードでTREK Emonda SLR10実車拝見する機会があって完成車重量はなんと4.6kg(ペダルなし)で実際に持ってみたのですがその軽さには愕驚しました。 これは自転車レースマシンの大袈裟に言えば革命ではないかと思いました。 

で入手するにあたり自分なりに条件がありました。①当然ですが、サイズの問題でちゃんと体格に合うサイズのもの。海外では62サイズまであるのですが、日本ではせいぜい56止まりで小生には1サイズ小さいです。小生は58サイズ(C→T 595mm)です。②マシンのカラーですが・・・真っ黒はちょっとなァ・・・・    カーボンロードバイクと言うと大抵全部黒色でなんというかもっとカラフルだったら良いのになあ・・・・と考えました。あとはフルカーボンで最新スペックまたはそれに近い同様のもの。という条件で探して・・・・なんとか入手出来ました。今はそう、最新ハイエンドのマシンは190万以上もするものや、ホイールSETも40万以上もするものもあって本当に驚きです。・・・・そんなハイエンドのものは入手不可能だし要らないでのでそこそこのものです。まあTOEIフルオーダーフレーム1本程度です。主な用途は快走ランです。レースには出ないし重量は7.8kgしかないので今後のサイクリングではたぶん非常に愉しくなるのではないかと考えています。

■購入:2016.7.21

■Rメカ。

RメカもSHIMANO Ultegra。もちろん11s対応で今まで5~6speedしか使っていなかったのでとても新鮮です。
コントロールワイヤーはなんとフレーム最後端まで内蔵になっています。

エンドはTREK製ですかね?見た事無いストレートエンドでピボット距離は非常に短いです。

TREK EMONDA SL6 2015 仕様表    重量:約7.8kg

 フレーム  TREK EMONDA SL6 Carbon size:58
 チェーンホイール  SHIMANO ULTEGRA  50×34 175mm
 チェンジ  SHIMANO ULTEGRA
 チェーン  SHIMANO ULTEGRA
 ペダル  SHIMANO ULTEGRA
 タイヤ  BONTRAGER 700×23C
 リム  BONTRAGER 700C
 スポーク  Steinless
 ハブ  BONTRAGER  SFQR 18H×24H
 サドル  fi'zi:k Arione
 ピラー  Ridetuned
 ハンドルバー  BONTRAGER 440mm
 STIレバー  SHIMANO ULTEGRA
 ブレーキアーチ  SHIMANO ULTEGRA
 ステム  BONTRAGER Ahead 95mm
 ボトル  Coca Cola
 ボトルケージ  Carbon

■試走 2016.9.3

■ハンガー付近

UCI公認シールです。このシールが無いとUCI公認レースには出られません。

■ペダル

ペダルはSHIMANO ULTEGRA SPD最軽量のもの。
普通はSPD面が2つあるのですが、これは片側だけです。
デザインも良くて使い勝手も良いです。

STIレバーはSHIMANO ULTEGRA。チェンジやブレーキの作動はスムーズで驚きました。でレバーの開き具合もその人の手のサイズで広くも狭くも出来ます。この辺はやはり最新部品だなと感じました。

■後ハブ

カセット歯はSHIMANO ULTEGRA 11~28 11speed。

ハブはBONTRAGER SFQR 24H

チェーンはSHIMANO ULTEGRA

これまたスポーク数が非常に少ないです。それでいて全然振れないし強度は十分あります。オーバーロックナット寸法は130mm。


■Fハブ

BONTRAGER SFQR 18H

スポーク数が18しか無く・・・・・・でラジアル組になっています。これで走っても全然振れないしいや、本当に驚きです。
今までのマシンの36Hや32Hは何だったのか???

■ブレーキアーチ

SHIMANO Ultegraで面白い事にサイドプルなんですが、左右のアーチは別々の支点で動いてセンタープルみたいになっています。アジャストボルトでシューがセンターに来るように調節できます。

戻る        TOP

■2016.9.3に試走に行って来ました。

STIレバーとSPDは何とか慣れました。マシンは軽いしチェンジやブレーキもスムーズでペダリングも全然ロスもないし快適でした。ロードレーサーは「速く走る」ためだけの目的で製作されたいわば自転車のエッセンスで最新部品のロードバイクは・・・・やはり素晴らしいです。

台湾ツーリング以後是非最新カーボンバイクを経験してみたいと考えていましたが、なんとか実現出来て良かったです。

リムもBONTRAGER "RACE" 700Cリム。やや高さが有るタイプになっています。

タイヤはBONTRAGER 700×23C。しばらくこのタイヤを使用してゆくゆくはやはり・・・・・スキンサイドに交換予定です

ハンドル部分。バーの幅は440mm。バーテープはFi'zi:k。まだサイクルコンピューターは未装備ですが、ゆくゆくは取り付けます。