十津川街道を往く

年に1〜2回くらいは普段の忙しさ、日常の煩わしさから逃れて、キャンプ道具をサイドバッグに積んで、ゆっくり気ままに何日間かのロングツーリングをしてみたいと思っている人はかなりいるのではないだろうか?
私もその口で、良いキャンプ道具は持っているのだが、700Cで良いキャンピング車が欲しいとかなり以前から思っていて、ようやくこの3月に出来上がってきた。このゴールデンウィークはこの車でどこに行こうか・・・・?と嬉しくも行き先に悩む日々が続いたが、近場でまだ行っていない、十津川あたりへ行ったら、面白いかなと思い、準備を始めた。泊りはYHとキャンプ。キャンプは山である程度経験があった。今はコンビニがあるので、食料は持っても1日分で充分と考えた。さて、荷物を全部積んで、試走して見ると・・・・なんと、凄く重い!!でもすぐ慣れて、まあ、平坦だったらごく普通に走れることが判った。さて、いよいよ出発の日・・・・まだ家人は寝ている間にこっそり家を出た。これから私の久方ぶりのロング・ツーリングが始まる・・・・・。

'04.5.9


4月28日

家をAM6時半前に出る。外に出て走り出すと、昨日の雨がちょっと残っていて、少し降っている。私は気にせず、走って行った。見慣れた町並みを通り過ぎて行く。こうやって、家から出発、また家に帰るという、サイクリングの原点みたいな走りは何年振りだろう・・・。今日は伊勢志摩YHまで行く予定である。距離は約100km位。平坦なので、楽勝、道も判っている。R23を行ったのでは面白くないので、やはりここは伊勢参宮街道を行く事にする。昔、ランドナーで走った事があり、道はもうすべて判る。伊勢志摩YHももう、何回目だろう。最初に行った時はまだ20代前半だったので、かれこれそう、30年近く前の話になる。

旧初瀬街道の分岐にて

またまたへんば餅を食べました

参宮街道は日永〜伊勢内宮までをいうのだが、神戸の宿から走り始める。まだ雨は降っている。ちょっと近くの大きなスーパーの軒先で上だけ雨具を出して着る。ちょっと寒い。昨日の天気予報では気圧配置は冬型で、北風が吹く、ということだった。北風?これはうまい具合に追い風になるかも?やがて雨がやんだ。そして・・・・追い風が吹いている。それも凄い追い風である。車はぐんぐん、スピードを上げて、突っ走って行く。なにも踏まなくても進んでいく。あっと言う間に津を通過。
次は松阪である。ここも旧道を走る。伊勢うどんツアーのコースを快走し、またまたへんばやさんへ寄って、今年9つめのへんば餅を食す。時間はまだ早い。どうやら伊勢あたりで昼になりそうである。内宮へ行くかどうするかでちょっと迷ったが、今回は例の夫婦岩へ行くことにした。昼は宇治山田駅前の食堂でカツ丼を食した。ここはいつも模型展示会の際、寄る食堂で、もうお馴染みの食堂である。

もうお馴染み、夫婦岩

何じゃあ〜〜???これは!!
関西人はド派手?

鳥羽を廻って、R167を一路伊勢志摩YHへ。途中、小学生の女の子の集団に出会う。あれっ?そっか、今日は登校日だったんだ。いや、世間が働いている時にこんなのんびりツーリングが出来る、というのはなんという幸せ、贅沢?
途中のドライブインで面白いものを発見。なんと、お店の上に船が載っている?それも小さいものではなくて、長さ約30mくらいはありそうな大きな水中翼船である。なんでも日本最初の水中翼船一号艇であるらしい。それにしても良くここまで運んで上に上げたよね〜〜〜?と一人感心。やはり関西人はここまでしないと気が済まない?

さて、伊勢志摩YHはもうすぐである。今日の走行距離は約100kmちょっと?いや、本当は石鏡、国崎など走ろうかなあと思っていたのだが、最初の日でもあるし、まあ、足慣らしと入ったところで軽めの行程にしてしまった。YHにはPM3時頃到着。4時からの受付なので、1時間時間をつぶす。こういう時の為に文庫本も持参。なんか最近は良く本を持ち歩くようになってしまった。バイクの人が2人到着。同じ部屋で話が弾んだ。一人は鹿児島から来て、会社辞めて今日本をブラブラ走っているらしい。夏には北海道へ行くらしい。もう一人の人はYHはここが2回目とのこと。エヘン!!私は3桁です。
このYHも、もう都合3回目?良く泊っている。今日は連休前で4人だけ、ペアレントさんも気さくな良い人で、この夜は同じ部屋の人達と旅話が弾んで、ロングツーリングの第1日としては楽しい思い出が出来た良い日になった。
久方ぶりの2段ベッドに入って、お休みなさ〜〜〜い!!

フウ〜凄い重装備です。

とてもきれいだった公衆便所

鈴鹿〜津〜松阪〜伊勢〜鳥羽〜磯部町〜伊勢志摩YH 走行:約100km