11th TOEI  Owner's Meeting in MATSUMOTO ASAMA-ONSEN

今年も3ケのフレームオブジェが用意されました。はたしてどなたに当たったのでしょう???

■14日夜の宴会の様子です。

料理はこんな具合。後から後から順番に出てきます。飲物がビールでなくジュースなのが締まらないですね。(笑)

事務局koizumi氏に続いてTOEI社山田社長の挨拶です。「お陰様で海外からもオーダーが来るようになり、忙しくさせてもらっています。有難うございます。」

←乾杯の御発声は横浜のYさんでした。「TOEI社と皆さんのますますのご発展を祈って乾杯!!」

新人さんのご紹介です。誰から紹介されたのですか?の問いに私の名前が2名の方から挙がってちょっとビックリ!!(少なからず責任を感じております。)ますます盛大になっていくTOMです。

新趣向部品名当てクイズ。これ、結構難しいです。ZEUSとか、Triplex、高木等さすがのベテランさんもお手上げ。制限時間20秒。

TOEI社☆野氏も挑戦して見事に当てました。おめでとうございます。

TOEIフレームオブジェ当選はご覧の3人です。おめでとうございます。良いなあ・・・・・・トホホ・・・・・・今回も私はだめでした。ガックリ・・・・・・

UGの兄♭♭♭さんは宴たけなわでお帰りになりました。

その後は例によって・・・・自転車談義の花盛り。いつまでも話は尽きることはありませんでした。こうして第1日目の夜は更けていったのでありました。→

■15日サイクリングの様子です。

15日のサイクリングですが、本当は浅間温泉〜武石峠〜美ヶ原〜ビーナスライン〜白樺湖〜茅野を考えていたのですが、ちょっとハード、で出発時間が9時半になってしまい、この時点でコース変更をすべきでした。時間の読みが出来てなく結果的に引き返すことになってしまいました。同行の皆さんにはご迷惑をお掛けしてしまいました。申し訳なく思っております。

地本屋さんの朝食。美味しかったです。

さあ、今日も天気はまずます、走れそうです。まず腹ごしらえ。

出発前の記念撮影です。

ここ、場所が狭くて私のカメラではご覧の通り。全部入りませんでした。

参加の方には後からきれいな写真が送られます。

サイクリングに出発!!浅間温泉を抜けてきつい上りが・・・・・

美ヶ原林道から松本の街です。この辺はきつくて押していました。

美鈴湖の案内の前で。昔と全然変わりません。

これが美鈴湖です。風は無く湖面は凪です。

GAMIさんや地黒団子奈さんたちのグループと一緒になり、それでは・・・という訳でご一緒しました。

よろしくお願いしま〜〜〜〜す。

さあ、それでは行きますよ〜〜〜〜〜〜〜!!

快調に走っていきます。この辺はややゆるやかです。

途中から見えた穂高連峰。槍の穂先も中央の常念岳の横に見えています。肉眼では見えたのですが・・・・・・・

問題の武石峠。

ここで昼を廻っていました。まだ頂上ではありません。まだ標高差約200m程もあります。で遊歩道が有って山本小屋はその先です。昼食もどこかで食べなければいけません。このまま進んだら茅野着は間違いなく夜です。

鳩首会談の結果、やはり引き返すのが1番良い・・・・という結果になり、悔しいですが来た道を引き返しました。浅間温泉には1時過ぎ着、で昼食を食べて・・・・・どうやって茅野まで帰るか検討しました。


で結果的にBIKE RANCHさんの所へ行き、カトーさんの「車ある?」の一言でハイエースが出た・・・・という訳です。本当に今回はBIKE RANCHさんには大変御世話になってしまいました。

引き返す前に撮った記念写真。

我々以外の方は王ケ頭まで登ったようです。


皆さんに「気をつけてね〜〜〜!!」と激励されて下りました。

浅間温泉の蕎麦屋さん「あるぷす」さんで蕎麦を頂きました。

BIKE RANCHさんの車でPM4時前無事茅野へ帰り着きました。

編集後記

結果良ければ全て良し・・・・ではありませんが、なんとか雨にも降られずにBIKE RANCHさんのご好意のお陰で無事に茅野へ帰り着き、家にも無事にPM10時前には着くことが出来ました。いや〜〜〜〜、今回は・・・・まあ、ツ−リングとしては失敗の部類ですが、なんとか甲州街道や中山道などの旧街道を走ってTOM2008も楽しめていろいろ収穫のあったツーリングだった・・・・と思っています。今回の失敗を教訓に次回からは行程に余裕を持ってPM3時〜4時あたりには目的地に着ける様にしようと考えています。時間に追われてツーリングするほどつまらないものはないです。山歩きではPM3時山小屋着,その日の行動停止は常識です。・・・・・という訳でいろいろ教訓に富んだ今回のTOM2008参加記でした。最後まで見て頂いて有難うございました。

2008.9.20