10th TOEI OWNER'S MEETING 2007 in TATESHINA

今年で第10回記念になるトーエイ・オーナーズ・ミーティングが信州は蓼科高原で行われ、参加してきました。今回は前回よりも定員をやや増やして行われ、それでもキャンセル待ちが出るほど盛況でした。今回の参加者は72名。遠く海外からも参加者があり、アメリカからTOEIの自転車が大好きなご夫妻、それと取材も2社あり、なかなか盛況でした。
今回の特徴は・・・・・サイクリングコースがややきつかった・・・・・ということでしょうか?宿のシャレータカトーさんの場所が標高約1400m、蓼科高原にあるものですからサイクリングでUPダウンは避けれません。なんとか女性や年配者の方でも楽で愉しいコースを・・・・と思ってあれこれ思案しましたが、実施したコースになってしまいました。普通の脚力の方でしたらギヤ比の工夫でなんとか走れるコースではないか・・・・と思われますがきつすぎて不愉快だった・・・・と思われた方にはお詫びします。
宿のシャレータカトーさんの食事は素晴らしいものでした。めったに食べられない、フルコースの料理です。美味しい食事を頂いてワイワイおしゃべりして大抽選会、そして著名人の講演会、グッズの販売会等大変に愉しい2日間でした。それではレポートをお楽しみ下さい。


■実施日:2007.9.16〜17
■場所:信州蓼科高原 シャレータカトー
■参加者:海外含めて72名
■サイクリングコース:
9月16日:シャレータカトー〜ビーナスライン〜ンパノラマ展望台〜スズラン峠〜白樺湖〜大門街道〜芹ケ沢〜ビーナスライン〜シャレータカトー
走行・約30km 標高差:上り下りとも約800m

9月17日: 蓼科湖周辺ポタリング 走行:約 5km
※ 夜の宴会翌日の朝のポタリングの様子はこちら

■シャレータカトーにて

着いて早々、地黒団子奈さんのこの車に本当に驚きました。最新のトレンドにJOSランプ。粋ですよね。(笑)

続々と参加の方々が到着します。

早速あちこちで自転車談義が始まります。

出発時間になり、走る方の点呼を取ります。

スタッフに配られたスタッフ用ウィンドブレーカー。まあ目立つようにとの配慮ですね。当日は暑くて着られませんでした。

いよいよビーナスラインに出てスタートします。宿の前の坂は結構急坂になっております。

■シャレータカトー〜白樺湖

初っ端からいきなり上りです。少し走って休憩します。
女性も年配者の方もいますので無理しません。

坂道ですが皆さん愉しそうに走っています。

アメリカからのボブさんです。TOMはどういう風に感じたのでしょうか?(笑)今日のTOEIは借り物ですが、今オーダー中だそうです。

車の中には冷たいドリンクが・・・・・・

休憩第1ポイントの様子です。当然ですが、自転車はほとんどTOEIの素晴らしい車ばかりです。

さらに黙々と登ります。その先には・・・・・・

パノラマ展望台に約1時間で到着。大体計算通りです。しかし曇っています。

展望台で拝見したO氏の素晴らしい車。ウ〜〜〜〜ン
溜息でした・・・・・・・

展望台で集合写真を撮影。ハイ、皆さん、並んで〜〜〜!!

天気の良い日にはこのように見えます。左は八ケ岳、正面は南アルプス、右には中央アルプスも見えます。 撮影・2007.7.28

本日のピーク、スズラン峠目前。

レーサーのお3方が「それいけ〜〜〜〜〜!!」
「逃げたぞ〜〜〜〜〜!!」

はたしてTour de TATESHINA山岳ポイント賞はどなたの頭上に輝いたのでしょうか?(笑)

スズラン峠から下って後続を待ちます。

さて、白樺湖に着きました。ちょっと休憩です。

当日の白樺湖。 スワンボートが浮かんでのどかな風景です。

広い場所に移動してここで記念撮影をしました。

さて、大門街道に出て帰ります。

■白樺湖〜芹ケ沢〜シャレータカトー

大門街道は豪快な下りで写真撮る暇無し!!(笑)
ここで旧道に入ります。

さあ、全員揃いましたか?

ここは旧道ですね。得意の後ろ向き撮影です。

途中から雨になり、写真が残っておりません。宿には予定通り4時半あたりには着きました。

途中の芹ケ沢を過ぎたあたりからポツポツ来ていいよポンチョを着る羽目に・・・・・・で着て走っていたら小止みになってまた脱いだり・・・・と忙しいサイクリングになりました。でずっと登りです。最大10%くらいのところもあります。なんとか乗って行きましたが、押して行く方も見えました。蓼科湖のところで私は翌日の下見へ。ぐるっと廻って何とかコースを組み立てて宿へ。せっかく磨いた愛車がちょっと濡れてしまいました。置く場所も無さそうなので車の中へ。こうしてなんとか1日目のサイクリングを終えることが出来ました。さあ、お次はメインイベントのディナーや大抽選会、講演会など愉しい夜の部が待っています。どんな夜の部だったのか、次へをクリックして下さい。

■夜の部〜2日目は次へをクリックして下さい。 

2007.9.21