TOM2005・TOEI50周年記念パーティー

今年2005年は東叡社が上野で故・打保梅冶氏によって設立されてから実に50年目の節目の年であります。いつものTOMですと昼間は走るサイクリング、夜は宴会パーティーということで1泊2日の日程で行われますが、今回は発祥の地上野・精養軒でパーティーのみが行われました。

今回の大きな目玉は歴史的名車の'57年製TOEIランドナー、'59年製、'61年製のブルーバードがほぼ完全な形で21世紀の今日甦った・・・・という事でしょうか?詳しくはまた別にレポートしたいなあと考えています。それではTOM2005・TOEI50周年記念パーティーのレポートをお楽しみ下さい。


■2005.9.17 川口新工房にて まず前日からのレポートです。

川口新工房にて。これで2回目の訪問です

ハンドルのニスを天日で乾かしていました

あれっ!!この車はTOEIブルーバード!!
'59年製の車が現代に見事に甦りました

展示車の工作をしている☆野さん

TOEI社に着いたのは10時過ぎあたりでした。明日は50周年記念パーティーがあります。展示車の工作や最後の仕上げをしていました。でオーダーの方も一人見えました。奥方にはナイショの事でしたので名は伏せますが・・・・(笑)着いて目に入ったのがなんと、'59年製のあの懐かしい名車・TOEIブルーバードです。
FNoはなんと500番台、部品もキャリアなどはムクからパイプなどに替わってはいますが、ほぼ当時の姿を甦らせていてその勇姿を現代に伝えるには充分な凄い出来でした。

以前ならば恐れ多い存在でとても御一緒には撮って頂けなかったTOEIの皆さんとの記念撮影。7月より入社のosakaさんも入ってもらえました。どうも有難うございました。


■9月18日 TOM2005・TOEI50周年記念パーティーの様子です

TOM2005実行委員長koizumi氏のご挨拶です。この後TOEI社前社長ogoshi氏、大阪・hanada氏、東京・hasegawa氏などご挨拶があり、スタッフのkikuchi氏のFNoに関する説明がなされました。労作で貴重な資料といえると思います。

ズラリ揃ったTOEIの名車達

いや、至福の一時でした

ひときわ光っていたのが・・・・・これ
’57年製自転車文化センター所蔵TOEIランドナー。
もう約50年前の車ですが、カンティーブレーキ、バーコンなど装備、当時のTOEI社の先進的な車造りは驚かされます。
ほぼ当時のままでした。

歴史的名車・TOEIブルーバードとその所有者
のUGの兄♭♭♭氏とsuzuki氏

昼食は豪華なビュッフェスタイル。
沢山頂きました

まだ若い20代のosaka氏。期待しています

恒例・TOEIグッズの販売。TOEIストラップ
(茶色)なんかはあっと言う間に売り切れ

約100名のTOEIオーナー、ファン、関係者の方々との記念撮影

なごやかに談笑・大変楽しかったです

3つあったTOEIフレームオブジェの1つを当てた
GAMIさん、ご満悦でした。良いなあ〜〜

TOEIの皆さんに花束の贈呈。これからもより良い車造りを期待しています

最後にスタッフの紹介。撮影:GAMIさん

今回のGOODSの1つ、TOEI社より
ご提供のマーク入りサコッシュ。

恒例ピンバッジは50周年記念の
ゴールド色。

2005.9.19

編集後記

国内の自転車のメーカーでこれほど多くの方々に愛され、ファンの多いメーカーも少ない・・・のではないでしょうか?これは一重に技術の高さ、精度の素晴らしさ、工作の確かさ、どれを取ってももはや世界No1のメーカーと言って良いかと思います。
ユーザーと一緒になってより良い車造りをしているそんなTOEIのファンになってもう30数年以上が経ちますが、ますますTOEI社の発展を祈りたい・・・・と思っています。今年は念願の新しい方も入られました。若いまだ20代のosaka氏ですが、このTOEIの伝統を立派に受け継いで行って欲しい・・・・と思っています。
今回、FNo96の'57年製ランドナー、'59年製、61年製ブルーバードが展示されましたが、これこそNC誌あたりで詳しく特集して頂けたら良いのになあ・・・と思いました。また後日詳しくUPします。来年のTOM2006は関西方面で走る会になるとの事です。どしどし参加よろしくお願いします。最後まで見て頂きまして有難うございました。