No90

2016.2.14

1982 TOEI Promenade

■編集後記

今回のプロムナードという車種ですが、いや、贅沢なマシンだと思います。小生も余裕があったら欲しかったのですが、余裕が無くて未だに入手出来ていません。主な使い方としてはまあ走る予定のない天気の良い休日で午後からブラッと走り出して行先はごく近所で公園とか、はたまた知り合いの親しい人を訪ねるとか、そんな具合で行きつけの喫茶店ではお気に入りのメニューをオーダーして優雅な午後のティータイムを愉しむためのマシン・・・・とでも言ったら良いのでしょうか?小生の近くの名古屋辺りではモーニング喫茶が有名なんですが、あのあたりこういうマシンで有名店を廻ったらさぞかし面白いかな?と考えています。まあ別のマシンでも可能ですが、そこはやはり専用マシンの方がちゃんと絵になって様になるかなと考えています。もう少し年を取ってサイクルツーリングリタイヤしたらこういう遊び方も有りですよね?・・・・という訳でこういうマシンまたぞろ欲しくなってしまいました。


                              戻る        TOP

■チェーンホイール:

クランクはSUGINO Mighty Competition 165mm

チェーンリングはCampagonolo Record 46T


チェーンケースはSimplex になっています。本来はバンド締めなんですが、TOEI工作で直付になっています。前チェンジが付くWT用もあってこれはシングル用ケースです。

■マッドフラップ

自作と思われます。やはり雨天や水たまりがあるのを考慮して有った方が良いと思われます。

1982 TOEI Promenade 仕様表

 フレーム tube: Reynolde531  size:520mm TOP:540mm Original "B"cut Lugs
 ヘッド小物  TANGE LEVIN
 ハンガー小物  SIGINO DX
 クランク  SUGINO Mighty Competition 165mm
 リング  Campagnolo record 46T
 Rメカ  Campagnolo Sport
コントロールレバー   Campagnolo Record
 ペダル  Lyotard♯460
 チェ-ン  SHOMANO UG
ガード  HONJO
 タイヤ  Grand Bois Renade 650× 32A
 リム  ARAYA 26× 1・3/8
 スポーク  ETOILE
 ハブ  Campagnolo Nuovo "TIPO" LFQR 36H
 フリー  REGINA Extra 16× 18× 20× 22 4speed
 サドル  BROOKS B17 Competition Standard
 ピラー  Campagnolo Record 26.8mm
 ブレーキアーチ  YOSHIGAI Gran Compe
 ブレーキレバー  MAFAC Inverse
 ハンドルバー  PHILIPPE
 ステム  NITTO Pearl 90mm
 グリップ  SOUPLE
 ベル  Universal
 ダイナモ  Soubitez 12N
 ヘッドランプ  VITALUX 52
 リフレクター  HOSHIO Original

■リフレクター

リフレクターはHOSHIO オリジナル。
リフレクター自作をされる方がいるようでHOSHIOIオリジナルと
いうモデル。初めて拝見しました。

■ダイナモ

Soubitez 12N。小生もいくつかな?数個愛用しています。今は貴重品になってしまいました。

■ヘッドランプ

ヘッドランプはVITALUX52。
取付台座はTOEIオリジナル。ランプに補強板が取り付けられています。

■美しいヘッド付近。

チューブはReynolds531

ラグはオリジナルBカット。そうか・・・・☆野さんはBカットがお気に入りだったんですね。

ヘッド小物はTANGE LIVIN。一見、Campagnolo Record Pistaに見えますね。

ステムはNITTO Pearl 90mm。


直付けのベルはUniversalです。

■Rメカ

'40年代のたぶん世界最初のパンタ式チェンジ、Campagnolo Sportです。キャパが小さくて8T前後ではないかと思われます。このチェンジの2プーリー式にしたものがGran Sportでキャパは13T前後、'50年発表でそれまでのタケノコ式とは一線を画した性能でしたが、保守的な選手からは認められるまでに約10年もの年月が必要でした。

■コントロールレバー

Campagnolo Record シングル。
通常のダウンチューブではなくてTOPチュ-ブに取付けられています。散歩用車では前かがみにはならないのでこの位置が扱いやすいですね。

このマシンの1番特徴的なハンドル部分。ハンドルはPHILIPPE。握りの部分が戻っているのでTOP長さやステムは長めのものが必要になります。今井編集長が同じバーを使用されていてステムは140mmを使用されていたのが想い出されます。ブレーキレバーはMAFAC インベルセ(逆レバー)。

■後ハブ

やはり前と同じでCampagnolo Nuovo TIPO。本来クイックなんですが、ピストシャフトに交換されています。

■ブレーキアーチ

ブレーキアーチはYOSHIGAI Gran Compe。
☆野さんは極力国産部品を採用という方針のようでブレーキアーチにおいても吉貝のブレーキアーチを採用されています。小生は吉貝製品は昔GC450を使用した事があります。品質も素晴らしいですね。

■前ハブ

当初はSHIMANOがついていたようですが、gentullioさんによってCampagnolo Nuovo TIPOに変更になっています。でクイックからピスト用シャフトに変更していますね。

このプロムナードは、東叡社の星野さんが自分用に制作しものを譲り受けました。 御自分用に制作されたこの車両は、フレームは特殊工作を満載した物ではなく、パーツ選びも機能を重視した物です。よって、一見すると凝った自転車に見えませんが、しかし、細部にこだわりをもった車両です。

例えばサンプレックスのチェーンケースは、46T用に合わせるため一部をカットしてアールを手直して溶接して仕上げてあります。リアーエンドはトーエイオリジナルエンドは使わずにシマノUFを削り込んでオリジナリティをだしていたり、改めて細部を見と、見えないこだわりに気が付いた箇所が多々ありまた見えない拘りに気づいた箇所が数多くありました。

酸いも甘いも噛み分けた人が作ると、この様な車両になるのでしょう。
星野さんには怒られるかもしれませんが、カンパ好きの僕は譲り受けた後に、シマノ部品をカンパニョーロに一部交換しました。交換したパーツは、ハブをシマノデュラエースLFからカンパニョーロ・ヌーボティポLFへ、ピラーをシマノ・デュラエースからカンパニョーロ・レコード2本締です。

所有物になって、「裏勝り」という一見地味な着物の裏地の部分に凝った模様を入れるなどして楽しんでいた江戸の粋を、感じさせられました。

■SPECIAL THANKS : Gentullioさん

タイヤはGrand Bois Renards 650×32A。リムはARAYA 26× 1・.3/8

■サドル

サドルはBROOKS B17 Competition Standard。
'60年代レース用のサドルで当時の最高級のものです。
'60年代後半からUNICAなどメンテ不要のサドルに取って代わってしまいました。

ピラーはCampagnolo Record 2本締めの旧型のものです。
径は26.8mm。

■ペダル

ぺダルは散歩用ですので気軽に乗れるLyotard♯460ラットトラップです。幅広でどんな靴でも乗れますね。

このマシンの特徴的な部品のSimplex チェーンケース。ダウンチューブとシートチューブにボルト締め用の台座が直付けになっています。粋ですよね。で46Tのギヤとカーブが合わないので1度切り込みを入れて再度溶接してキチッとカーブを合わせてあります