東海・関西圏最大級すべり台・高見峠へ                                    2013.11.10

自転車に乗っていて愉しいと感じるのは多分追い風や下りではないかと思いますが、それがずっと続くとしたら・・・・・・???今まで信州他大抵の峠は走破して来ましたが、灯台元暗しで地元三重にこのあたり(関西・中京・東海地区)では多分下りが最長と思われる峠があります。その名は・・・・・「高見峠」です。峠から松阪まで63km、手前に瀬戸峠という小さな峠が一つありますがそれ以外は下りもしくは平らです。榛原から峠までは新道で25km、実に7割程度が下りもしくは平地で今回は11月2日に行きましたが、西風が強く吹く11月後半〜12月あたりはもっと快適かも知れません。浜松にいた頃冬に豊橋に輪行で行って帰り強い西風に乗って浜松まで走った事がありましたが、いや、実に快適でした。前々から行こうと計画していて去年デモンターブル作った事だし時期も良くなって1度走ってみようと暑くも無く寒くも無い11月の上旬を選んで走りました。最初の予定では高見旧峠を行く予定にしていましたが、峠手前で道の崩落があり現在通行止めです。かなり大規模な崩落で今後しばらくは通行できないと思われます。仕方なく新道を走って来ましたがそれでもずっと続く下りで快適でした。距離は約88km、榛原からは丁度1日の行程でなかなか愉しいコースではないかと考えています。途中旧和歌山街道の赤桶・珍布峠を行く予定でしたが時間が押していて今回はカットしてしまいました。また次回行くことを考えています。

■走行:2013.11.2
■コース: 近鉄榛原駅〜古市場〜鷲家〜杉谷〜新トンネル〜波瀬〜道の駅飯高〜小片野町〜瀬戸峠〜JR松阪駅
■走行距離:約88km

■走行コースマップ

■プロフィールマップ







(625m)

(320m)

(5m)

(150m)

全走行距離:88km

■出発〜高見峠

    榛原駅にはAM8:40着で9時過ぎ出発。

←久々の輪行は近鉄松阪駅から。ウ〜〜〜〜ッ輪行袋が重い!!

榛原の街を後にして宇陀川を渡ります。

榛原から高見峠までは約25km程。午前中には着く予定。→

芳野川に沿って走って古市場へ。昔の街並みが残っていました。
このような古い街並みはランドナーが似合います。何て言う街道かな?と調べてみましたが・・・・北側に伊勢参宮本街道、南には和歌山街道(伊勢街道)があって連絡道ではないかと思っています。

     たかすみ温泉まであと9km。毎年厳冬期の高見山へ行くのにここを通っています。


←佐倉峠にて。ここで親子連れのサイクリストに出会いました。父と娘さんでいや、良い感じでした。ウチの娘は・・・・・どうやら自転車には興味ないようです。トホホ・・・・・

関西のマッターホルン、高見山が見えて来ました。春秋厳冬期ともう何回と無く登っています。特に厳冬期の霧氷で有名な山です。↑→

杉谷です。高見山の登山口の集落で2回ほどここから登りました。

              ここからの道は伊勢街道になっていて高見旧峠に続いています。→

杉谷のバス停。真冬はここから登山者が多数高見山へ登ります。バスは榛原から出ています。

                      高見旧峠への分岐。もちろんここから行きます。→

バックは高見山でここで記念撮影。でランチとしました。

←旧道は通行止めでなんと鉄条網も張り巡らしてあって厳重に通れないようにしてありました。トホホ・・・・仕方なく新道を行くことにしました。

■高見峠〜道の駅飯高

旧道から新道への連絡道です。向こうに紅葉の高見山が見えています。今頃は錦色に染まって大変美しいです。

高見トンネルです。初めて行きました。

三重県に入りました。ここまで来たら・・・・・フッフッフ・・・・・あとはずっと下りONLYです。
マシンも快走仕様だし、時期と言い、コースと言い、後はビュー〜〜〜〜〜〜〜ンと・・・・・・・・・・→

立体交差部分を通過して行きます。

←R166名物ループ橋。

峠から少し下った場所にある「虹の泉」なる不思議な陶器ワールド。

                     前に見える山は局ケ岳(1029m)以前一度登りました。→

道の駅飯高到着はPM3。あまりゆっくりもしてられません。この分だと松阪到着はPM5あたりになりそうです。ランプが要るか要らないか微妙な時間になりそう・・・

松阪手前の瀬戸峠。そんなに標高はありません。

←横野にて。和歌山街道はここで伊勢参宮本街道と合流します。右が伊勢参宮本街道。前に走りました。

松阪郊外の旧和歌山街道です。当時の蔵が往時を偲ばせてくれます。

松阪市内の和歌山街道。ちょっと薄暗くなって来ました。

伊勢参宮街道と和歌山街道の分岐の道標。右は和歌山街道で真っ直ぐは参宮街道になります。

PM5時過ぎ予定よりやや遅れてJR松阪駅に到着しました。久々の輪行ツーリングでチト疲れてしまいましたが・・・・・いや、愉しかったです。

■編集後記

あの暑い夏はいつの間にやら去ってしまって秋を通り越して冬になろうとしています。丁度良い時期と言うのは長くは続かないものですよね。11月になって年間で一番好きな季節になったので前々から考えていたコースを走って来ました。プロフィールを見ると良く分かるのですが、とにかくこのコースは下りが長いです。で標高が高い榛原から出発するのが賢明で逆コースはなるべく避けて下さい。でレポ−トにもありますように高見旧峠は現在通れません。今後何年かは通れないと思います。航空写真で見たら土砂崩れは100m以上でちょっとやそっとでは通行可能になるとは思えず、通行可能になるのは相当かかると思われます。で新道を行く事になりますが、それでも結構愉しいコースになります。車の交通量はそれなりにありますが頻繁と言う訳でもなくまあ普通に走れるのではないでしょうか?距離的にも1日で充分走れるコースです。あまりペダルを踏まなくて走れてしまうと言うのは愉快なものです。冬の偏西風が強い時期と言うのはまだ試していませんが、1つやってみようかな?と密かに考えています。

■道の駅飯高〜JR松阪駅