2016.9.29

台湾ツーリング2016 玉里~花蓮

先に出発して馬太鞍渓という川を渡ります。

たぶん追いついてこないかなあと・・・・と思っていたら・・・・・しばらく走って追いつかれてしまいました。

写真右にキッチンがあって自炊できます。小生の場合夕食はもっぱら外食で朝は何とこの値段で朝食が付きます。写真はその朝食でいや~~~~~驚きました。で・・・・なんと食べ放題!!メニューは・・・・菓子パンと食パン、サラダ、フルーツ1個、ティー・・・・となっています。有り難いですよね。

日本語担当のスタッフの方。いろいろ助けて頂きました。本当に感謝です。このホステルは英語台湾語日本語など飛び交っていました。

PCは2台で英語と台湾語表示でしたがこの方にお願いしたらスッと日本語表示にしてくれました。

花蓮ワオホステルです。ここでは海外から結構来ていました。従ってスタッフも英語日本語台湾語など話せる人が複数人います。

共同キッチンが有って洗濯機も備えてあってゆっくり出来ます。小生は2泊して洗濯して街をブラブラしました。ホステルは昼間は部屋を空けないといけない(連泊でも)ので否が応でも必然的に街散歩と相成りました。

花蓮の街まであと3km。高雄からもう4日連続で走ったので例によって連泊します。洗濯したり街をブラブラしたり・・・・・

木爪渓橋を渡ると花蓮です。今日も結構早く着きました。

寿豊(ショウフォン)郡に入りました。

「一緒に写真撮ってよろしいですか?」とその中の1人の男性が・・・・・この方中々のイケメンでした。マシンとかウエアとかカラーコーディネートとか決まっていましたね。写真リクエストは今回の台湾ツーリングでは何回か有ってやはり親日だと感じました。

言葉が話せたらもっといろいろ自転車やサイクリング、台湾その他の事おしゃベリ出来たのになあ・・・・・・残念!!

台湾はフルーツ天国です。どうやらパパイヤらしいです。1面に沢山実っていました。

5月9日宿泊の玉里 Golden Flower B&B(1200TWD)部屋もきれいで広くて大変良かったです。もう連日暑いのでAM5時半頃朝食なして出発しました。

7-11で休憩していたら地元のサイクリングクラブのクラブランらしくて・・・・・・マシンは圧倒的にGIANTでした。

この辺から台湾最高峰玉山(3952m)が見えるかなあと思っていたのですが・・・・雲で全然見えず。この山を登るには許可が必要で事前に申請する必要があります。近いし技術的に難しくないので是非登ってみたいです。

台9号から見るとこんな具合。広い公園になっていました。

この登りで台湾ツーリング2回目のパンク。今度は前輪でした。あと予備チューブは1つです。今回もタイヤ自体にはダメージは無く・・・・・・良かったです。

5月10日の朝、台南の葵氏と7-11でバッタリ出会いました。この辺ではここしかコンビニが無く・・・・・時間も上手い具合に同じでまた会えて良かったです。

■5月10日 玉里~花蓮 走行:90km
宿泊:花蓮ワオホステル 1泊533TWD (約1812円) 

■5月12日 花蓮~太魯閣~羅東レポートは次へをクリックして下さい。





                          戻る      TOP      次へ

食堂で朝食風景。手慣れた人は材料を買って来て朝食作っていました。

翌11日は休養して洗濯したり街をブラブラしたりしました。自転車も整備して・・・・・・12日の出発に備えました。

東側北回帰線記念碑です。上の方に矢が刺さっていますが、あの向きなんでしょうね?

向こう側が玉里でB&Bの方向です。最寄りの7-11コンビニは早朝の為?まだ閉まっていました。そのコンビニで昨日は早く着く過ぎたのでランチを食べながら時間をつぶしていたのですが・・・・・・

次の7-11のコンビニに入ろうとしたら・・・・・あれっ?どこかで見たマシンが・・・・なんと台南の葵氏です。彼もまた朝食の為ここに来ていました。「やあやあ・・・・・」という訳でちょっとおしゃべり。台南に住んでいる事、彼女がいて将来は結婚する・・・・という事でした。

このころは小生日焼けで顔は凄いことになっていました。トホホ・・・・・腕は1回剥けています

さあ花蓮は台9号線を真っすぐ、約90kmです。

朝の早い時間は涼しくて快適です。距離もはかどり・・・・・・

白線は環島(台湾の事)一周自転車道になっています。車も来なくて安全快適。

朝の柔らかな光が・・・・・・・・・

峠越えのようです。段々高度が上がって行きます。





←遅い車は右側(外側)を走れということらしいです。

葵氏と記念撮影。彼は小生の為に日焼けしないようにアームカバーとレッグカバーの在庫を店員に聞いてくれました。生憎ここには無くて・・・・・この心遣いが嬉しかったです。

彼とは3回目の出会いでここから以降は会えませんでした。