2016.5.28

■はじめに
2006年に韓国ツーリングに行って早10年が経ちました。あれから行こう行こうと思っていてなかなか行く機会が無くて・・・・・今年になってしまいました。行こうと思ったきっかけは・・・・・・韓国の次はやはり近くて食べ物が美味しくて気軽に行ける台湾かなと思っていて700Cランドナーをデモンターブルに改装したのも大きいと思います。分解が簡単で車種が快走系なので距離も稼げます。当初はFバッグと背中にデイパックあたりで済ませようと思っていました。ところが・・・・・やはり南国台湾です。多分暑くて荷物はマシンに全部載せた方が快適、という訳でCarradiceサドルバッグと専用サポ-ターを入手しました。Carradiceの良い所はマシンに特別なダボやらキャリアやらが不要でサドルワイヤーに取り付けという点とクイック機構がついていてワンタッチで脱着可能という点です。容量は15L、今回の約2週間の台湾ツーリングには大きさもピッタリでこれを装備してTOEIデモンターブルで行くことにしました。

今回の台湾ツーリングでは去年の暮れあたりからプランニングして日程と予算を割り出して今年の1月には休暇を押さえました。航空券は早目の2月に予約購入しました。ホテルですが、今はPCから世界中のホテルを自分で予約出来る凄い時代になりました。ですので自分で全部手配しました。使用マシンは大事な大事なTOEIデモンターブルですので一番信頼している航空会社JALを今回利用、今回のツーリングの為にちょっといろいろ装備を揃えて出発日に備えました。地図ですが・・・小生の場合、良い地図が入手出来ず、1/386000のおおまかな地図で行くことになりました。が、あまり問題なかったです。台北の書店でも探しましたが詳しいのは大きく厚くてちょっと適当なのがなかったです。で台湾は世界一の自転車生産国だけあって自転車環境には力を入れていました。台湾一周自転車道が去年の暮れ出来て幸運にもその道を走る事が出来ました。

■台湾一周サイクリングロード


■走って見て

予想以上、期待以上で素晴らしかったです。食べ物はい美味しいし、台湾の人々は皆親切でいろいろ世話を焼いてくれます。景色も良くて見所も多数あって物価は安い、自転車は電車にそのまま載せられます。ただ・・・・時期ですが、小生が行った5月は日本の真夏で凄く・・・・暑かったです。小生思うに・・・・11月~3月あたりがまあベストシーズンかなと。春~夏はくだものが豊富で道端の露店で多数販売しています。

■日程

5月1日  中部~台北 
5月2日  台北~新竹  走行:80km
5月3日  新竹~台中  走行:約100km
5月4日  台中~嘉義  走行:約100km 
5月5日  嘉義~高雄  走行:約110km
5月6日  休息日
5月7日  高雄~車城  走行:約90km
5月8日  車城~台東  走行:約100km
5月9日  台東~玉里  走行:約80km
5月10日  玉里~花蓮  走行:約90km
5月11日  休息日
5月12日  花蓮~羅東  走行:約100km
5月13日  羅東~台北  走行:約80km
5月14日  台北
5月15日  台北~中部                                                 総走行距離:約930km

■台南のサイクリスト葵氏。

8日目台東で出会いました。彼もまた台湾1周サイクリングをしていて所々で出会いました。マシンはGiant。彼はゆっくりマイペースで走行していましたね。彼女の写真も見せてもらいました。この写真は3回目に出会って「じゃあ写真一緒に是非撮ろう」と撮影したものです。彼、一周出来たのかな~~~~~???

台湾ツーリング2016

台湾ツーリング2016

走行MAP

■使用マシン

■北回帰線標塔

嘉義市の南にあります。ここで亜熱帯と熱帯に分かれます。熱帯は5月上旬でも大変暑かったです。これは西側ですが太平洋側にもあります。

■観光夜市。ここは高雄の新堀川観光夜市ですが、台湾に来て夜市巡りは外せません。大体PM6~夜中までやっています。美味しい台湾の屋台料理がいろいろ愉しめます。

美味しい台湾屋台料理。
大変美味しくて値段もそう高くないです。

■高雄85ビル

高さ378mと高雄で1番高いビル。展望台からの眺めは素晴らしいの一言です。

9号線沿いの家族経営鉄工所の方々

その台東の宿へ行くのに道に迷ってしまって・・・・・9号線沿いの家族経営の鉄工所で道を聞いてみたら・・・・・なんと家族総出で助けて頂きました。お姉ちゃんはスマホで地図を出してくれてお父さんは宿と連絡を取ってくれてお蔭でその日無事に宿へ着けました。「いろいろ有難うございました。」と別れの図です。後ろでおばあちゃんがニコニコ笑っています。

■地元のサイクリスト氏

名前は聞かなかったのですが、10日玉里から花蓮へ行く途中で出会いました。彼はレーサーで速かったですね。「一緒に写真撮ろう」とお互い撮り合ってお互いの健闘を称え合いました。

へばっていたら載せて行ってくれた柳氏

12日太魯閣の先でこれで登りは終わりかなと思って前をひょいっと見たら・・・・太魯閣以上の急坂が続いていて・・・・宿への到着は夜かなと覚悟してトボトボ押して歩いていたら・・・・VWの大きなバンが止まってなんと、載せて行ってくれました。

サイクリングツアー関係の仕事をしている柳氏でトボトボ押して歩いている小生を見て・・・「これは助け舟を出さなくては」と思ったそうで車の中でつたない英語でいろいろお話しました。「気を付けてな!!」と別れの図です。


車の中で日本ファンの柳氏、石川さゆりの演歌(CD)をかけてくれました。
「演歌素晴らしい~~~~~!!」大好きなんだそうです。

■羅東の7-11の方々

お店に入ってドリンクを買っていたら・・・・「日本の方ですか?」「ちょっと日本語で話して良いですか?」と。なんと日本語が凄くお上手で「日本に行ってみたい」とか「静岡に行った事あります」とか日本談義に花が咲いてしまいました。台湾の方々はどうやら日本に憧れがあるみたいでした。こんなにモテたのは人生で初めてかな?おかげでこの先の急坂も頑張れました。(笑)

■台湾美人と2ショット

出発前、是非台湾美人と2ショット写真なんか撮れたら良いのになあ・・・・・と漠然と思っていましたが・・・・・・何と何と8日目台東へ行く途中の峠頂上でその台湾美人さんと出会いました。

彼女英語堪能で小生が台湾一周サイクリングの話をしたら・・・・「素晴らしい!!」「是非一緒に写真撮りましょう!!」という段になり・・・・・いや、これだけでも台湾に来て良かったです。彼女の「Welcome to TAIWAN!!」の一言が印象的でした。

■出発~台北は次をクリックして下さい。



                            戻る      TOP       次へ

■太魯閣の絶景 やはり東側の太魯閣のあたりは絶景でした。素晴らしいですが・・・・・太魯閣の先が凄い急坂で参りました。

■見ておきたい台湾名所をいくつか

1987TOEIデモンターブル、来年30歳の小生の愛しい大事な伴侶です。2012年700Cランドナー → デモンターブルに改装。

■お世話になった方々