2000  TOEI  SPORTIF  MILLENNIUM  Special Model

TOEI2000年記念モデルです。主にフランス、イタリアの部品を使用してバランスよく上品に纏まっていると思います。カラーは・・・・ご存知、HONDA F1 RA272のカラーを採用しています。

このマシンの企画は・・・・そう、'97〜'~98年頃でしたかね。後から聞いたのですが、自転車博士N氏が2000年を記念してTOEIで限定仕様モデルを製作しませんか?と各地の主にNC誌等で活躍されている有名ベテランサイクリストの方々に呼びかけをして何台か製作されました。条件がいくつかあり、たとえば年齢は40歳以上、変速機は箱型パンタ式、クランクは5アーム、ヘッドランプはSOUBITEZ型のアルミ製を必ずつけるとか、フレームカラーはこの1パターンだけ、限定マーク採用とか他にもいろいろありました。
で確か自転車のタイプはスポルティーフだったと記憶しています。この条件で10何人?の方々が製作したのですが、当たり前ですが、それぞれ全部違う銘柄、仕様のマシンが出来上がりました。このマシンはその中の1台です。それではオーナーのコメントです。

TOEI2000プロジェクトのうちの1台です。
98年頃に、N氏の発案で、TOEIの2000年記念事業としての限定モデルをつくりませんかとの呼びかけで出来たものです。限定10台との設定でしたが、誰に声かけするかはN氏の独断?で決められました。年齢はその時点で40歳以上のTOEIオーナーで、過去から長年東叡社と親交のあった人を対象とするとのことでした。ただそれの該当者でも、N氏の把握していない人には声かけがなかったかと思います。何で自分には声かけしてくれなかったとの方もあろうかと思いますが、そういう事情と、あまり多くては限定の意味がなくなるのと、東叡社へも負担がかかるとのことだったのではと思います。

ただ、本件については統一美を目指すために、多くの“しばり”があり、それらの条件を承諾する必要があることから、束縛?を嫌う方は断られたかもしれません。
この“しばり”はいくつもありましたが、カラーは、アイボリーホワイトに、ヘッドがレッドのツートンで、それ以外は認められませんでした。(このカラーは、ホンダのF1カラーからきているようです)フレームパイプは、丹下のNO.1かNO.2に限られ、特殊工作は写真通りの内容で統一されています。ヘッドマークはロジウムメッキの特製、ロゴマークも今回限りの特製のもので、常のオーダーでは指定できないようになっています。ステムも今回のみの特製で、ヘッドランプは軽合のヘラ絞りでの特注品です。パーツでの“しばり”は、クランクは5アーム、サドルはブルプロ、ブレーキはマファックコンペティション(裏向けてTOEI2000刻印を入れる)、ダイナモはソービッツ12DN、リフレクターはBS(保安基準品)を付けることとか、様々な制約事項がありました。

そして、全てのオーダーが出揃い、10台+α?の製作が同時進行され、同時に全て出来上がりました。全て並んだときは、非常に壮観でしたが、これらの“しばり”を各自が思い思いにクリアーしたことから、統一美の中にも、それぞれの個性がうかがえ、楽しい結果となりました。

■Special Thanks: U野さん

斜め前から。このマシン、どの角度からも非常に美しいです。部品同士のバランスはもとよりたとえばガードの長さ、ステーの位置、ピラーの出具合、ブレーキレバーの位置、リフレクターの位置、アウターの長さやバランスなど組み立ても素晴らしいです。つけ入る隙がまったくなく、「完璧な」素晴らしいマシンだと思います。

チェーンホイール。

クランクはStronglight Super Competition63。
リングは同トリプルで50×45×38。

FメカはSimplex LJ23、もちろんバッジ付のものです。
チェーンは入手困難なブラントン。

Rメカ。

RメカはSimplex Juy Export61。あの有名なJuy Record60の次のモデルです。Simplexはタケノコに秀出ていたばかりにパンタグラフでは1歩他のメーカーよりも出遅れてしまいました。

フリーはSimplex 14×16×18×21×24。

ハブはCampagnolo Gran Sport LFQR。フランジはアルミでバレルはスティールの3ピース構造のハブ。しかしながら・・・・このハブはFB製というのは有名な話ですね。

サドル。

サドルは例の縛りでBROOKS Professionalに決まっています。小生も、いくつか買って使いました。

ピラーはSimplex 27.2mm。

ブレーキアーチ。

これも指定部品になっています。
MAFAC Competitionで裏返しにして"TOEI"の文字をl刻印しています。このブレーキアーチは初期のもののようです。

ちらっと見えているテールランプはTOEI オリジナル。

ハンドル付近。

ハンドルバーは曲がり、リーチからもうお分かりですよね。
PHILIPPE Professionnelです。

ステムは指定部品でTOEI2000オリジナル90mm。
このステムは良く出来ていました。

ブレーキレバーはCampagnolo Record。

Fキャリア付近。

Fキャリアは通常の7mmパイプのようです。
直付のヘッドランプはSoubitezに見えますが・・・・実はTOEI がヘラ絞りで作ったという、アルミ製で指定部品です。ちょっと目には全然分かりません。

ブレーキアーチはMAFAC Competition旧型になっています。

ヘッドバッジはロジウムメッキの特別製。

ぺダル。

ぺダルはCaqmpagnolo Record。
頑丈で精度も良く長く使えるペダルだと思います。

クリップはCHRISTOPHE、ストラップはBINDA。

美しいヘッド付近。

チューブは丹下No1、ラグはTOEI オリジナルAカット、ヘッド小物はCampagnolo Record PISTA。

ステムは指定部品のTOEI2000 90mm。
ステムに直付けのベルはソネット。


フォーク肩のマークはTOEI 2000専用マークです。
ダウンチューブのWレバーは入手困難なSimplex Juy Recordです。

ハブ。

ハブはCampagnolo Gran Sport。
フランジはアルミ製、バレルはスティール製の3ピース構造。
クイックシャフトはSimplex。

2000 TOEI SPORTIF MILLENNIUM Special Model 仕様表

完璧なバランス、このマシンどこから見ても・・・・非常に美しいと思います。

フレーム tube:TANGE No1 TOEI original Lug c-c:530mm top:545mm
ヘッド小物 Campagnolo Record PISTA
ハンガー小物 Stronglight Competition
Wレバー Simplex Juy Record
Fメカ Simplex LJ23
Rメカ Simplex Export61
クランク Stronglight Super Competition63
チェーンリング Stronglight 50×45×38
チェーン Brampton
ペダル Campagnolo Record Strada
クリップ CHRISTOPHE
ストラップ BINDA
マッドガード HONJO
タイヤ MUTAN 700×23C
リム MAVIC Criterium 700C 36H
スポーク DT 1.8mm
ハブ Campagnolo Gran Sport
フリー Simplex 14×16×18×21×24
クイックシャフト Simplex
サドル BROOKS Professional
ピラー Simplex 27.2mm
ブレーキアーチ MAFAC Competition
ブレーキレバー Campagnolo Record
ハンドルバー PHILIPPE Professionnnel
バーテープ TRESSOSTAR
ステム TOEI2000 90mm
ベル SON-NETT
ダイナモ SOUBITEZ 12DN
ヘッドランプ TOEI 2000
テールランプ TOEI Original
リフレクター BS
ボトル TOEI original
ボトルケージ TOEI Original
ポンプ ZEFAL Competition Campagnolo adapter

ダウンチューブ。

ZEFAL Competitionのポンプはフランス国旗色(トリコロール)になっています。
フレームカラーとマッチしていますよね。

ボトル、ケージはTOEIオリジナル。

■編集後記

今回もまたU野さんに素晴らしいマシンをご紹介して頂きました。いつも感心するのですが・・・・・U野さんのマシンはどのマシンもアッセンブルが決まっていて組み立ても素晴らしいですよね。今回のマシンも制約が多いにもかかわらずにこのような纏まった素晴らしいマシンになったと感じています。
まあこのマシンの募集があった'98年頃は小生も7台ほどすでにTOEIオーナーでまたNC誌にもいくつか紀行文を投稿していてこの企画の資格は充分にあったと思うのですが・・・なぜか話は来ず・・・・・トホホ・・・・・もう1押し何かが足りなかったのだと思っています。(笑)
この後は「T社50周年記念オーダー企画」なるものが発表されてこれはオープンだったと思います。フレームカラーは3色になり、縛りもゆるやかになりました。これもどういう訳か小生には縁が無くオーダーはしていません。
その次の企画は多分・・・・T社60周年記念?はたまたゴッドハンド☆野氏引退ラストオーダー???どのような企画になるのか興味深々です。次の企画も多分、他人のオーダーを見るだけになるのか・・・・・???それでもあと1台程度はオーダーするつもりです。今回の取材にあたりオーナーのU野様には全面的にご協力頂きました。この場をお借りしまして厚くお礼申し上げます。最後まで見て頂いて有難うございました。

2010.11.19

No62