2011.6.18

■各部品を選ぶ

2台目自作PC組み立てました

TOTAL: 48661

小生はよく多趣味だねえ・・・・と言われます。アウトドアではサイクリングや山歩きがメインですが、インドアでは読書に映画鑑賞、博物館めぐりに航空機ウオッチング、クラシック音楽鑑賞(コンサートも良く行きます)、クラシックギターそして・・・・最近ではこの自作PCに嵌っています。何が面白いってウ〜〜〜〜〜ン、ちょっと考えてみましたが・・・・やはりなんといっても自分の理想とするPCを自分の選んだ部品で自分自身で組み立てて愉しみながらだんだん仕上げて行く(完成して行く)過程が凄く面白いですよね。

一点一点部品を選んで思い通りの性能の部品構成で組み立て出来る自作PCですが、PCと一口に言ってもその人(オーナー)の要求する性能は様々であり、たとえばメールやインターネットが出来てyou tubeの動画なんかがストレスなく見られたらOKと言う方や反対にHD動画を撮影して映画並みに編集したいとか、迫力ある3D映像のPCゲームを愉しみたいとか言う方はスペックの高い高性能のPCにする必要があります。ちょっと前にPC専門誌で採算度外視で今手に入れることが出来る部品で最高性能のPCを組み立てたらどうなるか?という大変面白い企画があってこういうのは凄く興味があり、以下の構成部品は今現在(2011年6月現在)のほぼ最高性能の部品でPCを組み立てたらどうなるか?ということで私なりに選んでみました。ちょっとご紹介してみると・・・・

※あくまで目安であり、参考程度でお願い致します
■CPU: INTEL Core I7 990X Processor Extreme Edition (約88K)
■マザーボード:  ASUS Rampage V Extreme  (約42K)
■メモリ:DIMM  DDR3  PC3-12800 4GB×2   TOTAL 8GB (約6.9K)
■グラフィックボード:MSI N590GTX-P3D3GD5 ×2 (約 160K)
■HDD: HITACHI/IBM 2TB SATA600 (約8.3K)
■光学ドライブ:ブルーレイ BAFFALO BR3D-PI12FBS BK (約14K)
■ケース: ミドルタワー COOLER MASTER CM690U (約14K)
■電源: ATX 12V 1200W (約32K)                                    TOTAL:約365.2K(ハードのみ、OSソフトなし)

・・・・・このPCの性能ですが、CPUは3.4Ghzが6コア、1度に12スレッド処理可能、ターボブースト時は3.73Ghzになります。メモリはDDR3  PC3-12800  4GBが2本装備で計8GB、読み込みは瞬時、HDDも2TBが1つしか書いてないですが、最大6個装備可能、12TBにすることも可能です。でグラフィックボードは今入手可能で最高パフォーマンスを発揮するGeForce GTX590(GPU)を搭載したMSI N590GTX-P3D3GD5を2つ装備、まずどんな3Dゲームでも臨場感と迫力のあるパフォーマンスが約束されます。・・・・・・とまあ、ちょっと考えて見ましたが(笑)普通の方々には全然必要の無いもので、夢のまた夢のマシンです。実際に所有している方いるのかなあ・・・・・・・???

今回小生が組み立てたのは上記マシンの正反対の「いかにコストを抑えて性能はそこそこのマシンを組み立てるか」という事を最大の目的として出来るだけ廉価な部品を選んで「使えるPC」を目指したものです。一頃と比べて今では自作の方は確実に増えつつあり、小生もこの1人です。なんといっても自分で選んだ部品を自分で組み立ててちゃんと動いて世界に1台だけの自分だけのオリジナルPCを所有できるのは格別な喜びがあります。これからやってみようという方の参考になれば幸いです。

※priceは参考程度でお願い致します。

サブPC部品一覧

■CPU

INTEL Pentium E6500      \6760

今回のマシンのテーマの1つは「出来るだけ廉価な」というのがありますので今ではあまり使われて無いLGA775ソケットのPentium E6500としました。

デュアルコアであり、2.93Ghzと速さもまずまずです。
左はCPUクーラー、パッケージの上にあるのがCPUです。

■マザーボード

BIOSTAR G41 M7     \4970

前のマシンはASUSでしたが今回はBIOSTARの製品を選びました。LGA775ソケット、メモリは最大DDR2 4GBです。

チップセットはG41 / ICH7で画像出力機能は装備されています。中には画像出力できない(上級モデルに多い)マザーボードありますが簡単な確認方法として後ろのインターフェースを見るとすぐ分かります。またチップセットG41のGはGraphicのGでやはり画像出力可能を意味しています。

廉価なマザーボードなので解像度は1024×768で今時の16:9モニターにマッチしませんが、グラフィックボード取り付けで1920×1060 16:9表示が可能になります。

■メモリ

ノーブランド DIMM PC6400 2GB×2    \5150

安く上げるため、バルク(ノーブランド)のDDR2 2GBを2枚購入。メモリはマシンのパフォーマンスに関係あります。出来るだけ多め、で速いものを載せると読み込みは速くなって早く表示できるようになります。

32Bitでは3GBしか認識しないのでこれ以上のメモリを載せても無駄になってしまいます。64Bitは理論上は128GBまで認識可能です。今後は64Bitのマシンが主流になると確信しています。

マザーボードにCPU、CPUクーラー、メモリを取り付けた所。ケースにマザーボードを取り付けてからは仕事がやりにくいので前もって組み立てておきます。この状態で電源、モニターにつないで起動テストを必ず行います。

最小限の状態で起動テストをします。これで何も表示しなかったらこの構成のどこかに不具合があります。このテスト無しに全部組んでしまって全然起動しなかったら全部バラす必要があり、このテストは重要です。幸い無事起動しました。

■起動テスト

■HDD

HITACHI/IBM  SATA300  500GB    \3459

今HDDの容量はすごく大きいのが普通で最初入手したPCの3.2GB('97製)とは隔世の感があります。で40GB→120GB→500GB→で今度のマシンも500GBです。


ただ個体によって回転音は違うようで前の500GBのモデルは凄く静かでした。今度のこのモデルは音がやや大きいです。

■光学ドライブ

BAFFALO  DVD MALTI  SATA 24×    \2970

ブルーレイにしようとも考えましたが・・・・今はDVDドライブは凄く廉価になっています。書込みも出来て3Kしません。

■カードリーダー

OULTECH  FA507    \1886

昔はフロッピードライブが装備されていましたが、今はなくなってカードリーダー装備するようになりました。定番のOWLTECHの製品を選びました。40種類のメディアを読み込むことが出来るそうです。

■ケース

AOPEN H360G-300BT     \7096

小生、昔からスリムケースのファンで(笑)このケース専門に組んでいます。普通はミドルタワーあたりですが・・・・???

いかにコンパクトで高性能かというのに興味があります。この大きさで高性能のPCを組むのは全然問題なく、注意点としてはマザーボードは
microATXになるということ、高性能のCPUでは放熱性に留意するということ位ですかね?

■OS

Windows7 Home Premium 32bit DSP版    \13000

今は市販マシンも64bitであり、次のマシンでは64bitで組む予定。
もう1年以上Windows7でやっていますが、なんとか慣れました。(笑)使い勝手はやはりXPの方が分かり易かったですね。メールはインストールしなければならず、やや不便。OS自体は前のVISTAに比べてスリムになっているせいか、立ち上がりは速いです。

■グラフィックボード

玄人志向 RH5450 LE512HD    \3370

この部品は後から購入したものです。最初はなしで組み立てましたが、21.5'モニターのインターフェースがHDMIなのでメインとサブPCを共通のモニターで使用できるようにしたいと考えました。

これがないと1024×768サイズで表示されます。取り付けてドライバーをインスト−ルすると1920×1060 16:9で表示が可能になります。

 部品名  型番  price
 CPU  INTEL Pentium E6500        \6760
 マザーボード  BIOSTAR G41 M7    Tipset : G41/ICH7 
 \4970
 メモリ  ノーブランド DIMM PC6400 2GB×2      \5150
 HDD  HITACHI/IBM  SATA300  500GB      \3459
 光学ドライブ  BAFFALO  DVD MALTI  SATA 24×      \2970
 カードリーダー  OULTECH  FA507      \1886
 ケース  AOPEN H360G-300BT       \7096
 OS  Windows7 Home Premium 32bit DSP版      \13000
 グラフィックボード  玄人志向 RH5450 LE512HD      \3370

■組立、セットアップ編は次へをクリックして下さい。