2018.7.26

2年前、台湾ツ-リングに行ってその時に現地サイクリストに最新カーボンロードバイクに追い抜かれてしまって現代の最新マシンの実力を思い知りました。小生が自転車始めた時はもちろん当時の最先端マシンだった訳ですが・・・・個人的に'50~'70年台フランスマシンが1番美しく感じられ、ずっとそれで来ていました。若くて体力があるうちは何も問題なく疑問も持たずに乗っていましたが・・・・・だんだん齢を重ねて体力が落ちてくると・・・・・そんな時期に台湾に行って帰ってから早速最新カーボンマシンなるものを入手しました。サイクリストの中には何というか、昔の伝統的マシンしか乗らない方もいますが・・・・・小生は・・・・

■最新マシンの機能と性能も是非体験したい
■今より軽いマシンが有ったら是非試してもっと楽に快適に愉しく走りたい
■良い物は時代は関係ない

・・・・・・・・という考え方で伝統的マシンのみに固執はしません。今よりより以上に軽くて楽に走れるマシンが出現したらます試してみよう・・・・・というスタンスです。でカーボンマシンの性能に驚いて最近はこのマシンばかりで今までのTOEI Sportifの出番がちょっと無くなってしまいました。出番が少なくなった原因は他にもあって「ギヤ比が高くて坂道を上がれない」というものです。以前はTA Professional 48×43で14~22T 5speedでした。平坦なコースだったら良いのですが・・・・・改造プランとしては①全体的にギヤ比を下げる②5速を6速に変更③その他気になってい部分に手を入れる・・・・というものです。このマシンはもう38年選手で今のラインナップの中では1番の古株です。気に入っているマシンなので手を入れて乗りやすくして末永く乗りたいと考えています。

結果的にメンテナンスは大成功、ギヤ比も低くなって凄く乗りやすくなりました。久々にこのマシンに乗りましたが、完成時の感激がよみがえって来ました。やはり軽く走れるSportifは良い物ですね。今後とも大切に乗って行こうと考えています。




                                戻る      TOP

旧東海道庄野宿にて。

■試走 2018.7.9

昔プラモデル作りを行なっていたので工具類や道具類とかいったものは今でも所有しています。エアーブラシもコンプレッサーもあるので赤色以外をマスキングして塗装します。

3本のうち右はOKですが、左2本は赤リングが色褪せています。ちょっと何とかしたいなあ・・・・・・・

リフレクターですが、やはりこれかなあと・・・・・・キムラのリフレクターを購入して来ました。

現状は14~22 5speedです。これを6速に戻します。最初は6速でGran Sportを使用する為に5速にしていました。

手持ちのTAシクロツ-リストの歯から46×32を選択。せっかくなので歯を洗ってきれいにします。ついでに他のマシンの歯も外して洗います。洗ったら組み上げてマシンに取り付けます。もちろんチェーンも洗います。

■ハブを6速にする

まず最初にチェーンホイ-ルを外して歯を交換します。
このアダプターは完成当初からの部品でした。最小歯43Tはやはりチトきついです。

TOEI Sportif  メンテナンス

典型的なSportifのスタイルだと思います。若い頃はこういうギヤ比でも問題なく走っていましたが・・・・・・リヤは14~22 5速です。交換部品はチェーンホイルをTA ツーリスト46×32に交換、リヤ5速→6速14~24にしてRチェンジをCampagnolo Gran Sport→Nuovo Recordに変更。

■今までのスタイル

ブラブラ走って亀山城址まで来ました。特に不具合は無くて快適に走れます。ギヤ比はランドナーのそれですが・・・・・・もう快走もチト難しい(ハッキリ言ってポタリングかなと)ので全然問題ないです。

Campagnoloの角付きアダプターのゴムキャップは劣化が早いですよね。以前は純正の角付きアダプターのゴムキャップが売られていて小生も購入していたのですが、いよいよ在庫も無くなり・・・・・・仕方なくモノタロウさんから5mmドリルカバーキャップをオーダーしました。で送られて来ました。おっ!!なかなか良さそうです。

↑手持ちのREGINA Extraのストック歯から適当に選びます。ボディーは共通で5速TOP歯にもう1枚つけて6速にしています。結局14~24 6速にしました。




←只今リムをフリー側に寄せています。作業自体は簡単です。センターゲージで確認します。椅子はキャンプ用のものでピッタリでした。

Campagnoloのハブの構造は簡単でこの場合、左側のスペーサーをフリー側に持って来ます。これで6速になります。しかしながら・・・・・リムをロックナットのセンターに持ってこないといけないという、ややメンドーな作業がありますが、やってみると意外と簡単です。

チェーンホイール リング交換

ちょっとにわか雨に降られて戻って来ました。「荒神山の決闘」で有名な荒神山観音寺です。神戸の長吉と桑名の穴太徳の賭場争いの喧嘩で次郎長一家の吉良の仁吉が応援に来ましたが・・・・・穴太徳側に鉄砲で撃たれて死亡、これを聞いた次郎長は東海道筋の傘下の博徒たち480名を集めて船で伊勢湾を渡って仁吉の仇を討とうとしますが・・・・・???

亀山城多門櫓にて。唯一往時の雰囲気を残している建築物です。

ギヤ比も低くなって乗りやすくなりました。かなり良い感じです。坂道も上がれるので走るフィールドも広くなると思います。

完成。リング色と先端キャップを直しただけですが、何か見違えるようです。手を入れて良かったです

長さはやや短いですが、純正とそう変わらないように見えました。純製は最初は水色でしたが、その後濃い青色になりました。写真のドリルカバー色とほぼ同じ色です。

只今塗装中。塗料は例のTREK Emonda SL6の修理で使用した赤色の残りがあるのでそれを使用しました。

出来上がり。赤色がビシッと決まると締まって見えます。

■AD-HOCポンプ

以前のフランス製から交換しました。やはりこちらの方が高級感がありますね。

6速になりました。チェンジも交換してストローク調整、チェンジに問題ないか確認します。Nuovo Recordはキャパ23Tでギリギリでしたが、動作に問題無いようです。

■リフレクター交換