スペイン・アンダルシア紀行

マラガは地中海に面していて港町です。あの有名なピカソの生まれた街としてあまりにも有名で是非生家や博物館を見たいと思っていました。

■ マラガ  ピカソの生まれた街を訪ねて

グラナダからマラガへはご覧の様に鉄道は有るにあるのですが、大回りで時間もかかってしまいます。で、今回初めての経験になってしまったのですが、バスで行くことにしました。スペインはバスも便利で各方面に便が出ています。
今回小生が乗ったALSA社のHP

http://www.alsa.es/

グラナダのバスターミナルは街から離れています。カテドラル前からNo3番、33番行きのバスに乗ってターミナルへ行きます。

グラナダ・カテドラルです。
この前の通りにバス停があります。市内へはどこでも1.2ユーロの一律料金。

No3のバスターミナル行きのバスです。
これに乗ります。前乗り後ろ降りで料金前払いです。

エステシオン・デ・オートバス・デ・グラナダです。マラガへは1時間に1本バスの便があります。

マラガ行きはALSA社のバスで行きます。
並んでチケットを購入します。例のRenfeと同じメモに書いて渡したら・・・・スンナリOKでした。

グラナダ〜マラガは10.43ユーロです。

マラガ行きのバスはこの車。
座席は自由で快適でした。グラナダ〜マラガ間は約130km程度で2時間弱のバスの旅です。

途中の車窓風景。
見渡す限りオリーブの木が続いています。でマラガまで直行かなあ・・・と思っていたら何箇所かに寄って客を拾って行きます。行くコースはA92という高速道路です。

Renfeマラガ・マリア・ザンブラーノ駅です。バスのエステシオンはこの向かいで隣通しで助かりました。

お昼だったので駅で先ずは腹ごしらえ。

で地中海を見たくなって海の方へと行きました。マラガの市内の様子です。→

マラガ港にて。この海岸線はCosta del Sol(太陽の海岸)と呼ばれています。

■マラガでスリに遭ってしまいました。トホホ・・・・・・
いや、よもや自分がスリの被害に遭うとは思ってもみませんでした。後から気がついたのですが、スペインは失業率24%、若い人は半分仕事が無いそうです。でその手口ですが古典的なもので2人組、女の方が道を聞いてきて広げた地図の下でもう1人の男がユーロの財布を(円の方は無事だった)・・・というものです。別に旅行には影響はなかったですが・・・ちとガッカリしてしまいました。大好きなスペインなのですが・・・ここで教訓「日本人は隙だらけ、狙われている!!」 ハイ、反省しています・・・・(外国で向こうから自分に近づいて来て変だと思ったら無視、避ける、もしくは逃げるのがまず無難です)

でしばらくしてからやられた事に気が着いて、Policiaを探してあたりをテクテク歩いて探しましたが・・・・そういう時に限って無くて時間もどんどん経ち仕方なく諦めることにしました。幸い日本円やパスポート、航空券、カードなどは別の場所にしまってあり無事で冷静に考えて旅行は続けられるというのが分かったので、まず落着こうと自分に言い聞かせました。とりあえず円をユーロに替えて・・・・・ひとまずホッ!!

写真はマラガ・カテドラルです。


■ Isaac Albeniz スペイン組曲 作品165 第3番
"Maraguena"


原曲はピアノですが、ピアノ+チェロの2重奏です。
※マラゲーニャとは「マラガの女」と言う意味です。

マラガ市内は観光馬車が走っています。馬は目隠しされていておとなしいです。

今日の泊まりはマラガEurostars Astoria で綺麗なホテルでした。

■翌日はいよいよピカソの生家と美術館見学へ行きました。

イスラム側の城、ビブラルファル城です。手前は当時の劇場?ですかね、観客席とステージがありました。

ピカソ美術館入り口。もちろん見学して行きました。

                              ピカソの1939年の作品(絵葉書)→

美術館近くのショップは・・・・・ピカソ他の作品が多数売られていました。

ピカソの生家です。(2階部分)中は博物館になっています。↑→

ピカソ美術館のパンフ。
中は結構広かったです。ギャラリーは11くらいあって警備員がそれぞれの部屋に立っています。もちろん写真撮影はNG。

ピカソ生家の前のPlaza de la MERCED 。マラガの旧市街にあります。

近くのミハスで行われる闘牛とフラメンコショーの案内。

マラガで異様に長いバスを見かけました。2台分の長さがあります。

マラガには1泊して次の街、コルドバへはAVANTで向かいました。さあ、コルドバではどんな事が待っているのか・・・・・・???

■コルドバ旅行記は次へをクリックして下さい。

2012.7.22