スペイン・アンダルシア紀行

小生のオスタルがあるConde de Romanones通り。 向かって左側にAlbol del Japonがあります。  

マドリッドは計4泊しました。まあ本当は今回の休暇全部マドリッドで過ごしても多分素敵な体験が出来るのでは?と考えています。マドリッドはスペインの首都で人口は約300万。 旧市街は昔ながらの街並みが残っていて散歩するだけでも愉しいですね。さて、昨日は遅くに宿へついたので朝から散歩としゃれ込んでみました。とにかく腹ごしらえです。スペインは"Bar"と呼ばれる酒屋兼食堂兼喫茶店みないなお店が多数有って朝早くから開いています。まあオスタルから程近いマヨール広場へと行ってみました。   
   

■マドリッド

マヨール広場のバルで朝食。まあ大体朝食はこんな感じで軽い物でした。スペインは朝が遅く朝食は大体AM9時以降に食べていました。


バルのメニューです。でこのお店は外に写真付のメニューが載っていて助かりました。(笑)朝食は3ユーロ前後でOKでした。

朝のマヨール広場。この時はまだ人は少ないですが、すぐに観光客がどっと押し寄せて来ます。広さは122m×94mで周りにはバルやお店が並んでいます。

■マヨール広場は大道芸のパラダイス

マドリッドマヨール広場は世界中から観光客がやって来ます。それを目当てにこれまた世界中から大道芸人たちが大集合!!

左の写真は1番人気だった、アラブ風の2人組で上の人を下の人が棒1本で支えていて間には何もありません。これを1時間くらいやって休憩してまた行うのですが・・・・・トリックは分かりませんでした。






↓休憩に行く時は布をかぶせて分からないようにしています。

ブロンズ像のパフォーマンス。服も持物も全部金色に塗って20〜30分じっとしています。見ていてタイヘンそうでした。(笑)

声を赤ちゃん声にする笛を鳴らしていて最初は面白かったのですが・・・・・(笑)

さすがはスペイン、闘牛のマタドールとフラメンコダンサー姿で
記念撮影!!小生は相手がいなかったので・・・残念!!→

■マドリッドの自転車店

マドリッドアトーチャ駅から程近い場所にある自転車専門店。品揃えは抜群でプロショップです。店舗も広くて展示台数も非常に多かったです。

ちょっと見てみましたが、部品類はほぼSHIMANO製で日本製品が世界を席巻していました。完成車もNISHIKIなどありました。

↓中も拝見させて頂きました。スペインでお店に入る時は「Hola!!」と言って入るのが礼儀です。(笑)出る時は「Gracias!!」ですね。

ショーウインドに展示してあった、ツーリング用マシン。
前後サイドバッグ装備でキャンプツーリングにも出かけられそうです。下の方にはBROOKSサドル他用品関係もありました。

■プラド美術館

GOYAのブロンズ像がありました。人気の程が分かります。

■ソフィア王妃芸術センター

マドリッドアトーチャ駅前にあるソフィア王妃芸術センター。ここもピカソ、ダリ、ミロその他の作品が展示してあって素晴らしいです。上の作品は有名なピカソの「ゲルニカ」で第2時世界大戦の際にドイツ軍によるスペイン北部の街ゲルニカ無差別爆撃の惨状を描いた貴重な作品。(絵葉書)

プラド美術館の正面玄関です。収蔵作品は8000点以上、どれもが精密に描かれていて全然見飽きませんでした。ゴヤ、エル・グレコ、ベラスケス、ルーベンスなど当時の一流画家の作品がズラッと展示されていてじっくり見たら1日かかってしまいます。

←左のyou tubeはあのAndres Segoviaがプラド美術館GOYAの絵画の前でE・Granados作曲 "La Maja de GOYA"を演奏している様子です。
E・グラナドスはやはりスペインピアノ演奏家兼作曲家であの世界的ピアニストのAlicia de Larrocyaが師事した先生でもあります。


ちなみに・・・使用楽器は"Jose Ramirez" V世でSegoviaがコンサートで使用して世界的に有名になりました。

有名な"La maja de GOYA" (絵葉書)

■あの有名なJose Ramirezのお店にとうとう行って来ました。

このJose Ramirez抜きでクラシックギターは絶対語れません。日本で1番有名なスペイン製ギターであり、今回のスペイン訪問の1つの大きな目的でした。行けて良かったです。場所はオスタルから歩いて10分くらいの近い場所です。最初行ったら祭日で閉まっていましたが、別の日は開いていました。

ショーケースの中のJose Ramirez。クラシックとフラメンコがあり、また廉価版からウン百万の超高級ギターもあります。アマチュアの方は大体数十万〜程度のものを使用していますよね。→

ウ〜〜〜〜ン、どれか1本欲しかったのですが・・・・いわゆる一流演奏家が使用するコンサート用の楽器はウン百万でとてもとても・・・・ちなみに名古屋のギター専門店で全種類オーダー出来ます。でここは店舗で工房は別の場所なので明日来い・・・と言われましたが・・・・工房見学はかなわず!!残念!!トホホ・・・・・

■マドリッド アトーチャ駅で・・・・

アトーチャ駅へ明日のカンポ・デ・クリプターナへのチケットを買いに行きました。駅前は大きなロータリーになっています。

アトーチャ駅です。大きな駅で地下鉄が乗り入れていて近郊路線とAVEなど長距離路線入り口は別になっています。

順番表示板。駅に来て最初に順番の札を取ってここに表示されるまで待ちます。最初は・・・・これが分かりませんでした。でAとBがありますが、Aは当日券でBはそれ以外だったと思います。Puestoはカウンターナンバーです。renfe切符はカードで買えて便利でした。買い方はメモ用紙に書いて渡してOKでした。

それにしても・・・・renfeの切符って大きい!!(横幅20cm)

アトーチャ駅は植物園みたいでした。→

■マドリッドでの食事

朝は大体マヨール広場のバルで食べていました。コーヒーとトーストですね。

これは最初の昼食でやはりマヨ−ル広場にて。写真付メニューが
あって助かりました。

夕食ですが、何とマドリッドに日本料理店があって行って見ました。屋号は「DONZOKO」と言います。(笑)店員はスペインの方ですが、板さんは日本人でいや、非常に美味しかったです。、またしても・・・カツ丼をオーダーしてしまいました。(笑)ちなみに・・・・カツ丼は9ユーロでした。

■カンポ・デ・クリプターナへ

マドリッドに2日滞在してカンポ・デ・クリプターナへと向かいます。
電車ははアルバセテ行きに乗ります。6番線から発車します。

アルバセテ行きMDが入線して来ました。→

カンポ・デ・クリプターナの駅。無人駅で誰もいません。ここからホテルまではテクテク歩いて行きました。

■カンポ・デ・クリプターナは次へをクリックして下さい。

2012.6.9