スペインアンダルシア紀行                                                          2013.11.3

1872 TOLEDO

スペインアンダルシア紀行も残すところこのToledoだけになりました。ここに1泊してマドリッドに戻って1泊、そして・・・・3週間ぶりの日本へ向けてフライトです。前のレポートのアビラとこのトレドは直前まで予定に入ってなくて急遽行こうとホテルも手配して行って来た訳ですが、行って良かったです。この2つの都市は歴史がある街で、日本で言うと鎌倉や倉敷・・・・みたいな街です。このトレドは有名な画家のエルグレコの住んだ街として有名で、上のアングルの絵画が有名です。街には彼の博物館や生家があって見学出来ます。
中世からの街で当時の城壁は今なお残り、映画に出てくる甲冑や剣、ナイフなどのお店もいくつか有ります。日本刀を販売しているお店もあってちょっと驚きました。上の写真は2013年現在、下の写真は19世紀のものですが、今とあまり変ってないのが良く分かると思います。このトレドで是非こういう事をしてみたい、何か見学してと等アイデアは特になかったのですが、ブラブラ見て歩くだけでも結構愉しいものでした。またこの頃は日本食が恋しくなっていて美味しいもの何か食べたいなあ・・・・と思っていたら・・・・なんと中華レストランがあって大感激!!いや、美味しかったですね。2日間共通いました。(笑)ホテルにもレストランはあって「今から夕食食べに行く」と言ったら「ウチにもレストランはあるよ」と言われましたが・・・・いやいや、もう・・・・全然違うって!!(分かってもらえないのが歯がゆい) そんな日本食がちょっぴり恋しくなったToledoレポートです。

■5月15日〜16日 トレド  オスタル パラシオス (泊)

2013 TOLEDO

TOLEDO 案内MAP   (クリックで拡大します)

アビラからマドリッドに戻りましたが、駅がチャマルティン駅でトレド行きの電車ははアトーチャ駅から出ます。チャマルティン駅→アトーチャ駅は地下鉄で移動します。写真は自動切符販売機。
初めてなので良く分からず前の人の操作を見ていました。で無事に切符買えました。ホッ!!
日本のとはかなり違っています。

マドリッド地下鉄路線図。 ChamartinからAtochaまで乗ります。結構緊張しました。乗り過ごしたら大変です。Atochaからトレド行きの電車が出ます。

このMDで行きます。乗り換え無しで直通で助かりました。

               トレドに到着。観光客が多数いました。→

写真を撮っていたら駅員から「早く改札を済ませなさい」と怒られてしまいました。

イスラム風のトレド駅。歩いても旧市街までは近いです。→

ちょっと遠回りをしてカレーラ通りです。途中で昼寝してしまいました。気持ちよかったですね。

昔の城壁の入口です。ここから旧市街に入って行きました。→

こういう甲冑のお店はいくつかありました。で剣や盾、槍なんかも扱っています。日本ではちょっと見られませんよね。

昔の城壁が残っていていや、凄いです。

この教会は・・・・サン・イルデフォンソ教会。カテドラルの近くの教会です。

←トレドは昔の街なので狭い路地が大変多いですね。

ナイフショップにて。小生は山用のビクトリノックス所有しています。いや、凄い種類ですよね。

街のほぼ中心に位置するカテドラル。古い街は中心に大抵あって時の鐘の音が響いています。ここで小一時間昼寝をしました。(笑)

今日の泊まりは・・・・街のほぼ中心にあるオスタル・パラシオスです。レストランテもやっていて朝食は食べましたが・・・・・夕食は見つけておいた中華料理店です。

トレドの中華レストラン「恒瑞隆」です。日本人と中華はやはjり良く合いますね。サービスしてくれた女の子は小生とは英語と日本語、従業員仲間とは中国語、電話がかかってくるとスペイン語で応対、驚きました。メニューはチャーハンとワンタンとうどんをオ−ダー、今までの鬱憤を晴らしました。このお店に2日間通いました。味もなかなか良くて良かったです。スペイン人には合わないのか、店はガラガラでちょっと勿体無い???

翌朝の朝食です。パンはあと2つくらい欲しかったですが・・・・・???中華レストランでお昼は豪華に食べる事にして・・・・・

オスタルの前の通りです。、狭い通りを車が行き交います。トレドは一方通行が多かったですね。→

■5月16日 2日目

"FARMACIA"は薬局です。スペルや発音なんかも英語と似ています。

朝、観光客のまだいない間に散歩としゃれこんでみました。ブラブラ歩きも非常に愉しいですね。

トレド南側ホタ川向かいのパラドール・デ・トレド。ここから見た写真がTOP写真です。
トレド全景が愉しめます。

トレドにて小生。今回スペイン旅行は・・・・まあ1回アクシデントがありましたが、なかなか実りの多いものとなりました。あと・・・・3日で懐かしい日本です。

エルグレコの生家で博物館になっています。多数の観光客が来ていました。

←土産屋で、女性はフラメンコダンサーで男性はマタドールです。今思えば記念に1つずつ買っても良かったですね。いかにもスペインって感じです。

  トレドの北側、城壁をくぐるエスカレーターです。トレドをぐるっと一周しました。



←重厚な感じのサンファン・デ・ロス・レイエス教会。ウ〜〜〜〜ン、歴史を感じました。

有名なエルグレコ博物館。見て行きたかったですが・・・時間がなく今回はカット。残念!!

お昼時になり例の中華レストランへ!!場所はもう分かっています。(笑)

メニューは・・・・昨日のうどんが美味しかったのでまたオーダーしてしまいました。具が沢山乗っています。

食事後駅へ向かっているとCelloの美しい音色が・・・・・
曲目はしかも・・・・J・S・.BACH Cello組曲  第1番 BWV1007ではないですか!!この曲はギター用にも編曲されていて小生もなんとか弾けます。

今回スペインに行って驚いた事の1つにストリートパフォ−マーのレベルが非常に高い・・・・ということでした。この方も左のyou tube ミッシャ・マイスキー張りの素晴らしい演奏で・・・・・思わず聞き入ってしまいました。自分のCDもちゃんと販売していて腕には相当自信があるのかなとお見受けしました。

you tubeは J・S・Bach BWV 1007 Prelude、演奏はチェロ界のイエスキリストの異名を持つ超有名演奏家ミッシャ・マイスキーの若い頃の演奏です。この12月日本ツアーで名古屋にも来ます。

美しいトレドの夕暮れ。ウ〜〜〜〜〜ン、トレドは素晴らしい古都でまた行って見たいですね。さあ、あと2日で懐かしい日本です。

■帰国レポ−トは次へをクリックして下さい。