2016.1.9

新春サイクルミーティング2016

昔はダートだった最初の登り。結構勾配があります。

我々はAM8時過ぎに到着、大介さんに続いてたぶん2番目かな?湾岸走ったお蔭で随分早く到着しました。

くりくりさんも早く到着していて1番新しいRene'HERSEを拝見させて頂きました。奥は連番のkatoさんのRene'HERSE。色や部品構成なんかほぼ同じでサイズはちょっと違いますが他はほぼ同じで文字通り兄弟車でした。

AM9あたりから奥の方で我クラブのトン汁の用意が始まりました。人数も分からず適当に野菜を切って行きます。大なべに水を入れて沸騰させてまず火が通りにくい大根やニンジンから・・・・というのを手伝いに来てくれた主夫(?)の方から教わって・・・・・いや、この方野菜の切り方や要らない捨てる部分、煮もの際の順番等々普段からの経験が・・・・凄い!!恐れ入りました。小生は昔ながらの「男子厨房に入らず」を地で行っています。テキパキ出来たらカッコ良いはと思っているのですが・・・・・

だんだんできて来ました。あとは味噌を入れるだけ・・・・・???

AM10~いよいよ始まりました。参加者は90と数人程度だったようです。目の前は抽選で当たる景品の数々です。写っていませんが右の方に桜島大根が何本かありました。

今回初参加の方々の挨拶。12名程度でした。我が三重からの参加者の方も見えましたね~~~~~!!

小生の抽選で当たった景品。これ、欲しかったんですよね。パンクの際のCO2ボンベです。今携行しているサイクリストの方々多いですね。これでなんとか人並みになれたかな?

ZEUS2000さんのSuper Champion チェンジのマシン。
年代はCampagnolo Cambio Corsaとほぼ同じ'40年代あたりでキャパはあまり大きくは無いです。お店でショーケースの中に有ったのは見た事ありますが、完成車に装備されているのは初めて拝見しました。

出来上がったトン汁。この時期、有り難いですよね。小生2杯もいただいてしまいました。美味しかったです。

全員で集合写真。昔は主催者の1人,、Suzukiさんが各人に送ってくれていました。

清々しいスタート風景。いつもの風景ですが・・・・ランドナーが約90台以上も連なって走る様子は壮観の一言です。

今年で第21回目となる新春サイクルミーティングに参加して来ました。参加人数はだんだん多くなる傾向にある今年は何と90と数人!!静岡や飯田、京都大阪奈良神戸などの関西からも多数の参加者がありました。やはりこれだけの参加者があるという事は内容はハッキリ言って同じなんですが今年も元気で自転車関係の友人や懐かしい人と会う良い機会で開催の意義はおおいにありますよね。行けば知り合いと会えるし情報交換や新作自転車発表、他愛ないおしゃべりなんか非常に楽しいですよね。で抽選があってもれなく全員何か当たります。スケジュールは午前中は歓談や情報交換、おしゃべりやランチ、集合写真撮影が主で午後からランです。北南2コースがあって今回は去年と同じ北コースでした。で3年位かな?中断していた我クラブ謹製のトン汁が今年登場、たぶん今後やって行くものと思われます。走り終わってからは大阪UGの兄♭♭♭さんたちによるコーヒー駄菓子の臨時喫茶店が開店して遅くまで多くの方々が歓談していました。

■開催:2016.1.3   愛知県昭和の森公園 AM10~

今回の注目車、kiyaさんの700C TOEI Randonneur。
例によって取材してあります。後日ファイル公開の予定です。お楽しみに。

恒例UGの兄♭♭♭さん他有志メンバーによる臨時喫茶店の開店です。いつも毎年コーヒーやお菓子、駄菓子など頂いて他愛ない話をして愉しかった1日が過ぎて行きます。いや、今日は天気も良くてほとんど無風、暖かくて凄く良い日でした。こんな日もそうは無かったと思います。

K三峠の下りで大介店長とUGの兄♭♭♭さん。

別名K三峠。何回来ても急坂で2年前26×26を装備してようやく乗って上がれるようになりました。この程度のギヤ比は今や必携になってしまいました。

さて、このコースで1番の急坂、K三峠へと向かいます。

アイズ大介店長のAlex SiNGER。素晴らしいマシンで650B Gran Tourism、カラーはちょっと見はブラックに見えますが良く見ると濃緑メタのようでした。ここで自転車談義の肴になっていました。

喫茶川澄屋でいつもの休憩です。ここでも自転車談義で非常に愉しいですね。

さあ出発、喫茶川澄屋を目指します。

昔の三河広瀬駅駅舎の跡です。

今は廃線の三河広瀬駅で休憩。止まったら自転車談義です。これがまた・・・・非常に愉しいですね。

頂上近くです。遊歩道の入口がありました。

昔jこの辺に高い木の並木があったのですが・・・・なんかなくなってしまいましたよね?

■編集後記

毎年の恒例行事ですが、この年齢になるとあと何回出られるのか・・・などとつい思ってしまいます。参加する事はなんでもないような感じですが、どっこい、最低限本人はもとより家族も健康で(看護などがなくて)整備されたマシンを持っていて仕事も休みで、家族の理解があって・・・・etcいろいろな条件が揃わないと参加出来ません。年齢を重ねるとこの条件を満たすのは少しずつ難しくなって来ます。小生の場合はなんとか雪で中止になった第7回以外は皆勤で本当にラッキーな事だと考えています。普段から節制をして1回でも多くこの新春サイクルミーティングに参加出来たら・・・・・と考えています。参加の条件はただ1つ、「ガード付マシンで」というものです。このレポートを見て参加してみたいという方は「ガード付マシン」で毎年1月3日昭和の森AM10~からとなっております。どうぞよろしくお願い致します。


                                  戻る       TOP

全員無事に戻って来て主催者によるお開きの挨拶です。
参加された皆さん、盛り上げて頂いて有難うございました。来年もよろしくお願い致します。

最後の休憩。列の長さは100m以上。年に1回の壮観といえると思います。今回は休憩も少なくPM3前にはスタート地点へ戻りました。

左のN氏のマシンは今は亡きSuzukiさんの TOEI Sportifです。何回かこのマシンでSuzukiさんとご一緒しました。右の方はSuper ChampionチェンジのZEUS2000さんです。

今回唯一のタンデムで参加のアイズご夫妻のRene'HERSE シャントルータンデム。巡行速度はソロよりも格段に速いです。