新春サイクルミーティング2013

年初の走り始めですがいつも恒例の新春サイクルミーティングに参加していてこれを走り始めとしています。・・・・今年で18回目を数えますが、雪で中止になった1回(第7回目あたり)を除いて全て参加しています。行なう内容は毎年ほぼ同じで午前中はワイワイ自転車談義をして昼食を食べて午後から20km〜程度のポタリングをして戻って来たらこれまた気が済むまで自転車談義(&ティータイム)でお開きとなります。主催者はS橋さん、suzukiさん、katoさんの名古屋自転車関係では重鎮のお3方です。で参加者には毎年かならず景品がなにがしか当たります。・・・今年は参加者が多すぎて大根1本なんてのもありました。まあ普通は自転車関係の小物が多いですね。午後からのコースですが、一昨年あたりから新たに南コースと言うのが加わって今回はその南コースでした。例年北コースと呼ばれるコースを走っています。参加者は年々増えて来て最初の頃は30人程度だったと記憶しているのですが、今年はどうやら100人を超えたようです。参加資格は「ガード付のマシン」で参加するというものでランドナー、クラブモデル、スポルティーフ、ミニベロ・・・・等のマシンでOKです。でどちらのコースも急坂があるのでローギヤは低いギヤレシオがあると良いですね。今回も参加して愉しい1日を過ごす事が出来ました。

■於:2013.1.3 愛知県豊田市 昭和の森

■集合写真です。

今回は何と関東からの参加者もあり、大阪、京都、奈良など関西からの参加者も例年多数ありますね。

AM10に主催者から挨拶があり1人1人自己紹介・・・・・なんですが今回は参加者が多すぎて初参加の方々20名ちょっとの方で自己紹介が行なわれました。で集合写真撮影と抽選会が行なわれてそれからは各自旧知を暖めたり新年の挨拶、自転車談義、でお昼を食べまして・・・・・昼頃20kmポタリングの出発・・・となります。

■走行コース (時計廻り) 走行距離:約20km

主催者sahashiさんのAlex SiNGER。Reynolds531,Huret Luxe set, SiNGER Original Brake, Stronglight49D,TA Randonneur Chain rings, BROOKS B17, Philippe Professionnel Max-car Hub,

三重から「三重の峠」の著者であるS氏がラバネロタンデムで参加です。氏はなんとご自宅にアトリエをお持ちでパイプやラグ、エンドなど輸入してフレームを自作されています。ゆくゆくは三重県初のフレームビルダー???

■ちょっと気になるお車拝見

今回の参加マシンの中では1番の古典車?おそらく'40年代以前のzeus2000さんのサブリエール。

チェンジはシクロランドナーで通常の物よりもプーリーは大きいです。ブレーキは前後ともエキスパンディング。

TdotさんのGrand bois700Cランドナー。アッセンブルと言い、フレームカラーと言いとにかく美しいマシンです。

河っちさんのTOEI700Cランドナー。サイズ600mmとの事で小生のマシンとほぼ同じサイズです。

■午後からのサイクリングの様子

昼にスタートします。最初は上り坂になっています。けったさ〜〜〜〜ん、お久し振りです。

タンデムも快調に走って行きます。

大阪から参加のUGの兄♭♭♭さん。

冬の柔らかな日差しを浴びて走って行きます。小生の大好きな構図ですね。

最初の小さな峠。最初の頃はまだダートでした。後から舗装に
なりました。

去年デモンターブルに改装したマシンで下っていく小生。
冬は大体このようなスタイルが多いです。(撮影:UGの兄♭♭♭氏)

今は廃線になっている三河広瀬駅でちょっと休憩。ここでも自転車談義花盛り・・・・・・です。非常に愉しいですね。

写真では分かりませんが凄く上がっています。

'60年代モールトンで参加のY氏。冬の柔らかな日差しを浴びて・・・・・・

次の休憩地は喫茶三水湖です。道路を渡って・・・・・

喫茶三水湖です。話し込んでしまって・・・写真は2011年のものです。

お次は平戸橋公園へ向かって走って行きます。南コースは今回で2回目なんですが、いや、なかなか良いコースですよね。

写真では分かりませんが、ここも相当上がっています。

矢作川を渡りますが、ご覧のような小さな橋です。

平戸橋公園での最後の休憩。広くて公園になっていて環境は抜群ですね。各自の自転車を肴に話も弾みました。

あちこちで輪が出来て話も弾みます。

さあ〜〜〜〜もうそろそろ出発・・・・・・・・・???

これで後は昭和の森へ戻って行きます。

日が陰るとやはり寒いですが・・・・今日は愉しい1日でした。

1列になって走っていく図を撮影してみました。ほぼ全員ガード付ランドナーです。日常では決して見られない光景。

東海環状自動車道のガード下をくぐって・・・・・・

冬枯れの風景の中を1列になって走って行きます。

PM3頃全員無事に昭和の森へ帰り着きました。閉会の挨拶があって滞りなく終了です。

もう恒例のまえださんやUGの兄♭♭♭さんら京都大阪の方々によるティータイムのサービス。いつも有難うございます。

ティータイム・カフェも終わって店じまい、帰り支度をしているところ。話の輪が広がって・・・・・・さっさと帰ってしまうのが勿体無くて・・・・・名残り惜しそうに皆さんこの新春サイクルミーティングの余韻を楽しんでいました。

■編集後記

年の初めの走り始めはこの集まりだって方、意外と多いですよね。何を隠そう、小生もこの1人で、もう18年前からこの集まりは始まっていますが、きっかけは何だったのか?もうとんと覚えていませんが、とにかく愉しい集まりでこれで今年もおおいに走るぞっていう決意みたいなのが湧き上がって来るから不思議です。
で何より主に東海地域の方々の為の集まりだと思うのですが、最近は遠く関東や関西からなども参加者があり、だんだん盛大になって来ているのは喜ばしいことだト考えています。嬉しいことに抽選会なるものもあって参加者は何がしかの景品がもれなくもらえるようになっています。提供者のkatoさんやsahashiさん他いつも有難うございます。集合写真も記帳すると全員送られて来ます。撮影者のsuzukiさん、有難うございます。でサイクリングも愉しくてコースレイアウトのK三さん有難うございます。帰ってきたら例のティータイムのサービスがあって・・・・・まえださんやUGの兄♭♭♭さん、tatsumiさん他有難うございます。・・・・という事でこの会は多くの方々の善意の下に成り立っている貴重な集まりです。今後とも毎年参加しようと考えています。

2013.1.18