新春サイクルミーティング2010

一年の始まりはこれに参加しないと始まらない・・・・という方も多く、地元中京地区や大阪、京都、奈良、静岡などランドナー乗りにとって最初の走り初めイベントになっている感があります。今回で開催15回目を数え、年々参加者は増加傾向にあります。参加資格はただ1つ、「ガード付の車で参加すること」で他にはありません。別にランドナーやスポルティーフでなくても小径車でも良いし、まあ今では見かける車の大部分がガードなし車なのでささやかなアンチテーゼと言えるのかも知れません。がしかし、昔からのツーリング用車といえばガード付ランドナーもしくはクラブモデルだったので別の面から見れば伝統的ツーリング車オーナーの新年交歓会・・・・と言った面の方が大きい?今では普段めったに見られない車になってしまったランドナーやクラブモデルですが、この日ばかりは往年の一番華やかりし頃のシーンが至るところで見られました。願わくばいつまでもこの集まりが続いて盛大になる事を願わずにはいられません。今回は過去最大65名もの参加者が見えて主催者の方々を喜ばせました。

■開催:2010. 1.3
■開催場所: 昭和の森 
■今回の参加者:中京地区の他に静岡 京都 大阪 奈良 三重などから主催者発表65名(過去最大人数)
■サイクリングコース: 恒例足助周辺30km程度

■午前中: 親睦〜大抽選会〜昼食

我クラブは早くから来てトン汁の下準備です。

集合時間にはほぼ出来上がりました。はてさてお味は・・・・

AM10時の開会の挨拶。主催者お三方(katoさん、sahashiさん suzukiさん)の挨拶他参加者全員の自己紹介もあります。今回は65名の参加者がありました。

素晴らしい車を何台か。この車はご存知UGの兄♭♭♭氏のTendil。'50年代の車です。

tdotさんの去年完成したTOEI DEMONTABLE。まだ完成したばかりでした。

sahashiさんのRene'HERSE。もう出来て30年経つそうです。

くりくりさんのAlex SiNGER。故スューカ氏作の素晴らしいフランスタイプ車です。スューカ氏は先月惜しくもお亡くなりになりました。合掌。

当日の記念写真。

参加者の方々には後から写真が送られます。参加メンバーの方々を見ると東海〜中京〜関西地区ランドナー乗り全員集合!!みたいな感じがしますね。


今まで雪で1回中止(第7回)になりましたが、他は問題なく開催されています。

←大抽選会の景品の数々。参加者の方には必ず何か当たります。スポンサーの方々には大変お世話になっております。

抽選方法はアミダくじですね。

私のGETした景品。いやはや、最近にない大当たりでした。

我クラブのトン汁も順調に売れて行きます。

■午後からはサイクリング

12時にスタートします。tatsumiさんとまっちゃんさんです。

遠く京都から初参加のI's Bicycle T氏ご夫妻。

静岡から参加のくりくりさん。今日の愛車はAlex SiNGERです。

主催者お三方の揃い踏みですね。

なんか北欧を走っているかのような風景。並木道は好きです。

最初の峠を悠々と走って行く奈良から参加のcancanさん。

県道350号を走って行きます。このあたりはサイクリングに良い道が多数あります。

車も少ないので良い道です。列が長く伸びます。

写真3枚つないで超ワイドレンズ風にしてみました。(笑)端から端まで100m程度はあります。休憩も一苦労です。

天気が今日はイマイチでした。ペースはのんびりです。

去年とは違うオプションコース。ダートです。

今では珍しい?ダートコースを行きます。私の車のラインナップはパスハンター以外は舗装路用で28Cの車ではやや走り難かったですが問題ありませんでした。ダートを行くガード付ランドナーの図は今ではめったに見られない光景です。往年の全盛期みたいです。

絵にはなりますが・・・・(笑)走行はちと大変です。

峠では後続を待ちます。そこへ車が来て・・・・運転手ビックリ!!(笑)

国附町あたりの峠からのダウンヒル。このあたりはUPダウンが結構ありました。

この道を真っ直ぐは矢作川に出ます。

程なくいつもの喫茶「川澄屋」さんです。もう十数年お世話になっております。→

車の台数も多いので置く場所も無いほどです。

大部分の方々はもう外で休憩します。

喫茶川澄屋を出発するUGの兄♭♭♭さん。

どうでしょう、十数パーセントはあるK三坂?(笑)

おおっ!!名古屋岐阜京都ランドナーショップオーナーの方々揃い踏みです。いつもお世話になっております。

英国HETCHINSクラブモデルを駆ってダウンヒルのZEUS2000さん。

ここで最後の休憩を取ります。素晴らしい車がズラッとあるので・・・・話の肴には全然困りません。(笑)

日も大分傾いて・・・今日1日大変愉しかったです。

最後にダートが少しあります。すぐ昭和の森です。お疲れ様でした。

ミーティングが終わってからもエンエンと話は続きます。

ビックリしたカーサイクリングの図。なんとHONDAビートです。支柱は溶接でつけたそうです。この状態で屋根はもちろん締まります。

車(4輪)には詳しくは無いので車名など分かりませんが・・・・自転車も凝っているのですが、4輪も凝っていますよね。カッコ良いです。

当日見かけた珍しいFバッグ。Gilles Berthoudではないです。RSA SUN BAGSという、北名古屋市にあるお店の作品。バッグだけではなくてサイクルニッカもオーダーで作っています。センスの良いバッグで思わず目が行ってしまいました。

I's BicycleT氏の車につけられていたGilles Berthoudのサドル。革は厚くて丈夫そうでした。このサドルの特徴はTOP革がボルトで止まっていますので交換出来る事です。他にもうすぐリリースになるMEPHISTOタイプ700Cリムも拝見出来ました。

■編集後記

また新しい一年が始まりました。年の初めにはやはりこの行事に参加しないと始まらない?年の初めにやはり旧知のランドナーを駆る方々と会って親しく情報交換する、他愛ない自転車談義など和気合い合いとおしゃべりして美味しいものを頂くなんてのはやはり良いですよね。
おまけに抽選会もあってなにがしか景品が当たって午後からは愉しいポタリング・・・・・1年のスタートにはふさわしい行事ではないかと思います。昨今は景気も悪く、なかなか愉しい、スカッとする、ヒャッホー〜〜〜〜!!的なことは少ないですが、(笑)このミーティングは正に前記のような愉しい行事と言えると思います。主催者の方々の努力やサイクリングコースの下見や当日の案内、はたまたトン汁の準備など下準備の縁の下の力持ち的な方々も多数いてこのミーティングは成り立っています。願わくばいつまでもこのミーティングが続くことを祈っております。当日の参加された皆さん景品提供の方々、コース作成&案内のK三さん、他有難うございました。来年もまた参加しようと思っております。これで気持ちよく今年1年過ごせそうです。最後まで見て頂いて有難うございました。

2010.1.4