早春の志摩ツーリング

的矢にて。県道連絡船を呼びました。その方法は右の信号板を横にすると(普段は上下方向になっている)船が来てくれるシステムです。

わが三重・志摩地方の一番良い時期はなんといっても冬であり、海の幸が非常に美味しい時期です。特に牡蠣は非常に美味しく、12月〜3月頃がシーズンとなります。でこのあたりは冬でも暖かく、雪なんかは降りません。リアス式海岸線で景色も非常に美しく、サイクリング向きの小径が至る所にあり、サイクリングで走るフィールドとしては素晴らしいと考えています。
以前は泊まりで1泊2日コースで実施していましたが、最近の長引く不況を考慮して泊まらずになんとか日帰りでこの素晴らしいフイールドを走れないものかと考えて2月に1人でトコトコ走って下見をして3月にオフ会として実施しました。結果は・・・・・いや、素晴らしかったです。諦めていた牡蠣を食べられて、もう1つのハイライト、上の写真の県道連絡船(無料)にも乗れて皆さん、大満足のオフ会になったのではないかと思っております。好評だったので来年以降もコースを変えて実施しようかな?と考えています。

■実施:2011.3.6
■参加メンバー:Tdotさん、EVEREST espritさん、つっちーさん tatsumiさん sakanoさん、akuta 計6人
■コース:近鉄志摩磯部〜青峰山〜麻生の浦大橋〜浦村(昼食)〜石鏡〜国崎〜相差〜的矢〜近鉄志摩磯部駅             走行:約50km

■走行コース図

近鉄志摩磯部駅を基点として書いてあります。車のPは「道の駅伊勢志摩」です。このコースで約50km程度。

■志摩磯部駅〜青峰山〜麻生の浦大橋〜浦村

本日のピカイチマシンのご紹介。つっちーさんのTOEI デモンターブル.。典型的な仕様のマシンでいや、素晴らしい車です。

EVEREST espritさんのGrand Bois700Cランドナー。
このマシン、特にラグが素晴らしいですよね。

近鉄志摩磯部駅はスペイン・アンダルシア風になっています。

時間前には揃いましたが、ドタ参に備えて10分程度待ちました。

県道4号線を快走します。

さあ、青峰山へ登ります。ここが分岐点です。

別方向から見るとこんな感じ。ギューンと上がっていますが・・・・最初だけですぐにゆるやかになります。

青峰山展望台からのパノラマ。磯部方向が見えます、。当日の天気は・・・イマイチでした。

ここで記念撮影をしました。

本日の参加者は6人、まあこの人数くらいが纏まりやすくて良いのではないかと考えています。

青峰山展望台でティーブレークを行いました。いや、優雅な気分になります。コーヒーも美味しかったです。

青峰山正福寺の凄い山門。歴史がありそうで見事な出来でした。→

青峰山正福寺は海の安全を祈願するお寺で魚船、漁師、海女さんなどの安全を祈願して絵馬を奉納してあります。

松尾から今村までの細い道を行きます。峠でちょっと休憩。

麻生の浦大橋です。向こうにやなにやら煙が見えています。

その場所は・・・・まさしく焼き牡蠣でした。美味しそう〜〜〜〜〜!!交渉したら・・・・1人2つくらいはOKとなりました。ヒャッホー〜〜〜〜!!

焼いただけの牡蠣ですが・・・・非常に美味しいですね。

ご無理を言って申し訳ありませんでした。ご馳走様でした。
(写真提供:tatsumiさん)

■浦村〜石鏡〜国崎〜相差

我々は弁当を買ってあったので・・・堤防で昼食としました。

途中で見た牡蠣の凄い量の殻。何かにリサイクルできませんかね?

浦村の牡蠣では1番有名な共栄物産さんです。本日は多数の客が入っていました。なにやら予約無しでも食事は出来るそうで・・・・???

石鏡にて。遠くに伊良湖岬、手前の島は三島由紀夫の小説「潮騒」で舞台となった神島です。映画「潮騒」は若い漁師の新治と新人海女の初江の純愛物語です。映画「潮騒」で主演女優を務めた山口百恵の話で盛り上がりましたね。当時山口百恵はまだ16歳だったそうです。

県道750号線はシーサイドで非常に景色の良い道です。パノラマの場所では止まって休憩して行きました。上の方にパールロードが見えています。

国崎の廃ホテル。4年前とまったく同じで・・・国崎では何か印象的な場所です。

■相差〜的矢〜坂崎〜志摩磯部

堅子町へ行く道です。写真では水平に見えますが、登っています。

4年前降られて雨宿りをした堅子町旭分校跡。

お〜〜〜〜い、こっち向いて〜〜〜〜!!的矢への手前で。本日は小生のプランに参加して頂いて有難うございます。

的矢にて。連絡船に乗って向こう側へ渡ろうと皆一致しました。

信号板。普段はこの状態で船を呼ぶ時は板を
水平にします。(TOP写真)

板を水平にしたら・・・・なんと!!本当に来ました。

で自転車も中へ持ち込んでOKとなり・・・・・ヒャッホー!!→
(提供:つっち−さん

対岸の三ケ所に着きました。時間的にはあっという間でしたね。

さあ、後は磯部まで帰るだけです。この道1本です。

時間はまだ3時、ちょっとコンビニに寄って行く事にしました。もうほとんど走り終わって充実の1日でしたね。後は志摩磯部駅まですぐ
です。

■編集後記

・・・・という訳で6人で早春の伊勢志摩を走って来ました。計画の段階で調べて見たら浦村の牡蠣食べ放題は満員御礼、ウ〜〜〜〜〜ン、今回は目玉の牡蠣はちょっと無理かなあ・・・・と、それでは弁当にしようという事でプランニングして実施しました。思いがけず焼きたての牡蠣が頂ける事になって本当にラッキーでした。今回のコースの見所ですが、一番は青峰山正福寺で、このあたりの海に関係する仕事の方々の安全祈願の寺になっています。残念な事に絵馬の色が落ちているのが多いので往時の鮮やかさはないですが・・・・本堂や山門は本当に見事です。あとは・・・・シーサイドの県道750号線はあまり知られていませんが、サイクリングに最適なコースで美しいコースになっています。他にも細い小径が多数有ってコース取りには事欠きません。でハイライトはやっぱり無料の県道連絡船で、1度は乗りたいですよね。今回はやり方は知っていたので(笑)無事に乗ることが出来ました。名物浦村焼き牡蠣も頂けて船にも乗れて印象的なツーリングになったのでは?と考えています。好評だったようですので、来年もまた企画して見ようと考えています。参加して頂いた皆さん、有難うございました。そしてこのレポート最後まで見て頂いて有難うございました。

2011.3.9