2018.11.9

四国ツーリング2018

■夏本番のレポート。春が良かったので夏も行って来ました。(8月12日~14日)

四国には'74年に高松から太平洋岸沿いに宇和島まで走っていてそれっきりで山歩きでは剣山と石鎚山に登りに来ています。前々から行きたかた439号線と是非越えたかった四国の代表的な峠である京柱峠を越える、また世界一周タンデムサイクリストの宇都宮夫妻の経営するサイクリストの宿「シクロの家」に泊まってこれまたもうポピュラーなしまなみ海道を是非走りたい・・・・また1番大きい理由かなと思うのですが、日本の代表的な民俗芸能である「阿波踊り」は実はまだ見た事が無く(もちろん知ってはいますが)是非間近で見てみたいと考えました。阿波踊りは夏だけではなくて春も秋もそれこそ1年中踊っています。春は「はなはる春フェスタ」というものがあって無料なので開催日に合わせて行こうとプランしました。資料もいろいろ揃えてツーリングではキャンプ場も利用したいという事でキャンプ装備で輪行出来るカーボンバイクでバイクパッキングというスタイルで行くことにしました。このスタイルは丹後半島でキャンプ装備で走っていて実施可能であるという経験に基づいています。実際は・・・・天気が思わしくなくてキャンプは出来ませんでしたが、それ以外はほぼ当初の目的を達成出来ました。今のところキャンプ装備で輪行可能なスタイルはカーボンバイク+バイクパッキングかなと思っています。

■日程:

4月20日 鈴鹿~大阪~和歌山~フェリー~徳島(泊)
  21日 徳島(泊)
  22日 徳島~R438~見ノ越(泊)
  23日 見ノ越~R439~京柱峠~豊永~輪行~今治(泊)
  24日 終日雨天 今治(泊)
  25日 今治~しまなみ海道~尾道 新幹線輪行帰宅

■4月22日~23日 徳島~見ノ越~豊永のレポートは次へをクリックして下さい。




                            戻る     TOP     次へ    

春のレポートに戻って・・・・・この日の夜は近くの美味しそうな弁当屋が有ったので・・・・お弁当にしました。安くて美味しかったです。

夏は市内いくつかの場所で踊ります。西新町演舞場にて。夏はPM6~PM10までの間いくつかの演舞場で阿波踊りが行われます。で最後に例年では南内町で総踊りが行われるのですが・・・・市長の判断で中止となり・・・・・騒動に発展したのは記憶に新しい所です。

連員総数400人を誇る最大連の娯茶平です。この日380名参加で、列が凄く・・・・・長かったです。2日いたのですが・・・・1番見たかった阿呆連さんは見られませんでした。残念!!

女踊りが美しいうずき連です。美人さんも多いです。いや、間近で見られて本当に良かったです。鳴り物も素晴らしいですよね。

春と同じ藍場浜演舞場です。夏は御覧のように臨時の席が組まれます。
チケットは比較的入手可能ですが・・・・宿泊がチト困難で小生は春先に宿を探したのですが・・・・徳島市内はほぼ全部埋まっていて×でした。

蜂須賀連の方々。ハイ、名前の由来はあの蜂須賀小六に由来するとの事です。衣装が豪華です。

お昼になり、ランチタイムです。小生も露店で焼きそばなど購入して腹ごしらえ。

阿波扇の方々です。連にはそれぞれ特徴が有って阿波扇の方々は扇を持って踊ります。

演舞が始まりました。新のんき連の方々です。

今宵の宿(2泊します)民宿コスモさんへ到着しました。女性1人でやっています。

■4月21日  終日徳島滞在

さて、ディナーは・・・近くのうどん屋さんで済ませました。

このバイクパッキングスタイルでキャンプ装備1式全部積載しています。どうでしょう、今現在考えられる最も軽快でコンパクト、機動性に富んでいるキャンプツーリングスタイルだと確信しています。



                             徳島駅前に到着しました。→

和歌山港を出港しました。徳島港へはそんなに時間はかからないです。

和歌山へ向かいます。人生初の南海電車です。

なんばでたぶん初めてかな?南海電車なるものに乗ります。

持って行ったキャンプ装備1式です。青の携帯椅子以外はリヤのサドルバッグに全部パッキング出来ます。輪行袋も同時にパッキング可能。

■コース図 (当初の予定コースで実際は雨天で豊永から輪行、2日短縮しています)

今日は阿波踊り春フェスタなるものを見学します。生まれて初めて見る阿波踊りは・・・・・・・???写真は会場の藍場浜演舞場です。宿から歩いて20~30分くらいの近い場所です。

春は民宿に泊まりましたが夏はもう宿は一杯で遠く離れたYHに泊まりました。空いていて良かったです。

この日1番見ごたえがあった水玉連の方々です。いやもう・・・・うっとりと見てしまいました。

新ばし連の方々。衣装が濃いピンクでいかにも春らしいですよね。

阿波踊りの一流連である阿波踊り協会所属連(下)、阿波踊り振興協会所属連(上)です。小生一押しはやはり・・・・阿呆調で名高い阿呆連、女踊りで有名なうずき連、水玉連、男踊りが上手な天水連、衣装が美しい蜂須賀連・・・あたりですかね?時には各連から選抜された方々からなる選抜連でフランス、スペイン、ロシア、韓国など海外へ阿波踊り振興、宣伝、親交の為海外遠征も積極的に行っています。

徳島港へ到着しました。マシンを組み立てて早速宿へ向かいます。

■4月20日 鈴鹿~徳島