5月10日:下関火の山YH〜特牛〜長門〜萩 (萩YH泊)  走行:約105km

下関火の山YHでは3人の方々と知り合いになりました。1人は岐阜の方で岐阜から京都〜山陰を走って明日で家に帰るという方、バイクで九州の知覧に行って帰り道の方、もう1人は自転車日本一周の方です。YHでは大体似たような方(笑)が集まって来るので話も合いやすいですよね。久々にYHに泊まって話しが弾みました。特に岐阜からの方は私とほぼ正反対のコースなので参考になることが多かったです。それによると萩の手前には峠があるのできつかったとのことです。ウ〜〜〜〜ン、どうしよう・・・・???なにしろキャンピング車は重いので山坂は苦手です。それはそうと、本日の距離は約105kmもあります。大丈夫かしらん?こんな長距離をいきなり走る方が内心心配でした。フル装備で試走は30km程度しか走っていません。やるっきゃないなあ・・・と思いながら皆さんに見送られて出発したのでありました。

■走行コース図

火の山YHの朝食。なかなか豪華でした。パンはお代わりできます。

自転車にサイドバッグを取り付けて準備をします。→

記念写真を撮ろうということになりまして・・・・・(笑)

左から自転車日本一周の方、岐阜から山陰を走ってきた
方、バイクで九州を走ってきた方、で私です。

私のTOEI 700C CAMPINGも話のネタになりました。
私もそういう話は嫌いではないのでつい・・・・・

■部品集めに何年かかかった
■リム組みは自分でやった
■サイドバッグはフランスの手造り工房で美人の職人さんが1つ1つ丁寧に作ったもの
■フレームは埼玉の世界一の手作り工房の名人の作によるもので・・・・・

・・・・スミマセン、大風呂敷を広げてしまいました。まあ、あながち嘘でもないのですが。(笑)

下関の市街を抜けてR191を一路萩市へと進めます。

しかしながら・・・・・後で思ったのですが、長距離を走る際は朝がキーポイントです。遅い出発は絶対NGです。

YHで朝食を摂ると出発はどんなに早くても8時あたりになってしまいます。キャンプでは4時に起きて5時半には出発出来ます。2時間半の差は凄く大きいです。
30〜35km程度は軽く違って来ます。長距離走行の際はあとでこれが響いて来ます。


第1日からこのことが最後に響いてきて萩YH着は遅くなってしまいました。

まだスタートしたばかり。

萩まではまだ91kmもあります。時刻はもうすでに9時半です。ちょっと・・・・・

特牛までは34km。今日のお昼はここになりそうです。
後半が大変そう・・・・

ところで・・・・「特牛」ってなんて読むか分かりますか?「こっとい」て読むんです。

R191最初の小さな峠の鳥居ケ峠です。

標高は・・・・・44m。まあ、この程度ならばなんともないのですが。
今回のコースでは大きな峠はなかったです。

R191を快調に走って行きます。

このコースでは常に左側に海を見て走る事になります。
初日から良い天気でこのまま走ったらお肌はどうなる・・・・・???

日焼け対策は・・・・私はあまりしない方です。今このレポート作っていますが、腕や足は皮がむけてボロボロ。
どっひゃあ〜〜〜〜〜!!次回からはお肌のケアもしないといけないかなあ・・・・・???

とにかく暑くて気が着いたらコンビニに寄っていました。

清涼飲料水やらソフトクリームやらつい、買ってしまいました。
いけませんねえ・・・・・分かってはいるのですが・・・・・

そこで例の大きな1.5L水筒に水を入れることにしました。
暑くなるとこれを飲んでしのいでいました。山陰地方にもコンビには不自由なくありました。
あまり暑かったのでこの日の昼食は割り子そばとサンドイッチにしました。

お昼を特牛で食べて一路萩へと車を進めます。今の所体調もマシンも快調です。もうすぐ長門市に入る所。

北浦街道を走って行きます。向こうに見えるのは油谷島。

長門市に入りました。戦艦長門ってありましたが、この地名から取っているのかなあ・・・・・・・・・・・???

椎の木峠を越えました。ここを超えると長門市です。

萩まであと21kmです。何もなかったら1時間ちょっとで着きますが・・・・・いかんせん峠が控えています。

萩市手前の鎖峠をさけて海岸沿いの道にしました。はたして・・・・???左は山陰本線です。

この道は県道64号線です。海岸沿いはそう大きな峠はないと読んだのですが・・・・・???

萩手前の所で。やっと着きそうです。今日は疲れました。

山陰地方のコンビニ「ポプラ」です。寄って休んで行きました。

萩は城下町です。萩城跡がありました。

ところで・・・・・今日の宿泊ですが、本当はキャンプを予定していました。萩に到着したのが6時前。

ちょっと遅くなってしまっておまけにツーリング初日という事で疲れてしまいました。キャンプをするという意欲はなくなってふっとYHハンドブックを調べたらなんとYHがあります。迷わず今日はここに泊まることにしました。

まだ先は長いんだし、無理をする事もないだろう・・・・と考えました。ところで・・・・・YHですが、山陰地方にはこの後は諸寄(浜坂の手前)しかありません。軒並みやめてしまってほぼ全滅状態です。

1回でも多く泊まってYHに貢献しよう・・・・???

今ではビジネスホテルでも朝食つき\4000台からあります。もう今では決して安くはないですね。

本日の宿萩YHです。

シーズンは終わって当日は私1人でした。
ちょっと寂しいものがありましたが・・・・・???

食事は美味しかったし、設備も良くて部屋は貸切り、ゆっくり休めました。

明日も今日以上に長距離走行が待っています。
念のため、朝食は早くして頂く様にお願いしました。

走行初日はまあなんとかこなしました。ちょっと疲れて心地よく眠れそうです。それではお休みなさい・・・・・・

■走行レポート

■5月11日のレポートは次へをクリックして下さい。

2009.5.24