紅葉の霊仙東尾根作業道オフ2010

今回1番美しかったと思われる場所にて。当日は晴天、紅葉も見頃で最高のツーリング日和でした。

今年の夏は異常に暑く、それこそへべれけになってどこにも行けませんでした。と言うか、行く気が起きませんでした。季節は移り、秋はあっという間に過ぎて早晩秋。恒例キャンプも終わって次は紅葉でも見ようと考え、紅葉だったらどこか良いかな?そうだ!!以前走った作業道なんか良いんじゃないかなあ・・・と思って告知。前回はやはり去年の今頃で自慢じゃないがfumi3さんとの2人だけ。トホホ・・・・・・
ハテさて今回は・・・・なんと!!7人集まりました。しかも・・・・・兵庫や京都からの比較的遠い方も見えます。これで人数はなんとなくOK。後は天気ですが・・・・今回は良いようです。で真夏の酷暑で紅葉も例年よりもきれいだそうで・・・・・これは期待出来るんじゃないかい?
・・・・当日になり、天気は快晴で文句なし。メンバーもそれぞれが自慢の愛車を持ち寄って粒揃いの方々が集まりました。当日の作業道は今まで4回走った中で1番印象的で美しく、記憶に残るツーリングになったのではないかと思います。

■走行:2010.11.21
■参加者:bakiさんナワ〜ルドさんtatsumiさん、Tdotさん、ayatoさん、Sさん、akuta 計7人
■コース:
緑の村公園P〜幾里林道〜霊仙東尾根作業道〜萩原林道〜R365〜緑の村公園P    走行:約36km
地図&コース案内

■集合〜十字路

集合は緑の村公園P。時間前に全員集合しました。初対面の方が見えますので軽く自己紹介をします。

出発してまだ最初のアプローチ。bakiさんですね。

目の前の山は烏帽子岳。標高は865m。

T字路の所で小休止。今日はちょっと暑いです。

麓から見た霊仙東尾根作業道。尾根のすぐ上を走っているのが下からも良く見えます。ウ〜〜〜〜ン、山が錦色に染まって非常に美しいですよね。

舗装の終わる所でちょっと休憩します。

ゲートをくぐります。ここから作業道になります。ここから十字路までが1番きつい箇所。

随分スリムに変身したナワ〜ルドさん。

いつも明るいTdotさんです。

■十字路〜パノラマ展望地点

十字路。ここまでくれば後はほぼ水平。

紅葉の中快適な林道走行です。このあたりが1番きれいな感じでした。先頭はSさんです。→

bakiさんから頂いた素晴らしい写真。モデルは小生です。右手は大パノラマ、このようなほぼ水平の非常に良い感じのダートがズ〜〜〜〜〜〜ッと続きます。まだの方は是非1度・・・・・・

ウ〜〜〜ン、これは凄い・・・・・・・・と言葉が出ません。

皆さん、写真撮りまくりです。

紅葉は前回よりもはるかにきれいです。

2番目の分岐は右を行きます。

おっと、bakiさんとナワ〜ルドさんが先行。このあたりは良く締まっていますね。

伊吹山が見える場所でランチです。めいめい勝手に場所を選んでお湯を沸かして食事ですね。

食事が終わって・・・・記念撮影をしました。後から聞いたところによると・・・今回の霊仙東尾根作業道ツーリングは大変愉しかったという感想を頂きました。この霊仙東尾根作業道を走ろうと集まった皆さん、有難うございました。今回のツーリングは記憶に残るものとなりました。

まだまだ林道はずっと続きます。tatsumiさんとayatoさんです。

送電線鉄塔の場所で小休止をします。

送電線の場所から少し上がって本コース一押しパノラマ大展望台です。しかしながら・・・・逆光でやや霞んでいました。

■パノラマ展望地点〜萩原〜緑の村公園P

上の大パノラマ展望台はこのような場所です。順光だときれいに写りますね。

萩原側のゲート。本日は開いていました。普段は閉まっています。この先の分岐は右へ曲がります。

間違って行った場所がご覧の様に伊吹山の良く見える場所でした。次回からここには寄ることにしましょう!!(笑)

ちょっと上りが続いてピークで小休止。いろいろ話しに花が咲きました。この先は分岐が非常に多いです。

180度ターンの場所。ここも重要箇所ですね。

ここは萩原へ降りる非常に重要な箇所です。1回目は真っ直ぐ行ってしまって大変な目に遭いました。

下りの途中で撮影会をしました。ayatoさんです。

ナワ〜ルドさんですが・・・・ウ〜〜〜ン、影に入ってしまいました。

関ケ原の良く見える場所があり、止まっておしゃべりです。

萩原へ入りました。作業道を完走しました。ヤッタ〜〜〜〜〜!!

霊仙東尾根作業道完走お疲れ様でした。皆さん、ほっとしています。時刻はまだ2時半。良いペースです。すぐR365です。

帰りはトンネルではなくて多良峡を行きました。

R365を走って帰ります。先頭はayatoさんです。

PM3時に緑の村Pへ帰って来ました。まだ午後3時というのに影が長いです。この時期は非常に日が短く何かトラブルがあったらあっという間に日が暮れてしまいます。用意周到で充分余裕を持って行動したいですね。(提供:bakiさん)

■編集後記

2年前偶然に見つけた霊仙東尾根作業道ですが・・・・・地図から見てもこれは景色が良さそうだというのはすぐ分かると思います。尾根のほぼ真上を走っていてさえぎる物は無くおまけに特筆すべきは・・・・・林道にありがちなUPダウンが非常に少ないという事が挙げられると思います。稜線に上がりさえすればほぼ水平の快適なダートが遥か彼方まで続きます。このような条件の非常に良い作業道をこれまた年間で1番紅葉がきれいな11月下旬、天気は雲1つない快晴、粒揃いの素晴らしいメンバーが集まって今回のオフが行われました。何年かに1回あるかないかの全ての条件が完璧に揃ってパンクや転倒などトラブルも"0"、もう言うことない素晴らしいツーリングが出来ました。今回はもう・・・主催者冥利に尽きます。今でも想い出してニヤニヤしています。このコースは非常に評判が良く好評なので・・・・リクエストがあったらまた紅葉の時期に行いたいと考えています。どしどしリクエストをお寄せ頂きたいと思います。で小生はもう1つ夢があって厳冬期の積雪がある時期に1つ走ってみようと密かに考えています。下は軽登山靴+アイゼン持参、雪用スパッツ、ゴアテックスレインスーツ上下着用の低山冬山装備で身を固め、真っ白の作業道を走るのを夢見ています。来年1月にも実行に移す予定です。最後まで見て頂いて有難うございました。

2010.11.26