2017.3.22

Rally Grand Bois2017

レポート

是非拝見してみたかった親方自作のマシン。フロントシングルで10S、ギヤ比的にはダブル、トリプルギヤのマシンのギヤ比はカバーしています。・・・・ということはその分軽量になっているという事ですよね。

モノ凄い急坂の「千束坂」。乗って下ってコケでもしたら一大事です。降りて押して下りました。

メニューは今回もハンバーグ定食です。

持越峠にいたメンバーで記念撮影。今回42名程の参加者があったようでした。

小一時間峠にいてお腹も空いたことだし、下り始めます。

もう1台拝見してみたかった専務さんのデモンターブル。
スラムのフライバイワイヤシステム(無線コントロール)でチェンジを操作出来るという次世代マシン。マシンからチェンジワイヤーが消えてしまいました。デモンターブルにはピッタリですよね。

Coffeeですが、本格的なモノで香りも良かったし、美味しかったです。小生はお代わりしてしまいました。

お菓子やクッキーなども用意して有ります。

チェックポイントです。ここで休憩してコーヒー&ケーキなど頂いて・・・・・・あっそうそう、ハンコももらって・・・・・

おおっ!!素晴らしいトゥ―クロメ Rene'HERSEが・・・・・・
見入ってしまいました

休憩ポイント、くみあいセンターです。ここで小一時間休憩。自転車談義が愉しいですね。

もうすぐ休憩ポイントです。

先行した方々が休んでいました。このあたりロードバイクの方が多数走っていましたね。

受付を済ませて出発します。

今回案内はおなじみF氏です。クラブのメンバーと走りました。

お店の前はちょっとした自転車展示会場になってしまいました。素晴らしいマシンが沢山あって話題に事欠きません。

今年もまた参加して来ました。本番フランスAlex SiNGERでは毎年3月第1日曜はRally Alex SiNGERで自慢の愛車に乗ったオーナーたちが集まってパリ市内~周辺を走ります。チェックポイントがいくつかありお茶のサービスもあってシーズン到来を待ちわびて開催されている・・・といった感じで春の訪れを感じるとともにシーズンの開幕を告げる大変愉しいラリーになっています。日本でもGrand Boisさんが開催するようになってこれは愉しそうだと思って毎年参加しています。

■実施:2017.3.12
■コース:持越峠周回コース

5月にAlex SiNGERに行く予定なので皆さんで記念撮影して頂きました。有難うございます。

■編集後記

あれは何年前かな?スタッフが入る前はお店の常連さん(BLKさんとかT氏とか)がチェックポイントにいて手造り感あふれる大変愉しいシーズン初めの催しでしたが、だんだん参加者も増えて来て盛大になって来ました。小生はと言いえば2015年からの参加で今回で3回目となります。本場フランス Rally Alex SiNGERは昔から知っていていつか日本でも始まらないかなあ・・・・と思っていましたが、アイズさんで行う様になっていや、嬉しいですよね。この日は何をさておいても参加しようと思っています。長い冬が終わって暖かい春が来てやっとシーズンが始まります。この様な時期にこういう皆さんで愉しめるランがあって「さあ、「今年も走って走って走りまくるぞう~~~~~~~」という何というか前向きの気持ちになります。走れる間は毎年参加しようと考えています。



                               戻る        TOP

お店に帰ってお楽しみ抽選会。小生はチドリが当りました。有難うございました。

今はやってない京見峠茶屋を行きます。何回か走りましたが、とうとう寄れませんでした。残念!!

山の家 はせがわさんへ到着しましたレストランは山の中にポツンとあるのですが、Pは満車で大入り満員。

さあ、ランチ予定のはせがわさんへ向かって走って行きます。

今回今年で30歳になるTOEI デモンターブルで参加しました。このマシンで去年台湾一周ツーリングしました。

朝早く車を走らせてアイスさんへやって来ました。すでに沢山のサイクリストが・・・・・知っている顔も何人かいます。