「2010 JACC ぺダリアンのつどい」参加記

今年のぺダリアンのつどいは滋賀県高島市「ガリバー旅行村」で行われました。もうすぐです。

真夏の凄く暑い日、術後のリハビリでどこにも出かけられず、ネットサーフィンしていて、JACCのサイトを見たら、なにやら9月に「ぺダリアンのつどい」を行う事が書いてあり、内容は・・・・・・

■世界2周サイクリングの中西大輔氏よるスライド映写会
■2日目朝食後サイクリング、もちろん世界ツーリングの中西氏も参加
■1泊2食付 (初日夕食はバーベキュー)
■参加費: 6000円

・・・・・とあり、
おお〜〜〜〜〜これは!!ぜひ行かなくては!!」と思い、早速申し込みました。2日目はTOM1日目ですが、距離もそうないし、これは午後から現地出ても充分間に合うと判断、なんとかなると思いました。なんたって去年の秋に11年振りに世界ツーリングから帰られた中西氏のお話が聞けるとあって何はともあれ申し込んだ次第です。結果は・・・・・いや、行って良かったです、実際に世界を走られた方の経験談と言うのはめったに聞けません。ましてや11年間世界2周、130ケ国訪問、15万km走行、JACC大賞、植村直己冒険賞受賞の中西氏の生のお話が聞けるんですよ!!小生も退職後にヨーロッパツーリング考えているので是非参考にさせて頂きたいと考えました。

■期日:2010.9.18〜19 1泊2日
■場所:滋賀県高島市 ガリバー旅行村
■参加者:関東関西JACC会員11名、会員外4人 計15名

■2日目サイクリングコース:
ガリバー旅行村〜畑の棚田〜高島町並み見学〜琵琶湖沿い近江白浜海水浴場〜びわここどもの国〜道の駅藤樹の里あどがわ    走行:約25km

■2010.9.18 第1日目

道の駅「藤樹の里あどがわ」から走って行きます。

ガリバー旅行村でなんとあの中西大輔氏とお会いして握手して頂きました。まるで夢のようです。中西大輔氏は'98年7月から'09年10月までの11年間世界2周自転車ツーリング、130ケ国訪問、15万km走行,子供の頃からの夢を達成された方です。

■中西大輔氏HP
■daisuke biog

サイクリストならば誰しも世界を走ってみたいという夢を持っているのではないでしょうか?仕事や家庭その他の事情で諦める方が大多数と思われますが、ゆくゆくはヨーロッパを走りたいと考えている小生にとって実際に走ってきた方の経験談と言うのは何にも増して貴重な替え難いものを持っていると考えています。

■どんな自転車で?
■どんな装備で?
■全費用は?
■1番困った事は?
■消耗部品はどのような方法で調達したのか?
■言葉の問題はどうしたのか?

・・・・・etc聞きたいことは多数ありました。

中西氏には親切丁寧に1つ1つ質問疑問に答えて頂きました。今更ながらですが・・・・この集いに参加して本当に良かったです。

ガリバー旅行村に到着しました。すでにJACCの方々が到着して
いました。

本日の寝床はここバンガローC-1。でここで例の世界ツ−リングのスライドが行なわれます。

目の前にはガリバーがいました。高さは7mくらい。
なんとニッカーズボン履いています。自転車が傍らに有ったらサイクリスト???→

時間になり、つどいが始まりました。関東関西から本日は15名の参加です。

1回目の記念撮影です。まだ来てない方もいます。

さて、夕食の準備です。本日のメニューはバーベキューですね。

焼けたら夕食がもう早速始まりました。

日も落ちて良い感じになってきました。世界ツーリングの経験談がとりとめもなく続いて・・・・・・

そろそろこのバンガローの中でスライド上映が始まります。

ざっくばらんなこういう感じで行われました。

中西氏の愛車。今、植村直己冒険館に展示してあります。
(2010.11月末日まで展示)

いよいろ世界2周ツーリングスライドが始まりました。
まずは走ったコースからです。

でもその前の準備の話も大変面白かったですね。世界ツーリングの資金調達に6年間働いて600万ためたそうです。
これを元に'98年7月に出発、自転車はなんと出発当日に空港へWood-Bellの鈴木氏が箱に入ったCAMPING車を届けてくれて試走もしないうちに出発、アンカレッジに到着して開梱して初めて完成したわが愛車を見たそうです。

自転車は11年間走ってなんともなかったそうですが、10mmキャリアは同じ箇所が何回も折れたそうです。

・・・・この後PM11時過ぎあたりまで話はずっと続きました。
皆さん、熱心に見入っていましたね。
その後就寝。ちょっと薄いふとんでしたがなんとか寝られました。翌朝はなんとラジオ体操!!をするそうです。

■2010.9.19 第2日目

翌朝、ラジオ体操から始まりました。まだ朝のAM6時半です。もう何年もやっていませんが、なんとか出来ました。JACCさんってすごく健康的なんだなあ・・・・とちょっと驚きました。

昨日の食材が残っていたので朝からバーベキューです。

朝食も皆さんでワイワイ食べて良い感じでした。

朝食が終わって2回目の記念撮影。この写真から今回のつどいの雰囲気が良く分かると思います。

さあ、いよいよサイクリングに出発です。スタート地点に集まります。

出発前の清清しい雰囲気。小生のTOEIランドナーは「非常にきれいな自転車」と言うことで注目の的になってしまいました。

サイクリングにスタートする前の全員で記念撮影。

ここはすでに標高400m程度あるのでほぼ下りの楽チンコースです。自転車は最新ロードありMTBありでバラエティーに富んでいました。

中西氏はさすがというか、ヨーロッパツーリングで使ったというCAMPING車での参加でした。

三又路に来たところでサルを発見。何頭かいました。(写真には写ってないようです)

世界2周の中西さんです。マシンはgan well 岩井商会 CAMPING。

紅一点ははるばる東京からのAさん。

この方Nさんですが、世界ツーリング中にちょっと怪我をされたそうで・・・お元気になられてなによりです。

この方なんと!!"JOBBB・RADIO"のDJをやられてい馬場哲平さんです。いろいろお話しました。

驚きべき事に電車とランニングで和歌山から参加のKさん。

この方もゲスト、自衛隊の方でやはり世界を走りたいとの事で今回参加されました。

長距離用グレートジャーニーで参加の地元K君。やはり世界を走りたいとの事です。台湾を最近走ったとの事でした。

凄い急坂を上ってやっと畑の棚田に着きました。平らな場所で休憩します。

なんと!!世界2周の中西さんが!!得意の後ろ向き撮影でパチリ。

高島市の街並みを見たり琵琶湖畔を走ってお昼に道の駅「藤樹の里あどがわ」に到着しました。ここで解散です。これから蒲郡まで車で移動です。

■編集後記

JACCっていうクラブは昔から知っていて海外ツーリングの方々が集まる凄いクラブだというイメージがあります。実際そうで今在籍人数は200と何人だそうで、過去や現在世界ツーリングに出かけている方々が見えます。今回の参加者の方々もほぼ全員海外ツーリング経験者で小生もまあ2週間ばかり韓国走ったことがあります。面白いことに宿泊先の話でラブホは決して小生だけではなかったという話を聞いてちょっと安心しました。中には「1人なんだから負けて・・・・」と値切った猛者がいたとかいなかったとか・・・・(笑)最大の問題?意思疎通は大体皆さん、ボディーランゲージだそうで、これでほぼ言いたい事は通じるそうです。中国は漢字による筆談があるからダイジョーブと思っていたらこれがなかなか通じないとの事でいや、こういう生の経験談は非常に貴重だと思いました。他にも各国激安日本人旅行者御用達の宿の話とか国別美味しかったものとか、話は尽きず・・・・・・
台湾やインドは凄く良かったとか、風が凄く強かったパタゴニアの話とかいろいろ世界ツーリングの話に耳を傾ける事が出来ました。普段とはまったく違う憧れの海外ツーリングの世界にちょっぴりひたれて良い経験でした。企画して頂いたJACCの皆さん、参加者の皆さん、そして中西大輔さん、今回は大変お世話になりました。有難うございました。

2010.10.1