吉野山から吉野大峰林道

■大宇陀から吉野山下千本へ

大和上市の町。吉野川が流れています。左の空き地は駐車場になっています。

←国道370号を南下します。三茶屋で右折しますが、手前の案内看板。満開の吉野山の桜がデザインされています。

ここ吉野でもパーク&ライドが採用されておりました。シャトルバスに乗り換えます。乗用車駐車料金は一律\1500でした。

まだ早い時間に近鉄吉野駅に到着。

電車が到着するとご覧の通り。まだまだこんなものではないですよ。もう通勤ラッシュ並です。

柿の葉寿司も名物の一つですね。至る所で見られました。

このあたり下千本です。まだ・・・・残っておりました。

■下千本〜上千本

七曲がりが終わって中千本へ向かいます。

道の両側にはお店がずらっと並んでおります。

総門、別名黒門というそうです。昔は関所だったそうです。

ここでも吉野葛のお店の山本庵。かなり有名店?

目の前に見えてきたのは蔵王堂。山の上にこんな立派なお寺があります。このあたりから中千本ですね。

行けども行けどもお店が途切れません。

大きな土産店で見かけたホラ貝。他にも修行用の衣装一式売っていました。写真は中曽根首相とレーガン大統領です。

柿の葉寿司の専門店。美味しそうだなあ・・・・・

ちょっと驚いた薬屋、大きな(1m位の)ガマガエルの置物があって、もうビックリ!!

YHにもなっている、宿坊の喜蔵院。

上千本は右の坂道を行きます。

かろうじて桜が残っておりました。やはり今年は暖かい?

吉野山の看板の前でちょっと撮影。念願かなってやっと来られました。

上千本の桜の様子。いや、来て良かったです。

千本の展望台から日本一、これが吉野山の桜です。もうちょっと遅いかな?と思いましたが、なんとか日本一の桜を鑑賞出来て良かったです。正面右手が下千本。尾根沿いに登って来ました。

奥千本は右の坂道、今回はパス。

←左の立派な神社は水分(みくまり)神社。桃山時代の華麗な建築です。

■吉野大峰林道へ

林道吉野大峰線の案内看板。吉野側入口です。全線舗装、道は良いですが、UPダウンがあります。ローギヤは自分に合ったものが必要。落石も見られました。注意して走行して下さい。

林道吉野大峰線はこんな具合。かなり良い道です。

川上村天川村との境界線にて。右に曲がると黒滝村。

これから行く道が見えております。フゥ〜〜〜〜〜!!

大体標高1000m付近を行きます。今日は生憎の霞?

川上村に入りました。これからは下りです。

この古道は奥駈道。山上ケ岳へと続いております。未だに日本で唯一?女人禁制の山です。

もう今日のツ−リングもほぼ終わり。なんとなく愛車を撮ってみました。

大きな岩が。ちょうど地震の時間あたり?いやはや、当たらなくてヨカッタ!→

川上洞川林道との合流地点。右へ曲がると五番関トンネルを経て天川村。真っ直ぐは高原を経て川上村。ここは真っ直ぐ下ります。

■川上村から大宇陀へ

高原にて。吉野大峰林道と川上洞川林道の情報掲示板。

道の駅杉の湯川上でちょっと休憩。

これは入野トンネル。もうすぐ大宇陀。

大滝トンネル。、持って行ったバッテリーランプが役に立ちました。(笑)

有名な大宇陀の又兵衛桜にも行ってみました。見頃は先週だったそうです。残念!!また来年・・・・・

当日の私。今日はなかなか内容の濃いサイクリングでした。

編集後記

今回走った、日本一の桜の名所の吉野山、その後に続く吉野大峰林道のレポートですが、いかがだったでしょうか?走行距離は約60km、道の駅に帰着はPM3時でした。昼食は吉野大峰林道が始まったところの空き地で40分程度、ちょっとお昼寝も出来ました。(笑)今回感じたのですが、だんだん桜の開花が早くなってきています。来年はやはり4月1週目あたりでしょうか?2週目ではもう遅い気がします。やはり桜の時期は素晴らしいですが人が多いので、そうでない時期も面白いかも知れません。最後まで見て頂いて有難うございました。

2007.4.21