くりくりさんのラン補御前崎オフ 2006

もう前々からお誘いを頂いていて、その度に別のランとか、ヤボ用で行けなかったのですが、今回は何とか行ける見通しがついたので申し込みをして当日を待ち遠しく思っていました。主催者のくりくりさんとはもう昔からの知り合いで、彼がまだ十代、高校生の頃、私は20代前半の650Bランドナーで走っていた頃でした。あれから早30年近く、私とくりくりさんはお互い自転車の趣味は続けていて浜松時代からあまり一緒に走る機会も無かったのでもうこれは参加せねば・・・・と考えました。それとやはり1番大きい理由ですが、掲示板で知り合ってまだお会いしていない方々が参加する・・・との事なのでやはり行ってお会いしてご挨拶しなければ・・・・と考えた訳です。
行ってみて雰囲気も良く、旅館の食事も美味しかったし、なによりくりくりさんの気配りが行き届いていて快適でした。
コースも良く考えられていて過去何回か走っているみたいですが、変化に富んでいて楽しかったです。また参加したいですね。
ご一緒に走って頂いた方々にはお世話になり有難うございました。それではレポートをお楽しみ下さい。

■走行:2006.2.4〜5
■参加メンバー:関東、静岡、中京地区より約33人
■コース:
4日:新金谷駅〜小夜の中山〜菊川河川敷サイクルロード〜歴史街道館〜御前崎サイクリングロード〜御前崎〜
民宿聖火(泊) 走行:約50km
5日:民宿聖火〜塩の道〜相良油田跡〜太平洋自転車道〜小山城公園〜大井川に沿って北上〜川越遺跡前(解散) 走行:約45km
 


集合の新金谷駅にて

集合の新金谷駅にて

駅の向かいのコレクションホール。まだもう1つショーケースがあります。

本物の蒸気機関車もありました。

今回の伴走車はパピヨンさんのこの車です。

くりくりさんからコースの説明です。皆さん熱心に聞いています。

スタートしました。これはkimkazさんですね。

ちょっと休憩。とその時・・・・・

なんとyatsugareさんの車のスポークが・・・・でもそこは世界を走っていますので・・難なく修理。

お茶畑の中を快走!!

←修理の間も自転車談義。これ・・・楽しいんですよね。(笑)

NBsanとパジャマさん、コシヤマさんですね。

今回の世話人、くりくりさんです。車がまぶしいですね。→

小夜の中山にて

牧之原公園にて。私の車のPです。

当日の富士山。とてもきれいでした。

地黒団子奈さんと玉爺さんです。この日はお天気が良くて快適でした。

いよいよ小夜の中山。Real Health氏はロジェーロッシュの車でした。

凄い急坂で皆さん押しています。

パジャマさんとモン次郎さん。悪戦苦闘中。

懐かしい子育て飴で有名な扇屋。

先代おばあちゃんは3年前に亡くなったそうです。
20歳位の頃来た事があります。

ここで昼食を頂きました。

菊川沿いの快適なサイクリングロード。

おしゃべりしながら流して行きます。

これはGPSの位置測定の為の施設。初めて見ました。

塩の道の歴史街道館。塩の道の出発地点ですね。

この向こう側は遠州灘です。

今回のコースで唯一の押し地点。

快適なシーサイドサイクリングロードの始まりです。

ここから追い風になり、ちょっと飛ばします。

御前崎へGO!!

快適な御前崎へのサイクリングロード。 正面は浜岡の原子力発電所。

ご覧のようにニコニコ顔で走って行きます。撮影:パジャマさん→

もうすぐ御前崎。追い風で快走しています。

映画「喜びも悲しみも幾歳月」の舞台となった御前崎灯台。

灯台の前の広場にて。もう影が長くなってきています。

くりくりさんと。手前は私の700Cランドナー。撮影;パジャマさん

遠州灘をバックに私と700Cランドナー。
撮影:kimkazさん。

今宵の宿の聖火さん。大変良い宿でしたね。

次をクリックして頂くと民宿「聖火」さんの楽しい様子をご覧頂けます。

2006.2.12

初日の様子です。