能登半島&佐渡島ツーリング2014

■5月8日 二ツ亀キャンプ場〜両津港〜新潟(泊)                          走行:約30km

出発したのは4月26日。あれから2週間近く経ってしまいました。計画では5月10日前後新潟市に到着の予定でしたが、雨による停滞もなくおまけに1日も停滞することなく順調に来て2日も早く新潟に到着できそうです。この写真の時点で佐渡島にもう1泊して行っていない場所に行こうかな?と思ったりもしていましたが・・・・両津について昼飯食べてどうしようかと考えてみたら・・・・・両津には適当な宿がなくこれは今日中に新潟に行って予約してあるホテルに前倒しで3泊した方が良さそうだ・・・・と考えました。ホテルはそう高くなかったし、3日間も新潟でどうしようか?と心配になりましたが・・・・・で丁度上手い具合に「古町どんどん」なる新潟市古町で祭りがあり、これが・・・賑やかでライブも多数有って出演者も粒揃いでいや、素晴らしかったです。全然退屈しないばかりか、美味しい物も多数あるし新潟市の魅力が伝わってきて予想外の充実した3日間でした。祭りに出演したアーチストはもちん素晴らしかったのですが・・・・・その中の1つなんですが・・・・今まで「アイドル」なるものには全然興味はなかったのですが、新潟地方アイドルの「RYUTist」はそれまでの「アイドル」に対する見方、考え方がガラッと変わってしまいました。ライブを通して子供からお年寄りまでライブ会場全体が1つになって凄い盛り上がりで・・・・・新潟のアイドル「RYUTist」に出会えて生ライブを見る事が出来た・・・・というのは今回のツーリングでひょっとして最大の収穫だった・・・・・かも???

向こうに見えるのは二ツ亀島。大変景色の良い所でした。さあ今日は・・・・新潟へ・・・・あるいは佐渡島にもう1泊・・・・・???

朝食を食べてテントを撤収して・・・・・・いよいよ出発!!
今日も良い天気です。

さあ、両津に向かって出発です。今日は30km走るだけ。
実質今日で走行は終わり・・・・・です。

出発してすぐ、鷲崎付近です。車はほとんど走っていません。

鷲崎を過ぎて・・・・両津を目指して走って行きます。穏やかな良い1日になりそうです。

余り変わり映えしない景色が続きますが・・・・・・
この辺で最初の休憩。

たまには写真に入ってみようとセルフで撮影。お店やコンビニの類はほとんどなし。でもまあ・・・両津までは30km程度ですので心配なし。

後ろはこんな景色です。

いつも5月に行なわれる佐渡島ロングライドの距離表示板。
今年は5月18日行なわれました。スタート地点は・・・・・両津に近い佐和田町のようです。


http://www.sado-longride.com/

両津まであと・・・・10km。さあて、今日は佐渡島にもう一泊するか・・・それとも新潟へ渡ってしまうか・・・・・この時はまだ気持ちは半々でした。新潟へ渡ってしまえば・・・・・走るのは実質今日で終わりで・・・・・新潟では週一便のフェリーを待つことになります。

もうすぐ両津と言う所で右手に雪を頂いた山が見えて来ました。

その山は・・・・・・・・・佐渡島で一番高い山、金北山で1172mあります。佐渡島には面白そうな林道もあり・・・・・・また走ってみたいフィールドです。

両津港です。いろいろ考えて新潟へ渡ってしまうことにしました。乗る船は「ときわ丸」です。

両津港ターミナルにて。乗る船のスケールモデルですね。

愉しかった3日間の佐渡島ツーリング・・・・・・
いよいよ出港ですが、行きは酔ってしまったので・・・・・
ちょっと心配していました。が、この船も新潟〜敦賀フェリーもラッキーな事に酔いませんでした。

佐渡島が・・・・・・だんだん遠くなって行く〜〜〜〜〜〜〜〜!!

新潟港です。なぜか写真を撮ってなかったので・・・・この写真は敦賀へ出港の時のものです。

小生初めての新潟市です。新潟と言えば・・・・・やはり田中角栄とか、プロレスラーのジャイアント馬場とか、はたまた歌手の小林幸子とか・・・・知識はそんな程度でしたが・・・・・ちょっと退屈な3日間になるのかな?と思っていました。

泊まるホテルは・・・・東横INさん。新潟には2つあって駅前とこの古町のです。どちらにしようかなと考えてとりあえず港に近い古町にある東横INさんを予約していました。でtelして3連泊したいので・・・・と言ったら即OKでしたが・・・・・自転車をドコに保管するかでちょっと一揉めしました。


言われた場所に行ったら・・・・なんと立体駐車場とホテル本館の間の狭い場所で屋根もなし、フロントに「自転車は部屋に持ち込みたい」と伝えたら「ちょっと待ってください・・・・」と。  どうやらごく一般的な自転車と思っていたようで(そりゃそうだ)・・・・・・・、ちゃんと採寸して寸法オーダーしていろいろ指定して部品も何年もかかって集めて世界一の自転車ハンドメイド工房のTOEI社に直接オーダーして何ケ月も待ってやっと出来上がって・・・・というのを説明してやっと分かってもらえたようで・・・・・ままこういう事もあります。前例がなかった様ですが、駅前のホテルの方では1回あったそうでホテル支配人からOKを頂きました。良かった、ホッ!!!嗚呼、疲れた・・・・・・

写真は3泊した東横IN新潟古町さんです。

自転車の件も一件落着、荷物をを置いて近くの古町商店街へ。アーケードになっていてお店がズラッと並んでいます。

←新潟県は漫画家を多数輩出しています。その中の水島新司氏の代表作「ドカベン」の登場人物のブロンズ像がいくつか飾ってありました。写真は山田太郎「ドカベン」ですね。

ブラブラ歩いていたら・・・・1枚のポスターが・・・・・・
おおっ!!10日から古町どんどんという祭りがあるらしい・・・・この時、NegiccoもRYUTistもどういうものか全然知りませんでした。

この日はホテル近くの中華レストランで中華飯をオーダー。ホテルの近くには食事が出来る店は多数有りました。

9日はまあ近所をブラブラして10日からは古町どんどんです。それを楽しみにして・・・・・・

東横INさんは居心地の良いホテルで朝食付き、3日間お世話になりました。

■最終章 新潟での3日間と敦賀へのレポ−トは次へをクリックして下さい。

戻る        TOP          次へ 

2014.10.26