乗鞍岳から平湯・安房峠へ

ここ何年かの夏の暑さは尋常でないような気がする。冬でもそんなに寒くなく、雪もあまり降らないようになってしまった。もうこの年中で一番暑い時期は一つ日本道路最高所の2700m級を走ろうかと言う訳で、今回選んだ目的地はもちろん、乗鞍岳。畳平は標高約2700m、自動車道の標高としては日本一の高さを誇り、乗鞍高原駐車場からの標高差は約1200m、ここを約20kmのエコーラインが走っていて、毎年8月の末にヒルクライムレースが行われる。速い人は1時間を切って完走するそうで、もうただただビックリ!!である。私は頂上からご来光を見る為今回一泊の予定でゆっくりマイペースで行く事にした。目的はもう一つ有って、スカイラインはまだ走っていないので、是非この機会に走ろうと思った。さて、そんなこんなの乗鞍行きはどうだったのか、レポートをお楽しみ下さい。


7月23日 乗鞍高原無料駐車場〜三本滝〜位ケ原山荘〜畳平〜肩の小屋  走行:約20km

駐車場からすでに畳平が見えている。ヒョエ〜!!あんな所まで登って行くのか?

出発してちょっと振り返る。この辺りはまだまだ余裕。
自転車は今回パスハンター。

冷泉小屋前にて。もうこの頃になるとカッと日が照ってきて大分体力消耗している。

目の前に登りが見えている。ガックリ。ギヤはすでにロー&ロー。(26×24)

位ケ原山荘前にて。一組のサイクリストが休んでいた。このあたりで約7合目。

少し上がって冷泉小屋と位ケ原山荘が見える。もうこのあたりからだんだんへばってきた。

4年前に来た時には4m以上の残雪があってビックリしたものだったが、今年はご覧の通り。

もう少しで畳平。県境が見えている。いや、この登り、楽ではない。(笑)

県境に到着。時刻はPM1時半。結局下から3時間半かかってしまった。

畳平の様子。以前はマイカーで満杯だったが今はもうご覧の通り。

遊歩道から見る畳平。

同じく遊歩道から見たエコーライン。

肩の小屋の手前から見た乗鞍岳。ここからでも沢山の人が登っているのが見える。

乗鞍岳肩の小屋。なんと標高2800mでお風呂
が有ったのにはもうビックリ。!!

肩の小屋の夕食はこんな具合。
お代わりは自由でまあ、ごく普通の夕食。

乗鞍岳をバックに。一番左のピークが剣ケ峰(3026m)


7月24日 肩の小屋〜畳平〜スカイライン〜平湯峠〜安房峠〜R158〜白骨温泉〜乗鞍高原  走行:約50km

乗鞍岳3026mからのご来光。時間と共に刻々空の色が変化していく様子はもう圧巻!!

乗鞍岳頂上から見た穂高連峰。
手を伸ばせばすぐ届きそうな近さ。

剣ケ峰3026mの標柱の前にて。前回はガスの中で今回はやっとパノラマを見られた

頂上の乗鞍本宮。簡単なお土産も売っていて驚いた事にここの人は毎日下から上がって来ているのだそうな。

さて、スカイライン初下り。天気も良く最高!!な下りだった。

遠くに穂高連峰も見えた。

九十九折れを快適に下る。ヒャッホー〜〜〜!!

快適に下って平湯峠にて

AM10時半、安房峠頂上に到着。すぐ下に上高地乗鞍スーパー林道の入口が有ったが、通行止めだった。

上高地入り口を通過、白骨温泉口から帰る事にする。

今入浴剤問題で話題の白骨温泉。無料露天風呂はその為か本日は休業だった。

蛭窪トンネル。ここまで来れば・・・・やっと着いたって
感じだった。

7月23日
乗鞍高原〜位ケ原山荘〜畳平〜肩の小屋
走行:約20km

標高差:約1200m

7月24日
肩の小屋〜畳平〜平湯峠〜安房峠〜
R158〜白骨温泉〜乗鞍高原

走行:約50km

標高差:約1200m

2日合計
走行距離:約70km
標高差2400m

いや!!これは・・1日ではちょっときついコースだと思います。(笑)


走行データ&MAP

2004.7.26