餅街道サイクリング完結編

御福餅本家の御福餅。

祝!!復活の赤福餅。

個人的に一番好きなへんば餅。

去年の春からUGの兄♭♭♭氏発案の餅街道サイクリングですが、今回完結編を行うことが出来ました。まあ、餅街道というのは東海道桑名宿〜伊勢参宮街道内宮まで約90kmを言います。去年の春は餅街道前半 桑名宿〜津宿、秋は餅街道後半 津宿〜内宮を行いまして好評を頂きました。しかしながら・・・・ご存知の様に赤福表示偽装問題が発覚、後半津宿〜内宮を走った時には赤福は営業停止、また御福餅も行きましたが伊勢支店で二見本店はまだ行ってない、太閤餅も売り切れでお店は閉まっていた・・・・という、はなはだ何かスッキリしない幕切れになってしまいました。このまま餅街道サイクリングを終わって良いのか・・・・???という思いがあって、悩んでおりましたがやはりここは最後に全部廻ってスッキリ終わりたい・・・・という気になって今回完結編を行った次第です。参加メンバーは言いだしっぺのUGの兄♭♭♭氏と私だけの2人だけでしたが、当日は晴天、おまけに桜満開で行ってみた宮川堤の桜も見事なものでした。餅屋も3軒廻ってそれぞれ賞味して来ました。それではどんな餅街道サイクリング完結編だったのか、レポートをお楽しみ下さい。

■実施:2008.4.6
■参加者:UGの兄♭♭♭氏 akuta
■コース:
宇治山田〜二見浦〜御福餅本家〜二見道〜お伊勢まいり資料館〜内宮〜わらじや(昼食)〜赤福本店〜伊勢参宮街道〜古市参宮街道資料館〜宮川堤〜へんばや斎宮歴史博物館〜松阪  走行:約48km

■宇治山田駅〜二見町〜内宮

私は松阪から走って行きました。早朝の宮川堤。桜が満開です。

宇治山田駅でUGの兄♭♭♭氏と落ち合いました。

今日の車はnagasawa固定ギヤプロムナードですね。

二軒茶屋川の駅にて。遊覧船が丁度来ました。この勢田川は昔、伊勢神宮参拝や河崎⇔江戸間の物資運搬で船の行き来が盛んでした。

二軒茶屋餅さんです。ここも美味しいですね。

ここのお餅はつぶ餡を薄皮で包んできな粉をまぶした上品な御餅です。

二見浦にてUGの兄♭♭♭氏。

同じく私。この時は引き潮でした。

二見道を通ってお福餅本家へ。このあたりは土産屋などが並んでいます。

二見町の御福餅本家にて御福餅。美味しいですね。

御福餅本家はこんな感じ。

工場はこの中にあります。作っているのが間近で見られます。ここが本店で支店は伊勢に一つあります。


この日は観光バスで団体さんが来ていました。

お伊勢まいり資料館にて。和紙で壮大なお伊勢参りが表現されています。

案内パンフ。

パンフから。

古市には伊勢参りの帰りに寄って遊んだ遊郭が多数存在していました。三大遊郭として備前屋(写真)油屋、杉本屋が有名でした。

特に寛政八年に起こった油屋騒動は有名です。歌舞伎や芝居でたびたび上演されています。

今はポツンと往時の場所を示す石碑が建つだけです。


写真は遊郭「備前屋」の最盛期を表現しています。毎夜毎夜「伊勢音頭」が歌われ、踊られたということです。

お昼はお祓い町内わらじやさんで頂くことにしました。

メニューは伊勢うどん+てこね寿司のてこねセットです。

お約束の赤福。お盆はすぐ買えますが・・・・・・

お土産はなかなか・・・・こちらは内宮前支店。列は50m以上。

で本店はというと・・・・・ご覧の通り。列は100mくらいは有りますかね?お土産を買うのは至難の業です。今回も買えませんでした。トホホ・・・・

■内宮〜古市〜宮川堤〜伊勢参宮街道〜松阪

伊勢古市参宮街道資料館にて。古市の華やかりし頃の資料が多数展示してあります。右はパンフ。無料でボランティアの説明もあります。

伊勢参宮街道で唯一昔の旅籠で往時のまま今も古市で営業をやっている「麻吉」さんです。県の重要文化財に指定されています。

←旅人に大変人気のあったお杉とお玉の石碑。このあたりで三味線を弾いて歌っていたそうです。古市にて。

日本100名桜で有名な宮川堤公園。人人人・・・・桜は見頃でした。

宮川堤を後にして・・・・・

伊勢参宮街道を快走します。

本日3軒目のお餅屋のへんばやさん。

やはり・・・・ここは外せません。何個でも入ってしまいます。不思議ですね。(笑)お土産も買ってしまいました。

斎宮歴史博物館にも寄りました。斎王祭りは是非一度は見たいですね。今年は6月7日〜8日開催だそうです。

斎宮歴史博物館にてUGの兄♭♭♭氏です。

再び参宮街道を快走して松阪へ向かいます。

松阪駅にはPM4時頃到着。今日は有難うございました。

編集後記

まあ、こんな感じで2人だけでしたが、なんとか愉しく走って来ました。去年から行っている餅街道サイクリングは今回で完結しました。
廻った餅屋は全部で9軒、売り切れだったり、閉まっていたり営業停止などもありましたが、なかなか愉しいサイクリングではなかったかと思います。総じて桑名〜神戸まではなが餅、(細長い)津宿〜内宮は主に丸餅でしたが、形なんかも地方で違っていて面白いですよね。
私は下見も含めて全部賞味、50何ケ頂いてしまいました。(笑)今ではちょっとした餅街道フェチ?マニア?的になってしまったかも。それぞれのお店のお餅の味や形は全部分かりますよ。今回でひとまずこのシリーズは終わりますが、また何かテーマを持ってサイクリング出来たら、と考えております。最後まで見て頂いて有難うございました。またこの餅街道サイクリングのアイデアを頂いて今回もご一緒して頂いたUGの兄♭♭♭氏に感謝します。

2008.4.10