クラシックロード走行会2008 Vol.2 琵琶湖編

水郷の街、近江八幡でのPHOTO。今回はイギリス固定ギヤ2台にTOEIロード・スポルティーフの計4台でした。

去年あたりからだんだんさかんになって来たクラシックロード走行会ですが、今回は琵琶湖のほとり、水郷の街近江八幡を中心にして行われました。当日は天気予報が芳しくなく午後から雨も心配されましたので当初の予定コースはちょっとカットになっています。私は当然去年作ったTOEI Course Routeで参加の予定でしたが、急遽ガ−ド付きのスポルティーフにしました。以前琵琶湖一周で降られてしまってつらい思いをしてしまったからです。ゴアレインハット+ポンチョ持参という万全の体勢。しかしながら・・・・幸運というべきか降られませんでした。当日の参加者は4名、ちょっと少な目の人数ですが、まあ、これくらいが纏まりもあって良いかなと考えています。今回の近江八幡は古い街並みが残っていて大変愉しかったです。やはりよし笛ロードが良いですね。それとランチ、ティータイムのシャーレ水ケ浜がすごくおしゃれなお店ですっかり気に入ってしまいました。それではどんな走りだったのか、レポートをお楽しみ下さい。

■走行:2008.3.23
■参加者:UGの兄♭♭♭氏、レオナルホドさん、kawakamiさん、akuta 計4人
■コース:長命寺〜
近江八幡〜(琵琶湖よし笛ロード)〜安土〜能登川〜国民休暇村〜長命寺 走行約40km

■参加クラシックロードレーサーのご紹介

レオさんの1954 Hetchins Experto Crede

UGの兄♭♭♭氏の1952 Claud Butler Orympic Sprint

kawakamiさんの1988 TOEI Road Racer

私の1980 TOEI Sportif

■スタート〜近江八幡市内

今回もUGの兄♭♭♭氏に案内して頂きました。

レオさんとkawakamiさんです。

近江八幡、朝鮮人街道です。この街道は野洲〜近江八幡〜安土〜彦根〜鳥居本宿間約41km、かつて朝鮮通信使が通行した旧街道です。

往時の面影が残っている朝鮮人街道。

1954HETCHINSに乗って快走のレオさん。

明治時代?歴史を感じさせるレンガ造りの建物。

市内を流れる八幡堀。散策も愉しそうです。

八幡堀の横で自転車談義です。(笑)

近江八幡市内には昔の町並みが多数残っています。

近江八幡を愛していたアメリカの建築家ウィリアム・メレル・ヴォーリズ記念館の前で記念撮影。

この家の見学は要予約です。すでに開館時間を待っている方がいました。その方に撮って頂きました。




■近江八幡を愛したアメリカ人ウィリアム・メレル・ヴォーリズ

pdfファイル
http://www.pamph-navi.jp/art/view_dynamic/pdfView.php?src=pam10000609

前出のウォーリズ設計の建物。和洋折衷になっています。

お約束の近江牛のコロッケ。美味しかったなあ〜〜〜〜!!

ヴォーリズ設計の近江八幡小学校。

今時の小学校はコンクリートで画一的な建物ばかりですが、当時の小学校はこのように端正な設計でした。

木造の白亜の塗装で優雅な外観です。

■近江八幡〜安土〜シャーレ水ケ浜〜長命寺

近江八幡を後にして・・・・・

よし笛ロードに入ります。よく整備されていますね。

よし笛ロードにて。

サイクリングロードはかくあるべきの典型的な見本だと思います。とにかく走っていて気持ちが良いですね。

路面がちょっと荒れていますが、変化に富んでいて走っていて愉しいです。

ここもよし笛ロードです。まさに自転車専用道。

奇跡の復活のUGの兄♭♭♭氏です。(笑)

直径13mの大水車。水車公園にて。

さあ、シャーレ水ケ浜へ向かって走っていきます。

昼前はちょとだけ天気が回復して上着は脱いでおります。

走ってみればそんなに悪い天気でもなかったかな・・・・・???

このあたりはまだ並んで走っておりましたが・・・・?

軽食喫茶の「シャーレ水ケ浜」へ到着。来る前がチト大変でした。(笑)

私はビーフカレーをオーダー。美味しかったです。

テラスで昼食を摂りました。目の前は琵琶湖です。

琵琶湖畔のおしゃれな軽食・喫茶の店「シャーレ水ケ浜」。

落ち着いた雰囲気です。

昼食後お店の前で記念撮影。

いや、今日は天気もなんとか持っておしゃべりも出来たし、近江八幡も良かったし、ここの食事&優雅なティータイムも良かったです。

皆さんの満足げなお顔をご覧下さい。

この日は対岸の比良山系はよく見えませんでした。この絶景の場所で各人の走行シーンの撮影会。いや、今日は愉しかったです。

編集後記

今年第3回目となるクラシックロード走行会ですが、近江八幡市内見学あり、近江牛コロッケ賞味、走って愉しいよし笛ロード、巨大水車、琵琶湖畔のおしゃれな軽食喫茶のお店シャーレ水ケ浜で絶景を目の前にしての食事など大変内容の濃いクラシックロード走行会だったと思います。年に何回かコースを変えて行う予定です。参加しみたいと思われる方のエントリーを心よりお待ちしております。今回のコース設定案内のUGの兄♭♭♭さん、参加の皆さん有難うございました。また最後まで見て頂きまして有難うございました。

2008.3.27