故郷へ・・・南九州ツーリング2011

鹿屋航空史料館です。写真の航空機は日本が世界に誇る二式飛行艇です。世界にただ一機、非常に貴重な機体といえると思います。昔は東京・船の科学館に展示してありましたが、今はここ鹿屋に屋外展示になっています。

52日 大泊キャンプ場〜根占〜鹿屋〜道の駅くにの松原おおさき(泊) 走行:約85km

快適な夜でぐっすり寝られました。
これからモーニングコーヒーを飲んで朝食を作って・・・・・
撤収して出発です。

ここ佐多から宗谷岬まで2700kmとの表示がありました。
日本縦断は・・・・・・一番早い人で確か1週間程度で達成の記録があったように思います。

小生の周りでは2〜3年前にcottamanさんと御友人が50日程度で達成されていますね。1日平均60km程度という事でやはりこの程度の距離でゆっくり走る方が小生も性に合っています。

佐多町伊座敷を経てR269から鹿屋へと向かいます。本日は例の黄砂のようで景色が霞んでいます。

途中で古めかしい大砲を見掛けました。
この大砲は有名な生麦事件(文久2年、1862)がきっかけで薩英戦争が起きましたが、その時使用されたものだそうです。

行きがけに寄った「道の駅ねじめ」です。
昼には少々早くアイスコーヒーなど所望してみましたが・・・・・
喫茶もAM11時からとのことであえなく退散。
ここで小休止としました。

と、頭の上をロッキードP3C オライオン対潜哨戒機が・・・・・・もうすぐ鹿屋航空機基地です。ここで例の航空機史料館を見学していく予定です。

2式飛行艇です。2年ぶりの再会です。
最初は車で来て見学しました。今日は自転車と言うことで・・・・・見た所あまり変わっていませんでした。

鹿屋航空基地史料館入り口です。ご存知と思いますが・・・・・ここから海軍航空隊特攻機が飛び立って沖縄方面の敵機動部隊に突入していきました。薩摩半島の知覧は陸軍航空部隊の基地でした。史料館には突入して亡くなった若者の遺影が並んでいました。中の零式艦上戦闘機五二型ははまさしくこの方たちが乗った当時の機体をそのまま忠実に復元したものです。

中に展示してある零式艦上戦闘機五二型。この機体は鹿児島湾に沈んでいた2機の零戦を1つの機体として当時のままに忠実に復元したものです。細部まで当時の新造機はこのような物だったと確認することが出来ます。

零式艦上戦闘機五二型計器類です。7.7mm機銃も装備してあります。

今日のお昼は・・・・黒豚カレー大盛り。美味しかったですね。

この日はまあまあ良い天気でしたが、明日は雨の予報です。行く予定の都井岬は天気次第で行く行かないを判断しようと思いました。

写真は道の駅「くにの松原おおさき」です。なぜか大きいカブトムシのモニュメントがありました。今日はここまでとしました。

■大浴場のお風呂
■豪華なメニューのレストラン(しかも夜9時まで)
■近くにはコンビ二

・・・・こんな好条件の道の駅はめったにありません。いや〜〜〜凄く感じの良い道の駅でした。この日はぐっすり寝られて良かったです。


明日は・・・・今回のツーリング最大の危機が・・・・・
待ち構えていました。トホホ・・・・・・

■5月3日のレポートは次へをクリックして下さい。

2011.5.18