故郷へ・・・南九州ツーリング2011

本土最南端佐多岬です。まだ20代の頃に1回来てこれで2回目ということになります。展望台からの写真です。

■51日 湯の里YH〜山川〜(なんきゅうフェリー)〜根占〜伊座敷〜ロードパーク〜佐多岬〜大泊キャンプ場     走行:約40km         

指宿湯の花YHの朝食です。必要にして充分な品数、ボリュームの美味しい朝食でした。

ペアレントさん、バイクの方と共に記念撮影。雨は上がっていました。

今日は朝からここ、なんきゅうフェリー会社へtelして運行するのかどうか確認しました。昨日のバイクの方から「昨日は1日運休していた」との情報を聞いていたからです。

「ハイ、運行しますよ。」の「返事を聞いてヤレヤレ・・・と思いました。最悪鹿児島に戻って南鹿児島〜垂水間の大隅交通ネットワークフェリーで大隅半島へ行かなければならないかなあ・・・・と考えていました。

フェリーが到着しました。1日4便、乗り遅れたら大変です。ここの運行システムはちょっと変わっていて車は車とドライバーだけ、バイクや自転車はそれだけ載せて人間は後から高速船で運ぶシステムです。

フェリーがやって来ました。車が10台ほど載ったらもう一杯の小さな船です。

件のフェリーが出航してから後から高速船がやってきました。
この人たちは車の同乗者です。

以前もこのフェリーに乗ったことありますが・・・・確か同じ船で行けました。

フェリーは予定通り根占に着いて一安心。で予定通り佐多岬へ行くことにしました。

ここは「道の駅根占」です。多分九州最南端の道の駅だと思います。丁度お昼なのでランチを食べていくことにしました。最近リニューアルしたみたいで中はきれいでした。

本日のランチは豪華なカツ定食。
いや、美味しかったです。ここには良いキャンプ場があります。どうしようかな?と思いましたが・・・・・
佐多岬までUPダウンの多いコースがここから30数km続くのでやはり佐多岬近くのキャンプ場でキャンプすることにしました。

今日はちょっと暑かったのでランチの後にアイスコーヒーなど頂きました。

本土最南端Aコープ。佐多町にて。買物などはここが最終となります。小生はフェリー乗り場近くで2食分買ってあって準備万端。

ちょっと写真は撮って無いですが・・・・・・佐多町伊座敷まではほぼ水平で快適なツーリングが愉しめますが、伊座敷からはUPダウンが多くなります。

日本縦断サイクリングなどの場合によく登場する佐多岬ロードパーク料金徴収所跡。今は無料かなあ・・・・・と思っていたらこの先でしっかり\500取られました。本日のキャンプは左の看板の大泊キャンプ場の予定です。

北緯31度線の案内標識。最初に行った時は証明書がもらえました。右はその証明書。今では貴重品です。   あの頃は・・・・若かったなあ・・・・

ロードパークも結構きついです。やっと到着しました。

佐多岬まで歩いて行って記念撮影。

今日も結構走りました。大泊キャンプ場です。ここにつ着いたら・・・・・なんとCAMPING車がパンク。後ろでしたが、早速予備チューブと交換してすぐ修理完了。例の携帯式フロアポンプの威力は凄いです。あっという間にカンカンになりました。夕食を作って食べてあとはラジオを聴いてゆっくりしました。今日はバイクの方が後から後から来てほぼ満杯になってしまいました。明日は鹿屋へ行って大崎あたりで泊まる予定。

5月2日のレポートは次へをクリックして下さい。

2011.5.17