故郷へ・・・南九州ツーリング2011

桜島一周を終えて指宿へと向かいます。左手に錦江湾を望み、遠くに桜島が霞んでいます。

■429日 桜島一周〜袴腰〜(櫻島フェリー)〜鹿児島〜道の駅指宿(泊) 走行:約80km

夜はチト騒音がしましたが、なんとか寝られました。さあ、今日も快晴、桜島一周へと出発します。朝の「道の駅桜島」です。時間的には一周したら昼前になるのでこここでランチを頂く予定。桜島一周は約35km、ゆっくり走って午前中には走り終える予定です。

どっち向きから廻ろうか考えましたが、オーソドックスに時計回りとしました。
フェリー発着場に桜島フェリーが入港して来ました。→

周るにつれて桜島は山容がだんだん変化して行きます。一番北側あたりではこのようになります。

快適に走行しますが・・・・・この先で凄い物を見てしまいました。なんとそれは・・・・・・

桜島の火山灰です。砂ではなくて地元の方に聞いたらやはり思った通り桜島の火山灰でした。この先で所々で見られました。

桜島は4回大噴火しているのが知られています。ここは1779年安永8年の噴火による溶岩が見られる場所です。→

これはバス停?ではありません。桜島噴煙の際の火山灰避けの退避壕です。一定の間隔で設置してあってちょっと驚きました。

桜島を東側から見るとこのようになります。左手噴煙が上がっている所が南岳付近の噴火口です。で良く見ると山容は全部溶岩で覆われているのが分かります。

有名な黒神地区の埋没鳥居。これを見たくて桜島一周を計画しました。

脚の部分は約2m埋まっているそうです。

埋没鳥居の解説図です。2mも埋まっているのですね。

噴煙の瞬間を見ることが出来ました。今日も噴煙を上げています。

すると・・・・早速表示されました。

有名な溶岩道路。昔のサイクルスポーツ誌で載っていていつかは・・・・
と考えていました。走ることが出来て良かったです。

溶岩道路を快走します。この時遠くに開聞岳が見えました。(写真では分かりませんが)明日登る予定です。当然の事ながら・・・・周りは全部溶岩です。

AM11時過ぎに道の駅櫻島へ到着、ランチを頂きました。美味しかったですね。この後桜島フェリーで鹿児島へ戻ります。

桜島をバックに記念撮影しました。

鹿児島港です。まだ昼ですので今日はゆっくり行けそうです。念願の桜島一周が出来ました。

内之浦ではありません。巨大なH2ロケットが・・・・???近くには行けませんでした。
近くに行ってじっくり見たかったです。

指宿に入りました、今日は・・・・道の駅いぶすきの予定です。

「道の駅いぶすき」です。本日はここまでとしました。で・・・愉しい出会いがありました。

道の駅で出会った彼ですが神奈川から1年間、カブで日本一周だそうです。凄い荷物の量でした。

2人で記念撮影をしました。この夜は旅の話で盛り上がりました。彼まだ若くて今は無職ですが、資格があるのでツーリングの後も全然心配してないそうです。やはりテント装備でツーリングの考え方などはサイクリストとまったく同じでした。距離を走るのではなくて人との触れ合いを大事にしたいと話していました。

これから日本最南端の石垣島へ、夏は北海道を走って1年後に神奈川へ帰るそうです。出発してまだ2週間との事でしたが、随分旅慣れた様子で有意義な1日でした。
今頃は石垣島で過ごしているのでしょうね?

明日はいよいよ・・・・開聞岳登山の日です。はたして・・・・・???

■30日のレポートは次へをクリックして下さい。

2011.5.15