映画に登場する航空機よもやま話                                                     2013.9.2

小生はサイクリング以外の趣味の1つに航空機モデルコレクションと言うのがありまして・・・・・昔はどこのお店に何があるというのが全然分からなくて近場のお店を巡回するだけでしたが、最近と言うよりもPCを始めるようになってから世界中のお店の情報が手に取るように分かるようになっていやはや、個人輸入なるものを始めてしまいました。特にebayの存在は大きいですね。世界中のショップの情報が集まっています。これを利用しない手はありません。・・・・・という訳で現在1ケ月に大体1機、年間12機程度オーダーしています。最近はかなり集まったのでそろそろやってみたかった、映画の中に登場する航空機の話とか、歴史的な航空機、何かエピソ−ドがある有名機の話とか、そのモデルを紹介しながら記事を書いていったらこれは凄く面白いのではないかと言う・・・・・(1人よがりの可能性大いにあり???)今回は・・・・映画「メンフィスベル」と「ドレスデン 運命の日」を少し書いてみます。

■映画「メンフィスベル」とBoeing B-17F

映画のあらすじですが、第2次世界大戦中、イギリス・バッシンボーン空軍基地に展開していたアメリカ陸軍第8航空隊所属B-17F"Memphis belle"は '43年5月17日、25回の爆撃ミッションを達成、一躍有名になります。爆撃ミッションを25回達成したクルーは帰国出来るようになっていて、その最後のミッションの様子が描かれている映画です。バッシンボーン基地を離陸、目標はドイツ・ブレーメン、編隊を組んで飛行して行きます。敵上空ではBf109メッサーシュミットやFw190フォッケウルフ戦闘機が襲いかかって来ます。何機か撃墜されてしまい、ようやく目標の戦闘機工場上空に到達しますがあいにく雲に覆われて目標は見えず・・・・・・なんとかやり直しの爆撃でミッションを達成、帰途に就きますがまたしても敵の戦闘機が・・・・・・被弾してしまい、乗員1名負傷、右第3エンジンは火を噴いてストップ、さあ、どうやって基地まで帰り着くのか・・・・・???

撮影はイギリス博物館所有の実機B-17G "Sally-B"というG型をF型に改造して撮影しています。その為に前方のチンターレット銃座他外してF型に改造してありますが、いや、全然分かりませんよね。で映画を見た方はご存知の様にやはり実機使用で凄く迫力があります。まだ飛行可能な機体が何機かありますのでこのような撮影も可能になりました。映画に登場のモデルB-17F "Memphis Belle"実機はオハイオ州デイトン空軍博物館にあり、最近レストアされています。小生は'87年に1回訪れていますが、あの紫電改とともにもう1回見てみたいですね。

■映画「メンフィスベル」DVDと参考文献

ワーナーホームムービー。
封切りは'90年。実はリメイクでその前に同名の作品があります。

■CORGI  1/144  B-17F "Memphis Belle"

このモデル、なかなか入手困難でイギリスのショップで購入。購入の際にちょっとすったもんだがありましたが、なんとか入手出来ました。カラーが実機と違っていてダークグリーンではなくてオリーブドラブが正解。

同社で1/72のモデルもあり、欲しかったのですが・・・・展示スペースの関係で1/144を選択。機体はまあまあの出来ですが、プロペラがちょっとねえ・・・・・・・???

F型の特徴は良く出ていると思います。いかんせん、塗装色とプロペラが実機と違うのがやや残念。

このB-17爆撃機はアメリカ欧州でB-29よりも人気があるそうです。後姿もカッコ良いですね〜〜〜〜〜!!

■ALTAYA  1/144  B-17F

F型が好きでもう1機購入してしまいました。モデルの出来はこっちの方が上のような気がします。カラーはこのオリーブドラブが正解。

このモデルは凄く廉価でちょっと心配だったのですが・・・・・なかなかの出来です。下面のニュートラルグレーも実機と同じカラーで好ましいですね。

右側より。塗装マーキングも素晴らしいし、いや、良いモデルだと思います。前面の12.7mm機銃は2丁が正解。

■hasegawa 1/72 B-17F "Memphis belle"

小生が昔製作した長谷川のキットです。映画を見てキットを探して製作しました。なかなか無くて苦労して見つけました。1/72でやや大きいですね。今でも大事に保管しています。

■映画「ドレスデン 運命の日」とAvro Lancaster B1

ドイツアルバトロス社製作の英国空軍ランカスター爆撃機によるドレスデン空襲を描いた映画。アンナと英国人パイロットロバートのロマンスを軸に描かれています。

日本ではランカスター爆撃機の資料はあまりなくてイギリスから取り寄せました。ランカスターはイギリス3大爆撃機の中で一番有名な機体です。

■出版:Midland
■著者:Perter. C. Smith

Corgi社1/144の"Avro Lancaster B1 "です。ダイキャストモデルでは決定版だと考えています。同社1/72モデルは精密に出来ています。いや、欲しかったのですが・・・・・・???

Avro Lancaster爆撃機は約10tの爆弾を搭載出来ました。別の映画「暁の出撃」(1955)ではドイツ・ルール工業地帯をダム破壊により水没させる計画を立案、機体を改造してダムバスターという呼名で水面を跳ねる爆弾を搭載、作戦通りダムを破壊し、ルール地方の工業地帯を水浸しにする大戦果を挙げて一躍有名になりました。

イギリス機のこの塗装とマーキングが大好きです。いやこれは実機とほぼ同じで満足しています。

このモデル、ギア(脚)が無いモデルなんです。従ってスタンドで飛行姿勢しか再現出来ません。現在17機が現存していてうち飛行可能な機体が2機あり、特に気を使って保管されています。年に1回はバトルオブブリテンメモリアル飛行が行なわれて元気に飛行しています。先のダムバスターBVは70周年記念日に現地でメモリアルフライトを実施していますね。このランカスター爆撃機もイギリスへ行って実際に見てみたいです。

■レストア中の"Memphis belle"

モデルアート臨時増刊No423。生い立ちや歴史、塗装カラー図、マーキングなどモデラー必携の本。

文林堂世界の傑作機シリーズNo14。豊富な写真と資料で貴重な本です。

実機のMemphis belleはオハイオ州デイトン空軍博物館にてレストアされました。現在では終了していると思います。

■バトルオブブリテンメモリアル飛行でのAvro Lancaster 爆撃機

世界で最も美しい街、ドレスデンに魅せられた筆者が綴るドレスデンの街のエッセイ。これを読んでいつか行きたい街です。

■出版:草思社
■著者:川口マーン恵美

あのドレスデン空襲は'45年2月13日、第1波は243機、第2波は529機、計772機で空襲、街のほとんどが瓦礫と化しました。

約70年前の爆撃機が今なお飛行可能状態にあって素晴らしいと思います。関係者の努力には敬意を表します。この機体のコードレターは右はBQ◎B,左はHW◎Rであれっ???
そう、この機体のモデルを所有しているんです。フッフッフ・・・・・・(笑)

■編集後記

映画も好きで航空機も大好きです。いつしか映画に出てくる航空機のモデルを集め始めました。最初は何だったかな?バトルオブブリテンやこのメンフィスベルあたりだったと思います。日本の航空機ではやはり零戦ということになりますが、日本に約10機ある零戦全部見てやろうという壮大な計画も密かに持っています。まだ過半数ですが・・・・・それにしても今回のB-17といい、ランカスターといい、飛行可能な機体がまだあるという・・・どこかの国の「大戦機は飛行禁止」と言う規則にはほとほと悲しくなります。この国は決して航空先進国ではないと断言出来ます。航空機は飛んでこそ航空機で飛ばなかったら単なるオブジェに過ぎません。ちょっと言い過ぎたかも知れませんがかの国では第1次大戦機、そう、複葉機も今なお飛んでいます。この辺がまったく先進国らしからぬ点であると痛感しています。このシリーズはまだタマが多数有るので(笑)ボチボチ書いていこうと考えています。同好の士といろいろ航空機やモデル、映画の話が出来たら愉しいかなあ・・・・と思っております。