リニア・鉄道館訪問記

1Fメインフロアー。ここには東海道新幹線線を中心とした実物車両を展示しています。

2011.3.14名古屋港金城埠頭に日本最大級の鉄道博物館がオープンして早速見学して来ました。以前に1度大宮鉄道博物館に見学に行った事があり、小生別に鉄ちゃんではないですが、興味は人1倍有りますので早速見て来た次第です。交通アクセスは非常に良いですね。
JR名古屋からはあおなみ線で金城埠頭(終点です)まで行けば目の前です。湾岸道路で行く場合は名港中央で降りて右手すぐで非常に分かりやすいですね。
規模も日本最大級で内容も素晴らしいです。中で食事も出来て1日いても飽きません。見るだけではなくてシミュレーターもあって(抽選ですが)最新のN700系新幹線の運転を体験することが出来ます。(東京〜名古屋間)この博物館ですが、別に鉄ちゃんでなくても1日愉しめます。1回くらいは是非見に行って頂きたいと思っています。

■見学:2011.3.14
■リニア・鉄道博物館HP        http://www.linear-tetsudokan.com/
■入場料:大人\1000
■P:あり 1日\700

■シンボル展示の3台

■リニア・鉄道館外観

完成したリニア・鉄道館。Pは博物館北側に隣接しています。開館日に見学に行ってきました。

一番の目玉と思われるリニア試作車のMLX01-1。間近で見る事が出来ました。

新幹線300系の次の車両の開発の為の試作車。この後に700系が登場します。

C62。SLとしは世界最高時速129km/hを記録しました。

2Fに展示してある省営バス第1号車.。例の矢ノ川峠越えの省営バスに非常に良く似ています。

■イベント広場展示車両

現在の300系新幹線先頭車両です。これは普段良く見ますよね。

0系のいわゆるドクターイエロー。現在はN700系の車両が走っています。

左から100系、初代0系新幹線、右は何回か乗った特急「しなの」のクハ381系車両。

モハ52系。流線型の形をしています。

モハ1系。戦前の車両で中は木製、京浜線、中央線で使用されました。

ED11。戦前の車両で東海道線、横須賀線などで使用されました。

C57。「貴婦人」の呼び名があります。美しい姿だと思います。

展示してあった、歴代新幹線モデル。左から0系、100系、300系、ドクターイエロー、700系、N700系車両。

屋外展示のケ90SL。戦前の蒸気機関車ですね。

同じく117系車両。この中でランチとしました。(食事可能)→

中央線の特急「しなの」キハ181系。個人的には良く乗った夜行の「ちくま」オハ12系車両も見たかったですね。

お馴染み0系新幹線。懐かしい食堂車も見られます。→

新幹線食堂車。座れないときは良く食堂車に来て何か食べていました。(笑) 食堂車は2階建てになっていて上で食べます。

厨房は下にあります。

0系新幹線の心臓部、モーターです。左は300系。

0系新幹線の車輪。直径は約910mm。

新幹線実物台車。実際に回転します。

C57の運転台。これの運転シミュレーションは残念ながらなかったです。
体験して見たい人は大宮鉄道博物館へ→

主に東海道線の歴史、資料などが展示してあります。実物車両の他にも資料などもキチンと整備されて展示されていました。

■資料展示、ジオラマなど

硬券用の印刷活版です。

新幹線で実際に使用された貴賓接待用の什器。とてもきれいですよね。

ジオラマの名古屋付近。駅前が精密に再現してあってホント、ビックリです。背景の山も恵那山、伊吹山も描いてありました。このジオラマは東京〜大阪間をイメージして作ってあります。30分に1回、実際に電車が走って駅にも止まります。

東京です。東京スカイツリーもすでに出来上がっています。

横浜アリーナでロックコンサート?→凄く精密に出来ていました。→

N700系新幹線運転シミュレーション。絵はCGで実に良く出来ています。東京〜名古屋間でいくつかパターンがあります。まあ例の電車でGO!!の
豪華版といったところですかね?

シミュレーターは入館時に申し込みして抽選となります。実際のN700系運転席とほぼ同じになっています。

女性の係員が親切に教えてくれますので安心です。

将来のリニア新幹線の先頭車両。運転士はいなくて遠隔操作により運転される予定です。

昭和39年10月1日開通した、世界に誇る最初の0系新幹線先頭車両精密模型です。起工から完成までたった5年で竣工しました。

東京駅には左のプレートがはめ込まれているそうです。
いかに東海道新幹線は誕生したかという記録映画があって、この東海道新幹線の構想アイデアから政府を説得して財界を巻き込み、いかにして開通させたか、血と涙と汗の記録映画に見入ってしまいました。

技術者 島秀雄氏と当時の国鉄総裁 十河信二氏のお2人の功績は偉大だと思います。

是非・・・ご覧になって見て下さい。


■編集後記

開館日に見に行って来ました。折りしも3日前は例の東北大震災が起こって、少々後ろめたい気持ちはありましたが、東海地方の、国内最大級の鉄道博物館を是非見たい・・・・と言う気持ちは抑え切れませんでした。
行って良かったです。前評判通りいや、凄い博物館です。1日充分見て廻って飽きませんよね。これは別に鉄ちゃんでなくても家族連れでも友人達とでも1人でも愉しめる大変面白い博物館です。規模も大きく、大宮の鉄道博物館にも決して負けていません。小生は朝から行って夕方まで見ていました。(笑)まあ家から近いし、これから何回でも見に来ようと考えています。写真も多数撮影してようやくレポートに纏めることが出来ました。今は・・・・・例の大震災でHP休んでいますが・・・・・公開はいつになるか?1日も早く被災地が復旧して東北、関東の被災された方々に笑顔が戻る日が1日でも早く訪れる事を祈っております。今回の大震災は範囲も広く、亡くなった方の数も過去最大で復旧も何年かかるか想像もつきません。改めて被災された方々へ謹んでお見舞い申し上げます。最後まで見て頂いて有難うございました。

2011.3.30