2018.4.16

まだそんなに走ってないのですが、道の駅吉野路黒滝で休憩します。他愛ないおしゃベリが凄く楽しいです。

他の皆さんはコンビニに入ってお弁当でしたが、お友達のmayaさんと隣のお店でカレーライス頂きました。ちょっと寒い日だったので・・・・・いや、凄く美味しかったです。

サイクリスト交流会2018 in 吉野黒滝

■さて翌日 2月25日です。

坂を登ったら今度は下りです。街並みが見えて来ました。さあ、適当にお店見つけてランチです。

一体何パーセント???登り切ったら時間だし、ランチかな・・・・・???

近鉄線大阿太の駅前を通過します、この先ちょっときつい登りになります。

登りをずっと走って来たので・・・・・・景色も良いのでここで休憩します。

平原に到着。ここで何人かの方々とお別れしました。また来年~~~~~!!!

今は廃校になってしまった全木造の旧丹生小学校。懐かしいですよね。小生の小学校も木造でした。

正に自転車向きの道を快走します。いや、愉しいですね。この先にあるものとは・・・・・・???

ここかくれ里の宿・森の交流館さんは凄く素敵な宿でした。また来て泊まりたいですね。

出発前のブリーフィングです。それぞれ帰る方向が違う方もいますので・・・・途中まで走って自然解散みたいになりそうです。

朝食も豪華でした。ボリュームも凄く有って食べ切れないほどでした。美味しかったのでお代わりしてしまいました。今日も快適に走れそうです。

・・・・てな訳で豪華なディナーを頂きました。夕食を頂いて落ち着いたら1人1人おしゃべりなどありまして・・・・・・小生は去年のヨーロッパツーリングに話などちょっとしてしまいました。

残った面々でフルーツロード方面へ向かって行きます。

この辺り、正に自転車向きの道が続いています。

ディナーが終わったら場所を変えて2次会です。おつまみやら差し入れの日本酒やらズラッと並びました。

皆さん席について・・・・・・wajinさんからご挨拶です。

おお~~~~~!! 凄い御馳走が並んでいます。

その夜の宴会や2次会は大変愉しいものでした。メイン料理はすき焼きでいや、大変美味しかったです。で後から後から料理がどんどん出て来て・・・・・最後の方は食べ切れなくて・・・・・・ボリュームも凄くて大満足でした。夕食が終わったら別室で2次回なんですが・・・・・1人1ケ差し入れを持って来いとリクエストがあったので何と凄い量になってしまって・・・・・・結局大量に残ってしまいました。されに差し入れの日本酒などズラッと並んでその夜は話も弾んで大変賑やかな夜でした。さて、翌日はこれも予定されていた壺阪峠が通行止めでコース変更を余儀なくされましたが、それはそれで皆さんでワイワイ走って大変愉しかったです。


■2日目 2018.2.25
コース:黒滝村~道の駅吉野路黒滝~平原~県道39号~薬水~飛鳥~橿原  走行距離:約40km

さあ、1列になって走って行きます。朝はやはり気持ちが良いですね。

今宵の宿のかくれ里の宿・森の交流館です。何も無い山の中にポツンとあります。

編集後記

小生はどちらかと言うと・・・・自分でプランを考えて1人で走るソロランが多いですかね?山歩きでもそうなんですが、大勢でゾロゾロというのはあまり好まないです。しかしながら・・・・・・年に何回か大勢で走って愉しいと思うランはいくつかありますね。このwajinさん主催の交流ランはまさにそういう大勢で走って愉しいランです。メンバーも気心を知っている方々ばかりですので気を使わなくても済みますし、安心して走れますね。この交流会の大きな特徴として・・・・■宿が豪華■食事が美味しい■愉しいメンバー■2次会もあって雰囲気も素晴らしい・・・・というのが有ると思います。で人数があまり多くない・・・・というのが有ります。20名程度でそこそこの人数です。この点も非常に好ましい・・・と考えています。今回でもう何回かな?小生はたぶん最初の頃から参加させてもらっていますが、非常に居心地の良いランでになっています。


                                  戻る     TOP

結構早い時間に飛鳥へ到着しました。雨にも降られずに何とか着きました。我々はここで皆さんとお別れして甘樫の丘へ向かいました。(ここに止めてある)いや~~~~大変愉しい交流会だったと思います。また・・・・来年も是非参加させて頂こうかなと考えています。

見覚え有るなと思ったら行きに通った薬水の例の橋です。

さあ、もうすぐ飛鳥に到着します。

ランチ後は一路集合地へ戻ります。

玄関先で記念撮影しました。人数は24人くらいですね。

自転車を出して来て玄関先に止めます。この出発前の清々しい時間が凄く好きです。

今日のメインディッシュはすき焼きですね。